KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2014/11/04更新

Vol.061 早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ2014  

大学生のKUMON OB・OG向け
広報戦略立案せよ
早稲田大学プロフェッショナル・ワークショップ2014

早稲田大学と企業とが共通する1つの目的を持ってプロジェクトを遂行するという新しい形態を目指した教育プログラム。それが、早稲田大学実践型産官学連携プロジェクト「プロフェッショナルズ・ワークショップ」です。KUMONは2009年から毎年この取り組みに参加し、学生たちとともに活動をしています。

早稲田大学 学生との協働プロジェクト


学生が制作した動画の絵コンテ

今年のテーマは、「大学生KUMON OB・OG向け広報戦略を立案せよ!」。

KUMONのOB・OGのみなさんは、当時ご自身が通われたKUMONの教室の様子から、先生の厳しくもやさしい言葉、大変だった宿題、教材が進んだときの嬉しさなど、KUMONにまつわるさまざまな思い出を持っていらっしゃいます。「KUMON OB・OGのみなさんに、学習に取り組んでいたときのことを思い出し、がんばった自分を認めてあげてほしい」。「さらには広がり続けるKUMONの活動の今を知って欲しい」。このテーマにはそんな思いが込められています。

「大学生の視点」で考える広報戦略


イベント参加者は自身の経験をふり返りながら、
KUMONのキャッチフレーズを考えました。

プロジェクトメンバーとして、公募・面談で集まったのは5人の早大生。学生たちの活動は7月から9月までの3か月間。企業との活動を通じて自らを高めるために、夏休みを返上しての活動です。

学生たちが私たちKUMONと、そして学生たち同士で議論を進めるなかでプランニングした活動は2つ。ひとつは大学生へメッセージを届けるために、動画とSNS(ソーシャルネットワークサービス)を活用すること。もうひとつは大学生にとって大きな関心事であるキャリア教育に関するイベントを通じて、KUMONの経験を思い出していただくことです。

ポイントは「大学生の視点」。自分たち大学生は普段どのような形で情報を受け取っているのか。どんなことならば友達に伝えたいと思うのか。大学生が自分から参加したいと思える活動とはどんなことなのか。学生たちは自分たちが持つネットワークを駆使して、数百人の大学生の意見を収集しながら、議論を深め、企画を練り上げていきました。

その成果物としてできあがったのは、大学生の日常のなかで出会うKUMONの学習効果を実感する場面を描いた動画と、学生同士で使う言葉を使ってイベント(キャリア教育がテーマ)を紹介する動画です。同大の放送研究会・アナウンス部など、動画制作のためにたくさんの早大生を巻き込んで、学生らしいノリにあふれる、ユーモア満点の動画ができあがりました。これら動画はSNSを通じて学生の間に拡散されていきました。

そしていよいよキャリア教育をテーマにしたイベント。当日に至るまでにはたくさんの壁や紆余曲折はありましたが、当日は3人の社会人の方々をお招きすることができ、なぜ今の仕事を選んだのか、今自分は何をしているのか、そしてこれから何を目指すのかを、イベントに参加した、KUMON OB・OGである学生たちにお話しくださいました。それぞれの分野で活躍される先輩社会人の話に、参加者はもちろん、企画した学生たちも真剣に耳を傾けていました。

イベント後半は、社会に出たときに求められるスキルを身につける実践の時間です。社会人が用いる様々な思考テクニックの紹介があったのち、実践練習のテーマとなったのが「KUMONのキャッチフレーズを考える」。企画段階ではうまくいくだろうかという一抹の不安もありましたが、ビジネススキルを身につけながら、自分の過去のKUMON経験をふり返るというプロジェクトメンバーのアイデアは、参加者の大きな盛り上がりと笑顔となってかえってきたのです。

「やっててよかった」を実感


プロジェクト活動のしめくくりは、早稲田大学理事やKUMON社員の前で、活動報告を行いました。

日本国内でKUMONの学習経験者(OB・OG)は1000万人以上。実に多くの方々がKUMONの学習を経験されていますが、日々の生活のなかで子どものころのKUMONの経験を思い出す機会はそれほど多くないでしょう。しかし、その経験は確実にその人の人生に影響を与えているはずです。

今回のプロジェクトメンバーの学生たちのチャレンジは、KUMON OB・OGが「やっててよかった」を強く感じてもらえるきっかけを作ることができたのではないでしょうか。プロジェクトの学生たちの笑顔から、そう感じることができました。

関連リンク早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

関連記事

調査・研究・アンケート  2013/11/05更新

Vol.010 早稲田プロフェッショナルズ・ワークショップ2013

大学生のKUMON OB・OGを活かした広報戦略を立案せよ!早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。