OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/02/14更新

Vol.067

AKB48
武藤十夢さん  後編

「可能性の追求」を続けて
新しい扉を自分で開こう

武藤 十夢 (むとう とむ)

1994年東京都生まれ。2011年、16才のときにAKB48第12期研究生オーディションに合格。芸能活動と学業を両立しながら大学を卒業し、大学院に進学。AKB48のチームKメンバーとして活躍中で、3月18日にリリースされるAKB48の57thシングル表題曲選抜メンバー。2019年4月、8度目の挑戦で気象予報士に合格。2020年公開予定の映画『おかあさんの被爆ピアノ』では、俳優・佐野史郎さんと共にダブル主演を務める。雑誌では総合マネー情報誌『ZAi』(ダイヤモンド社)で連載中。

国民的アイドルグループAKB48のメンバーとして活躍されている武藤十夢さん。2018年の選抜総選挙では7位にランクインするなど、高い人気を集めています。芸能活動の一方で、大学卒業後に大学院に進学。さらに2019年には、平均合格率5.5%の難関として知られる気象予報士の資格試験に、8度目の挑戦で合格。現役アイドルの合格は異例のこととして話題となりました。小学校入学の頃に公文式を始めたという武藤さん。さまざまなことに挑み、常に一段上を目指す姿勢は、公文式で「やればできる」実体験があったからこそといいます。公文式の魅力やアイドルとして活動する日々のこと、今後のチャレンジなどについてうかがいました。

足かけ5年、8度目の挑戦で手にした気象予報士の資格

武藤十夢さん

気象予報士試験に挑戦したのは、「武藤十夢のあした天気にな~れ!」というテレビ番組の企画がきっかけでした。8度目の挑戦で、足かけ5年で合格。くじけずに挑戦し続けられたのは、やはりまわりの方、ファンの方々の応援があったことや、「どうせ無理だよ」という声に負けたくないという気持ちがあったことが大きかったです。そして、そう言われているにも関わらず、根気強く先生方が教えてくださったので、「合格しないわけにはいかない」と思って挑戦していました。

じつは、最後の8度目のとき、ラストチャンスだと思って挑んだんです。その次の年、2019年からは映画の撮影や舞台も入っていて、忙しくなることがわかっていたからです。受かる自信は、半々くらいでした。結果発表まで1~2ヵ月あるのですが、その間、落ちたときの夢と受かったときの夢とどっちも見ていました。

気象予報士を目指したのは、最初は父のすすめでした。「こんなのがあるから勉強してみたら」と言われ、そのときは「いつかできたらいいな」くらいに思っていたんです。その後テレビ番組の企画で、自分から気象予報士の資格を取得する企画をやりたいと希望して始めました。

やっぱり何度もくじけそうになりました。気象予報士の試験は学科と実技があり、学科試験に合格して実技試験に不合格だった、または学科試験の一部のみ合格点を取っていたら、その後1年間、合格点を取った試験は免除されるのですが、それが何度も消えてしまって…。一緒に受けていたメンバーが、先に私が合格していない科目に合格したときは「私の方が絶対勉強しているのに!」と、悔しかったですね。

 

武藤十夢さんのこれからの夢

関連記事

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!