OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん  前編

「可能性の追求」を続けて
新しい扉を自分で開こう

武藤 十夢 (むとう とむ)
1994年東京都生まれ。2011年、16才のときにAKB48第12期研究生オーディションに合格。芸能活動と学業を両立しながら大学を卒業し、大学院に進学。AKB48のチームKメンバーとして活躍中で、3月18日にリリースされるAKB48の57thシングル表題曲選抜メンバー。2019年4月、8度目の挑戦で気象予報士に合格。2020年公開予定の映画『おかあさんの被爆ピアノ』では、俳優・佐野史郎さんと共にダブル主演を務める。雑誌では総合マネー情報誌『ZAi』(ダイヤモンド社)で連載中。

国民的アイドルグループAKB48のメンバーとして活躍されている武藤十夢さん。2018年の選抜総選挙では7位にランクインするなど、高い人気を集めています。芸能活動の一方で、大学卒業後に大学院に進学。さらに2019年には、平均合格率5.5%の難関として知られる気象予報士の資格試験に、8度目の挑戦で合格。現役アイドルの合格は異例のこととして話題となりました。小学校入学の頃に公文式を始めたという武藤さん。さまざまなことに挑み、常に一段上を目指す姿勢は、公文式で「やればできる」実体験があったからこそといいます。公文式の魅力やアイドルとして活動する日々のこと、今後のチャレンジなどについてうかがいました。

子どもの頃から複数の習い事を同時進行
「やらない選択肢」をなくしてやり続けた

そんなふうに、公文式についていろいろ感じることはありますが、最大の魅力は「自分でも知らなかった自分の可能性を引き出してくれること」だと思います。「こういう新しい扉を自分で開けるんだ」「こういうこともできるんだ。じゃあもう少しできるかもしれない」と思わせてくれる。やっててよかった!と、本心から思います。

習い事はほかにもいろいろしていました。自分でやりたいと言って始めたのは水泳です。バレエもしていましたがこれはちょっと苦手で…。でも「何でも3年間は続けなさい」と親に言われていたので、どれも3年以上はやりました。好きだったのはピアノです。3~4歳くらいのときから、AKBグループに入る高校1年生ぐらいまで続けていました。

ピアノに行って英会話に行って最後に公文、というように、1日に3つ習い事がある日もありました。自分ではあまり意識していませんでしたが、振り返ってみれば、子どもの頃から毎日のように習い事をしていたことが、今、いろいろなことを同時並行で進めていけることにつながっているのかもしれません。

私の場合、宿題も課題も、「やらない」という選択肢はありません。学業とアイドルの両立も、「できるかな」ではなくて、「やらなきゃいけないもの」だと思っていたので、それほど苦ではありませんでした。やることを習慣づけて、やらない選択肢をなくしたんです。そう考えると、やはりやり続けること、習慣づけることは大事だと思います。公文もその習慣をつくるひとつになっていたのだと思います。

気象予報士の資格を取得できたのも、根本をたどると、公文式で「コツコツ継続する」習慣がついていたからだと思います。私、今でも勉強はそんなに好きじゃないのですが、何かを吸収していくことは好きなんです。自分の身になるものだと思うので、好きではないけれど自分のためだと思ってやっている部分はあると思います。そういう意味では、生まれてからこの24年間、常に「可能性の追求」をしている気がします。

後編を読む

関連リンク
AKB48公式サイト

 

 

後編のインタビューから

-足かけ5年、8度目の挑戦で手にした気象予報士資格
-武藤十夢さんの次なる挑戦とは
-子どもたちや保護者の皆さんへのメッセージ

後編を読む

 

関連記事

2020/02/14更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

調査・研究・アンケート  2014/11/04更新

Vol.061 早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ2014

大学生のKUMON OB・OG向け 広報戦略を立案せよ早稲田大学プロフェッショナル・ワークショップ2014

2014/05/16更新

Vol.009 ピアニスト 河村尚子さん

世界中の人々と音楽の喜びを共有しながら自分自身も成長を続けていきたい

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.064 前編
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!