トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 産総研 生物プロセス研究部門 生物共生進化機構研究グループ主任研究員 二橋亮さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/04/23更新

Vol.076

産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん  後編

突き詰めれば価値が出てくる学びがある
地道な努力を怠らずに力をつけよう

二橋 亮 (ふたはし りょう)

富山県生まれ。県立高岡高校を卒業後、東京大学理科一類に入学。同大学大学院 新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 博士課程を卒業。日本学術振興会 特別研究員などを経て、2009年から産業技術総合研究所の研究員として着任、現在に至る。東京大学ほかの大学講師,京都大学の客員准教授なども務め、2012年に日本動物学会奨励賞、2014年に日本進化学会研究奨励賞、平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞などの受賞歴も持つ。

子どもたちに人気の昆虫のひとつトンボ。童謡にもうたわれるなど馴染みのある昆虫ですが、意外にも解明されていないテーマが多いそうです。その謎を解明しようと研究を続けているのが生命科学博士の二橋亮さん。子どもの頃から昆虫の中でも特にトンボに興味を持ち、“トンボ愛”を育む一方で、公文式教室では持ち前のチャレンジ精神を発揮し、学びの土台を固めてきました。やがて“昆虫に関わる仕事”という子どもの頃からの夢をかなえます。二橋さんが“好き”を仕事にできた道のりやトンボ研究の魅力などについてうかがいました。

「昆虫に関わる仕事」という夢を与えてくれた大人たち

二橋 亮さん

数学が得意だったので、高校は地元の公立校の理数科クラスへ進学しました。定期試験期間中は学校が午前中で終わりますが、そんな日に父は店を閉め、一緒にトンボ採りへ。試験中なのに「勉強しろ」とは言わずに、「一緒に採りに行こう」と(笑)。すると逆に、周囲は自宅で勉強しているので、自分はトンボを追う一方で、「このままではまずい」と集中して勉強するようになるんです。そうしてトンボを追いかける父子を、母は何も言わず見守ってくれていました。ありがたかったですね。

「将来、昆虫を使った仕事ができると楽しいだろうな」という想いは、子どもの頃からありました。昆虫を扱っている大人に出会う機会が多かったためでしょう。とくに3つの出会いが影響していると感じます。ひとつは地元博物館の学芸員の方との出会い。顔見知りになり働く姿も間近で見ていて、楽しそうだなと感じていました。2つめは、その学芸員さんつながりで富山大学の先生と知り合ったこと。中学生ながら研究室にお邪魔したり、一緒に虫採りをしたりする中で、「いい仕事だな」と憧れました。高校生になると、調べた結果を発表するようなり、そこで全国のアマチュア研究者と知り合うことができました。これが3つめの出会いです。中には「遺伝子の解析でこんなトンボの分類ができるかも」と話をする人もいて、「そういうところに自分も携われるといいな」と漠然と思っていました。

それで大学は、生物学科を第一志望に。東京大学に決めたのは、研究の選択肢が広がるかなと感じたからです。遺伝子解析などの分子生物学を学ぼうと、卒業研究は昆虫ではなくクラミドモナスという単細胞生物を扱う研究室に進みました。一方で、大学時代は週末ごとに富山に帰省して、トンボ調査に明け暮れていました。ちょうど博物館でトンボの目録を新たにつくることになったため、富山県の市町村ごとになるべく多くの種類を記録しようと目標を定めて取り組みました。

大学院に進んだのは、本格的に昆虫の研究をしてみたいと思ったからです。カイコを中心に昆虫の模様の研究をされていた藤原晴彦先生の研究室に興味が湧いて、そこでおもにアゲハチョウの幼虫の模様の研究をしました。昆虫関連の学会で、現在の上司にあたる深津武馬先生と知り合ったご縁で、現在に至っています。

夢に近づく選択

関連記事

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2017/04/14更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

バックナンバー

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.402
公文国際学園のオンライン英語版模擬国連2021
自らの意志で参加し、主体性をもって 英語で国際平和を議論する経験が 生徒の内面的成長を促す
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.067 後編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.067 前編
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
Vol.066
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!