OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/08/04更新

Vol.046

盆栽芸術家 秋山実さん  前編

素材を見極め先を見る
人も盆栽も「続ける」ことで
成長結果がついてくる

秋山 実 (あきやま みのる)

1979年生まれ。山梨県韮崎市の秋山盆栽園2代目。山梨県立韮崎高校を卒業後、東京の春花園BONSAI美術館にて6年間の修業を終え、現在に至る。29歳の時に2008年度第34回日本盆栽作風展において、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞。また同年、日本さつき組合主催のプロの競技会である第20回皐樹展においても最高賞の皐樹展大賞を受賞。盆栽芸術家として日本のみならずヨーロッパをはじめ海外にてデモンストレーションやワークショップを通じて盆栽の普及・発展に尽力する。内閣総理大臣賞3回受賞。公文では、年長から小学校5年生まで算数・数学と国語を学習。

若くして盆栽界における数々の名誉ある賞を手にされている盆栽芸術家、秋山実さん。高校卒業後の6年間の修業を経て、現在はみずから顧客を開拓したり、海外で指導したりと精力的に活動されています。実家を離れての住み込みの修業生活では、辛いこともあったかと思いきや、「盆栽をやめたい」と思ったことは一度もなかったそう。秋山さんを引きつける盆栽の魅力とは?修業で得た学びや、盆栽家として技術を磨くために意識してきたことなどについてもうかがいました。

盆栽は「生きている芸術」
 長い期間育てることでその木ならではの風格が出る

秋山実さん

私は盆栽園を営みながら、盆栽家として作品を作っています。今、この盆栽園にあるのは約500鉢。そのうち半分ほどがお客さまからの「お預かりもの」です。じつは盆栽家としてのメインの仕事は、お客さまの盆栽を「しっかり見ながらしっかり育てる」こと。

盆栽は、雨や陽に当たること、温度管理をきちんとすることが大事。ほかにもその木に合った肥料や水の量、消毒なども考えなくてはならず、盆栽が趣味の方でも自分で育てるのはなかなか難しい。それで私たちのような盆栽園に預けるのです。

育てた盆栽は展示会にも出します。一般の盆栽展では、持ち主であるお客さまの名前で出展しますが、盆栽家の腕を競う競技会では、盆栽家の名前がメインに出ます。その代表的なものが日本盆栽作風展で、これは創作部門など様々な部門があり、毎年どの部門に挑戦するかを決めて、それに合わせて作っていきます。この出展には「3年間は自分で育てたもの」などの規定があり、長いと10年以上かけて育てることもあります。盆栽は時間がかかるものなのです。

秋山実さん
樹種 真柏
鉢 古渡紫泥切立長方樹盆

盆栽は、将来的にどういう形にするか、はじめに「樹形構想」をして、それに合わせて針金で矯正し、はさみで剪定し、枝を作っていきます。木は生きているので、形は次第に変化していきます。

そこが盆栽の魅力。絵や彫刻などの芸術作品は、一度作れば、未来永劫同じ姿をずっと鑑賞することになりますが、盆栽は幹も太るし枝の形も変わっていく「生きている芸術」。手入れをくり返すことで、木の風格や歴史が出てきて、その過程を楽しめる芸術なのです。

そのため、お客さまとも長いお付き合いになります。展示会に出展したいか、個人で楽しみたいかなど、お客さまの目指す方向に合わせて、一緒に作り上げていきます。それも楽しみのひとつですね。

秋山さんの子ども時代とは?

関連記事

2017/08/10更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!