KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2014/11/04更新

Vol.061 早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ2014  

大学生のKUMON OB・OG向け
広報戦略立案せよ
早稲田大学プロフェッショナル・ワークショップ2014

早稲田大学と企業とが共通する1つの目的を持ってプロジェクトを遂行するという新しい形態を目指した教育プログラム。それが、早稲田大学実践型産官学連携プロジェクト「プロフェッショナルズ・ワークショップ」です。KUMONは2009年から毎年この取り組みに参加し、学生たちとともに活動をしています。

早稲田大学 学生との協働プロジェクト


学生が制作した動画の絵コンテ

今年のテーマは、「大学生KUMON OB・OG向け広報戦略を立案せよ!」。

KUMONのOB・OGのみなさんは、当時ご自身が通われたKUMONの教室の様子から、先生の厳しくもやさしい言葉、大変だった宿題、教材が進んだときの嬉しさなど、KUMONにまつわるさまざまな思い出を持っていらっしゃいます。「KUMON OB・OGのみなさんに、学習に取り組んでいたときのことを思い出し、がんばった自分を認めてあげてほしい」。「さらには広がり続けるKUMONの活動の今を知って欲しい」。このテーマにはそんな思いが込められています。

「大学生の視点」で考える広報戦略


イベント参加者は自身の経験をふり返りながら、
KUMONのキャッチフレーズを考えました。

プロジェクトメンバーとして、公募・面談で集まったのは5人の早大生。学生たちの活動は7月から9月までの3か月間。企業との活動を通じて自らを高めるために、夏休みを返上しての活動です。

学生たちが私たちKUMONと、そして学生たち同士で議論を進めるなかでプランニングした活動は2つ。ひとつは大学生へメッセージを届けるために、動画とSNS(ソーシャルネットワークサービス)を活用すること。もうひとつは大学生にとって大きな関心事であるキャリア教育に関するイベントを通じて、KUMONの経験を思い出していただくことです。

ポイントは「大学生の視点」。自分たち大学生は普段どのような形で情報を受け取っているのか。どんなことならば友達に伝えたいと思うのか。大学生が自分から参加したいと思える活動とはどんなことなのか。学生たちは自分たちが持つネットワークを駆使して、数百人の大学生の意見を収集しながら、議論を深め、企画を練り上げていきました。

その成果物としてできあがったのは、大学生の日常のなかで出会うKUMONの学習効果を実感する場面を描いた動画と、学生同士で使う言葉を使ってイベント(キャリア教育がテーマ)を紹介する動画です。同大の放送研究会・アナウンス部など、動画制作のためにたくさんの早大生を巻き込んで、学生らしいノリにあふれる、ユーモア満点の動画ができあがりました。これら動画はSNSを通じて学生の間に拡散されていきました。

そしていよいよキャリア教育をテーマにしたイベント。当日に至るまでにはたくさんの壁や紆余曲折はありましたが、当日は3人の社会人の方々をお招きすることができ、なぜ今の仕事を選んだのか、今自分は何をしているのか、そしてこれから何を目指すのかを、イベントに参加した、KUMON OB・OGである学生たちにお話しくださいました。それぞれの分野で活躍される先輩社会人の話に、参加者はもちろん、企画した学生たちも真剣に耳を傾けていました。

イベント後半は、社会に出たときに求められるスキルを身につける実践の時間です。社会人が用いる様々な思考テクニックの紹介があったのち、実践練習のテーマとなったのが「KUMONのキャッチフレーズを考える」。企画段階ではうまくいくだろうかという一抹の不安もありましたが、ビジネススキルを身につけながら、自分の過去のKUMON経験をふり返るというプロジェクトメンバーのアイデアは、参加者の大きな盛り上がりと笑顔となってかえってきたのです。

「やっててよかった」を実感


プロジェクト活動のしめくくりは、早稲田大学理事やKUMON社員の前で、活動報告を行いました。

日本国内でKUMONの学習経験者(OB・OG)は1000万人以上。実に多くの方々がKUMONの学習を経験されていますが、日々の生活のなかで子どものころのKUMONの経験を思い出す機会はそれほど多くないでしょう。しかし、その経験は確実にその人の人生に影響を与えているはずです。

今回のプロジェクトメンバーの学生たちのチャレンジは、KUMON OB・OGが「やっててよかった」を強く感じてもらえるきっかけを作ることができたのではないでしょうか。プロジェクトの学生たちの笑顔から、そう感じることができました。

関連リンク
早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

関連記事

調査・研究・アンケート  2013/11/05更新

Vol.010 早稲田プロフェッショナルズ・ワークショップ2013

大学生のKUMON OB・OGを活かした広報戦略を立案せよ!早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!