OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/11/04更新

Vol.038

スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん  前編

コツコツを積み重ねれば
必ず自分の力になり結果を生み出す
があればやがてひとつの道でつながる

平岩 理緒 (ひらいわ りお)

東京都出身。大学院卒業後、マーケティング会社に入社、食品メーカーなどのプロモーションやリサーチを担当。2002年にテレビ東京『TVチャンピオン』デパ地下選手権で優勝。2006年からはフリーのスイーツジャーナリストに転身、また東京製菓専門学校で洋菓子を専門的に学ぶ。書籍からテレビまで幅広い媒体でスイーツの魅力を紹介するほか、パティシエと食材の生産者の橋渡し役など、コーディネーターとしての活動も積極的に行っている。小学生のころ6年間、公文でおもに算数を学習。

書籍からウェブ、テレビまで、幅広い媒体でスイーツの魅力を紹介している“スイーツジャーナリスト”の平岩理緒さん。1か月に食するスイーツはなんと200種類あまりとあって、甘党の羨望の的ですが、実際には実体験に基づく広範な知識と地道な努力を要する仕事だといいます。もともとは教師を目指していたという彼女に、現在の仕事に至るまでの紆余曲折と信念、夢、そして子どもたちへのメッセージを語っていただきました。

童話作家と学校の先生に憧れた幼少期

平岩理緒さん

私は子どもの頃、大の本好きでした。小学校が特に読書教育に力を入れており、蔵書がとても多く、読書の授業などもありました。司書の先生は“いろんなジャンルの本を読むといいよ”とおっしゃっていたので、図書館の本の背表紙に貼ってある日本十進分類法の番号を見て、0から9までまんべんなく読むよう心がけていました。

たとえば、学年が終わるとその年に読んだ本の記録を見て、“今年は4番の自然科学系の本が少なかったから、来年は4番を多めに読むようにしよう”と心に決めたり。学校の卒業生に童話作家の安房直子さんがいらして、来校されたときの講演に感銘を受けて、小学生の頃は童話作家に憧れていました。

両親は、好奇心旺盛な私にピアノなど、いろいろな習いごとをさせてくれました。その中で週2回通っていたのが公文で、小学校の6年間、おもに算数をやっていましたね。自分のペースで進めるし、がんばれば先に進むこともできるのが自分の性格に合っていたと思います。公文では自分の学年より先の内容を学んでいて、表彰式に出させていただいたこともあります。計算も速くできるようになりましたし、何事もくり返し練習しながら身につける姿勢は、この時に学んだと思います。

童話作家のほかにもうひとつ、憧れたのが学校の先生でした。小学5ー6年生の時の担任の先生が歴史の授業に強い意志を持って臨まれていた方で、その先生の影響を受けて自分も歴史の先生になりたいと思ったのです。その夢を追いかけて、大学では史学科に入り教員免許をとりました。さらに専修免許状も取得しようと思い、大学院に進学しました。

平岩さんが教員にならずに就職した会社とは?

関連記事

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2014/04/04更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

2014/04/11更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.388
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑩            <標準完成時間>
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!