OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/12/08更新

Vol.050

株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん  後編

自分の信じた道を突き進むことで
「やっててよかった」がいつか訪れる

藤井 祐介 (ふじい ゆうすけ)

1980年岐阜県生まれ。公文国際学園中等部・高等部、京都大学理学部物理学科卒業後、東京大学大学院理学研究科修士課程修了。専門は素粒子物理学。大学院在学中の2003年にはスイスで行われた素粒子の実験「ATLAS(アトラス)」のチームメンバーとして、スイスにある実験施設の性能テストに赴いた。2006年より日立製作所に入社し、北海道大学と協力しながら動体追跡粒子線がん治療装置の開発に携わる。2017年には、公益社団法人発明協会が主催した「全国発明表彰」で、この動体追跡粒子線がん治療装置が恩賜発明賞を受賞。公文式は小2から教室に通い始め、算数・数学、英語、国語を学習。公文国際学園でも学習を続け、中2からは公文式フランス語も学習した。

日立製作所の研究員として、がん細胞に放射線を当てて壊す放射線治療を、治療の難しいがんでも可能にする技術の開発に携わっている藤井祐介さん。岐阜県の出身で、中学入学から親元を離れ、神奈川県にある公文国際学園に進学。同校の1期生という立場で個性的な級友たちとの交流を深めながら、のびのびと自分の強みを伸ばしていきました。藤井さんのモットーは、「ほかの人がやらないことをやること」。研究の第一線で活躍する藤井さんに、その道のりをうかがいました。

もっと多くの人に装置を使ってもらえるよう研究を続ける

藤井祐介さん

今回受賞した「動体追跡粒子線がん治療装置」は、私が日立製作所に入社してからずっと携わってきました。北海道大学と日立製作所の共同研究チームの中で、私が担当していたのは、粒子を腫瘍にあてたときに、どのようなエネルギーが当たっているかのシミュレーションをするという役割でした。

シミュレーションの結果によって、粒子線で一度に狙う範囲をどのくらいにするのかを決めます。狙う範囲が大きすぎれば、正常な部分にもダメージを与えてしまいますし、小さすぎると、何度も粒子線を打たないといけないので、治療の効率が悪くなるんです。だから、ちょうどよい範囲はどのくらいなのかを決めるのはとても大切です。

全国発明表彰で賞を取った後も、動体追跡粒子線がん治療装置の研究は続けています。次の課題は、この装置がもっと使いやすくなるようにすることです。この装置を使うときは、患者さんごとにどこに粒子線を当てたらよいのか、粒子線をどのくらいの深さにまで届けるのかを計算して決めなければいけません。いま私はその計算をするソフトを開発しています。

粒子線治療装置は国内に10数台しかなく、しかも動体追跡という機能がついているものは、現在は北海道大学にしかありません。ですから、この装置がもっと医療現場に普及してほしいというのが私の願いです。装置が小さくなり、安くなれば治療費も安くなって、皆がその治療を受けられるようになります。そんな状況を作れるよう、これからも努力を続けたいと思っています。

前編を読む

関連リンク
日立製作所
公文国際学園


 

藤井祐介さん  

前編のインタビューから

-全国発明表彰で恩賜発明賞を受賞した研究の内容とは?
-藤井さんの子ども時代
-藤井さんが公文式で身につけた力とは?

前編を読む

 

 

関連記事

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.446
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(前編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
Vol.445
川島隆太教授オンラインセミナー報告
いつまでも脳を元気に保つために 〜スマート・エイジングのための 脳の効果的なトレーニングとは〜
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!