OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/03/13更新

Vol.068

バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん  後編

「石の上にも三年」の気持ちで
一歩一歩進んでいけば
も登れる

ニコライ・ヴィユウジャーニン (ニコライ・ヴィユウジャーニン)

ロシア・ペルミ州生まれ。6歳よりバレエを始める。ロシア国立ペルミ・コレオグラフィー・バレエスクールで学んだ後、1998年ロシア国立ペルミ・オペラ・バレエ劇場に入団。2000年にソリスト昇格。ペルミ国際バレエ・コンクールで金賞/ミハイル・バリシニコフ賞などを受賞。ヴァルナ国際バレエ・コンクール ファイナリスト、審査員特別賞受賞。2005年、ペルミにてディアギレフ賞を受賞。同年リムスキー・コルサコフ記念劇場にプリンシパルとして移籍。2007年1月、Kバレエ カンパニーに入団。同年9月ソリスト、2011年9月ファースト・ソリストに昇格。2015年7月よりフリーダンサーとして活動を始める。

6歳からバレエをはじめたバレエダンサーのニコライさん。生まれ育ったロシアでダンサーとして数々の賞を受賞するなどして活躍後、2007年に来日し、熊川哲也氏率いるKバレエ カンパニーに入団されました。現在、フリーのバレエダンサーとして、またバレエ教師として各地を飛び回っています。来日当初は「こんにちは」くらいしか話せなかったそうですが、公文式教室に通うなどして日本語力を高め、今ではインタビュー中にことわざが飛び出すほどです。バレエダンサーを目指した理由や日本に来たきっかけ、ロシアと日本とでの違いなどについて、ユーモアも交えながら日本語でお答えいただきました。

年末年始の過ごし方の違いにびっくり
今では年越しそばも食べるように

ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

来日してからもう13年が経ちます。その間、“人生を変更”して、今の奥さんとの間に2015年に娘が生まれました。それを機に、Kバレエ カンパニーを辞めてフリーのダンサーになりました。カンパニーに所属していると、どうしても家を空けなくてはならないことが多く、そうなると、これから子どもが生まれてくる妻を手伝うことができないからです。

もちろんカンパニーだと経済的に安定していますが、所属していてもダンサー人生はそれほど長くありません。お客さまは美しい舞台を見るために、公演に来てくださいます。そのとき、きっとおじさんよりも若い子の踊りを見たいと思うものでしょう?現役ダンサーとして踊れるのはだいたい30歳くらいまでですから、そのためにも次のキャリアを考えなくてはなりません。ただ、フリーになった後も、Kバレエ カンパニーで「キャラクターアーティスト」(個性の強い役を演じるダンサー)として、出演することもあります。

日本での生活はどうかと聞かれれば、「いろんな国があり、いろんなルールがあります。私は今、日本に住んでいるのですから、日本のルールで暮らしています」と答えます。
ロシアとの違いで一番驚いたのはお正月です。日本では、大みそかの12時までにお蕎麦を食べて寝ますよね。ロシアでは12時になったら花火を打ち上げて盛大にお祝いをします。朝まで大騒ぎですが、日本は静かですよね。最初に日本に来て「え?もう寝るの?」とびっくりしました。でも今ではそれにも慣れ、去年の年末もちゃんと12時までにお蕎麦を食べて寝ましたよ。

子育てにも少し違いがあると感じます。ロシアでは親は子どもを助けますが、日本の親は少し子どもに冷たい気がします。たとえば日本の親はよく、「なんでわからないの?」と、子どもを叱ることがありますが、それは私に言わせれば「親がちゃんと教えないから」。そういうときは鏡を見て言うといいですよ。自分に向かって「なんで?」と言うと、「あ、自分が教えてないんだった」と気づきますから。

今後の目標、学び続ける皆さんへのメッセージ

関連記事

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2014/10/10更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、舞台で踊る喜びとともにバレエの魅力を伝えたい

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

KUMONグループの活動  2016/12/13更新

Vol.185 日本語もKUMON-動画レポート

学習者の夢をかなえるための公文式日本語 ~学習者の夢、指導者の想い~

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!