OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/04/14更新

Vol.043

労働経済学者 浦坂純子先生  後編

積み重ねることで
見える景色は変わってくる
足元の一歩一歩を登って道を開こう

浦坂 純子 (うらさか じゅんこ)

大阪府生まれ。大阪市立大学経済学部卒業後、同大学院経済学研究科博士課程修了。松山大学経済学部専任講師を経て、1998年より同志社大学文学部社会学科で専任講師として勤務。同大社会学部准教授を経て現在同大社会学部教授。著書に『なぜ「大学は出ておきなさい」と言われるのか-キャリアにつながる学び方-』(ちくまプリマー新書)、『あなたのキャリアのつくり方-NPOを手がかりに-』(ちくまプリマー新書)など。

労働経済学がご専門で雇用や労働にかかわるテーマを研究されている浦坂純子先生。中でも大学入学前から就職後までの一連のキャリアの流れに着目されています。今までの先生のキャリアや、将来につながる学びを獲得するために必要なことなどをうかがいました。

大きな挫折感から新たな目標を立て、研究者の道へ

浦坂純子先生

大学1年生のときは授業には一切出ず、医学部を目指して予備校通い。幸い予備校では特待生になれたので授業料が免除されたこともあり、親も応援してくれました。ところが2回目のチャレンジでも医学部に合格できず、結局経済学部へ戻ることに決めました。

1年間授業を受けていないので、2年生が始まった時点で取得単位はゼロ。当然留年するだろうと思っていたら、残りの3年間で単位を取得できれば卒業できることがわかり、「それなら3年間で卒業しよう!」という新たな目標ができました。医者になるという目標を失い、人生が終わったかのように落ち込んでいた私は、新たな目標ができて気持ちを前に向けることができました。

語学の単位を取っていないと進級できないことがわかっていたので、大学に戻って最初の1年間はとにかく語学を必死に勉強しました。その後は専門科目を学ばなければなりませんが、同級生より1年遅れている私は、いろいろな授業を浴びるように受けることになり、徐々に「経済学も面白い」と思えるようになりました。

3年生が終わる頃になると、一緒に入学した同級生は就職活動を始めました。私自身は真面目に大学で勉強をするようになってから2年も経っていなかったので、もう少し力をつけてから社会に出たいと思い、大学院に進むことにしました。

ただ、この段階ではまだ「研究者になる」と、将来の道を明確に描いていたわけではありませんでした。まずは大学院で修士論文をきちんと書こう、それができれば次にいけるかなという思いで、目の前のことをしっかりやることにしました。修士論文のテーマは好きだった計量経済史にしました。

計量経済史の分野で研究を続けるつもりでしたが、博士課程2年目のとき、雇用や労働に関する分野の共同研究に誘われました。これまで自分が関わったことのない分野でしたから、不安もありましたが引き受けました。それが結果的に今の専門になったわけですから、人生はわからないですね。

キャリアを考える上で大切な「計画された偶発性」とは?

関連記事

2017/04/07更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2021/12/10更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

2021/04/23更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2022/02/25更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!