OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/04/14更新

Vol.043

労働経済学者 浦坂純子先生  後編

積み重ねることで
見える景色は変わってくる
足元の一歩一歩を登って道を開こう

浦坂 純子 (うらさか じゅんこ)

大阪府生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、同大学院経済学研究科博士課程修了。松山大学経済学部専任講師を経て、1998年より同志社大学文学部社会学科で専任講師として勤務。同大社会学部准教授を経て現在同大社会学部教授。著書に『なぜ「大学は出ておきなさい」と言われるのか-キャリアにつながる学び方-』(ちくまプリマー新書)、『あなたのキャリアのつくり方-NPOを手がかりに-』(ちくまプリマー新書)など。

労働経済学がご専門で雇用や労働にかかわるテーマを研究されている浦坂純子先生。中でも大学入学前から就職後までの一連のキャリアの流れに着目されています。今までの先生のキャリアや、将来につながる学びを獲得するために必要なことなどをうかがいました。

大きな挫折感から新たな目標を立て、研究者の道へ

浦坂純子先生

大学1年生のときは授業には一切出ず、医学部を目指して予備校通い。幸い予備校では特待生になれたので授業料が免除されたこともあり、親も応援してくれました。ところが2回目のチャレンジでも医学部に合格できず、結局経済学部へ戻ることに決めました。

1年間授業を受けていないので、2年生が始まった時点で取得単位はゼロ。当然留年するだろうと思っていたら、残りの3年間で単位を取得できれば卒業できることがわかり、「それなら3年間で卒業しよう!」という新たな目標ができました。医者になるという目標を失い、人生が終わったかのように落ち込んでいた私は、新たな目標ができて気持ちを前に向けることができました。

語学の単位を取っていないと進級できないことがわかっていたので、大学に戻って最初の1年間はとにかく語学を必死に勉強しました。その後は専門科目を学ばなければなりませんが、同級生より1年遅れている私は、いろいろな授業を浴びるように受けることになり、徐々に「経済学も面白い」と思えるようになりました。

3年生が終わる頃になると、一緒に入学した同級生は就職活動を始めました。私自身は真面目に大学で勉強をするようになってから2年も経っていなかったので、もう少し力をつけてから社会に出たいと思い、大学院に進むことにしました。

ただ、この段階ではまだ「研究者になる」と、将来の道を明確に描いていたわけではありませんでした。まずは大学院で修士論文をきちんと書こう、それができれば次にいけるかなという思いで、目の前のことをしっかりやることにしました。修士論文のテーマは好きだった計量経済史にしました。

計量経済史の分野で研究を続けるつもりでしたが、博士課程2年目のとき、雇用や労働に関する分野の共同研究に誘われました。これまで自分が関わったことのない分野でしたから、不安もありましたが引き受けました。それが結果的に今の専門になったわけですから、人生はわからないですね。

キャリアを考える上で大切な「計画された偶発性」とは?

関連記事

2017/04/07更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/08/04更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!