OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/08/04更新

Vol.046

盆栽芸術家 秋山実さん  前編

素材を見極め先を見る
人も盆栽も「続ける」ことで
成長結果がついてくる

秋山 実 (あきやま みのる)

1979年生まれ。山梨県韮崎市の秋山盆栽園2代目。山梨県立韮崎高校を卒業後、東京の春花園BONSAI美術館にて6年間の修業を終え、現在に至る。29歳の時に2008年度第34回日本盆栽作風展において、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞。また同年、日本さつき組合主催のプロの競技会である第20回皐樹展においても最高賞の皐樹展大賞を受賞。盆栽芸術家として日本のみならずヨーロッパをはじめ海外にてデモンストレーションやワークショップを通じて盆栽の普及・発展に尽力する。内閣総理大臣賞3回受賞。公文では、年長から小学校5年生まで算数・数学と国語を学習。

若くして盆栽界における数々の名誉ある賞を手にされている盆栽芸術家、秋山実さん。高校卒業後の6年間の修業を経て、現在はみずから顧客を開拓したり、海外で指導したりと精力的に活動されています。実家を離れての住み込みの修業生活では、辛いこともあったかと思いきや、「盆栽をやめたい」と思ったことは一度もなかったそう。秋山さんを引きつける盆栽の魅力とは?修業で得た学びや、盆栽家として技術を磨くために意識してきたことなどについてもうかがいました。

盆栽は「生きている芸術」
 長い期間育てることでその木ならではの風格が出る

秋山実さん

私は盆栽園を営みながら、盆栽家として作品を作っています。今、この盆栽園にあるのは約500鉢。そのうち半分ほどがお客さまからの「お預かりもの」です。じつは盆栽家としてのメインの仕事は、お客さまの盆栽を「しっかり見ながらしっかり育てる」こと。

盆栽は、雨や陽に当たること、温度管理をきちんとすることが大事。ほかにもその木に合った肥料や水の量、消毒なども考えなくてはならず、盆栽が趣味の方でも自分で育てるのはなかなか難しい。それで私たちのような盆栽園に預けるのです。

育てた盆栽は展示会にも出します。一般の盆栽展では、持ち主であるお客さまの名前で出展しますが、盆栽家の腕を競う競技会では、盆栽家の名前がメインに出ます。その代表的なものが日本盆栽作風展で、これは創作部門など様々な部門があり、毎年どの部門に挑戦するかを決めて、それに合わせて作っていきます。この出展には「3年間は自分で育てたもの」などの規定があり、長いと10年以上かけて育てることもあります。盆栽は時間がかかるものなのです。

秋山実さん
樹種 真柏
鉢 古渡紫泥切立長方樹盆

盆栽は、将来的にどういう形にするか、はじめに「樹形構想」をして、それに合わせて針金で矯正し、はさみで剪定し、枝を作っていきます。木は生きているので、形は次第に変化していきます。

そこが盆栽の魅力。絵や彫刻などの芸術作品は、一度作れば、未来永劫同じ姿をずっと鑑賞することになりますが、盆栽は幹も太るし枝の形も変わっていく「生きている芸術」。手入れをくり返すことで、木の風格や歴史が出てきて、その過程を楽しめる芸術なのです。

そのため、お客さまとも長いお付き合いになります。展示会に出展したいか、個人で楽しみたいかなど、お客さまの目指す方向に合わせて、一緒に作り上げていきます。それも楽しみのひとつですね。

秋山さんの子ども時代とは?

関連記事

2017/08/10更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!