OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  後編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)
熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

五感を刺激する経験をたくさん積もう
それが夢をかなえる力の基礎になる

今後は、人がやらないような、自分にしか出来ない斬新なアイデアをどんどん実現していきたいですね。熊本民謡の「おてもやん」や「あんたがたどこさ」も、ジャズのコードを入れてグルーブをアレンジして演奏しています。この11月の日本公演では、フランスの楽曲をサンバ調にして、いろいろな和楽器を合わせて演奏します。

フランスで、私はずっと「自分のアイデンティティ」を問われてきましたが、渡仏10年、そして日仏交流160周年というタイミングで、ようやく自分のアイデンティティに絡めた作品を表現できるようになったと感じています。

根底にあるのはやはり、幼少期に聞いたコンサートや姉のピアノ、母が歌ってくれた民謡、熊本や家族旅行の風景、お祭り、自然に触れる機会など、たくさんの五感を刺激する経験があったからだと思います。幼少期の多感な時期に、絵画を見る、音楽を聞く、本を読む、異文化を体験するなど、五感を刺激するさまざまな経験は、後に活きるのではないでしょうか。大人になったとき、精神の豊かさにもつながると思います。

人生は毎日が選択の連続です。何を選ぶか決めるのは自分の直感が鍵になるわけですが、直感は経験でしか養えません。経験を積むとそれだけ直感が鋭く働くようになります。その意味でも、大人も子どももいろいろな経験をするといいと思います。

夢をかなえるには、好奇心をもち、踏み出す勇気も大切です。未知のこと、新しいことに一歩踏み出すのには勇気が要りますし、「自分はできる」という自信が必要。その自信をつけてくれたのが、私の場合は公文式教室でした。お子さまには、五感を刺激する体験とともに、「やり遂げた」「やればできる」という体験をたくさん積ませ、自信をもたせてあげて欲しいと思います。

前編を読む

関連リンク
古瀬 里恵オフィシャルサイト
古瀬 里恵Twitter


 

前編のインタビューから

-自分のアイデンティティと向き合いながら活動する日々
-古瀬さんの原点となった公文式での学びとは?
-古瀬さんとジャズとの出会い

前編を読む

 

関連記事

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!