OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/11/04更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん  前編

コツコツを積み重ねれば
必ず自分の力になり結果を生み出す
があればやがてひとつの道でつながる

平岩 理緒 (ひらいわ りお)
東京都出身。大学院卒業後、マーケティング会社に入社、食品メーカーなどのプロモーションやリサーチを担当。2002年にテレビ東京『TVチャンピオン』デパ地下選手権で優勝。2006年からはフリーのスイーツジャーナリストに転身、また東京製菓専門学校で洋菓子を専門的に学ぶ。書籍からテレビまで幅広い媒体でスイーツの魅力を紹介するほか、パティシエと食材の生産者の橋渡し役など、コーディネーターとしての活動も積極的に行っている。小学生のころ6年間、公文でおもに算数を学習。

書籍からウェブ、テレビまで、幅広い媒体でスイーツの魅力を紹介している“スイーツジャーナリスト”の平岩理緒さん。1か月に食するスイーツはなんと200種類あまりとあって、甘党の羨望の的ですが、実際には実体験に基づく広範な知識と地道な努力を要する仕事だといいます。もともとは教師を目指していたという彼女に、現在の仕事に至るまでの紆余曲折と信念、夢、そして子どもたちへのメッセージを語っていただきました。

スイーツジャーナリストの幅広い仕事

「“スイーツジャーナリスト”ってどんなお仕事ですか?」とよく聞かれますが、私の場合、雑誌・書籍やウェブサイトなどでスイーツを紹介するライターのような仕事から、大手食品メーカーが開発する新製品のコンセプト立案やプロモーション戦略といったコンサルティング、自治体や諸団体によるスイーツイベントの企画や講演あるいは司会、スイーツコンテストの審査員、製菓学校での講義などさまざまな仕事をしています。突然放送局からお電話をいただいて、テレビ番組に出演することもありますね。お菓子屋さんに食材の作り手、たとえば果物農家をご紹介するといったコーディネーターのような活動もさせていただいています。

審査員のお仕事では公平を期すために、すべて食べ切らないというようなこともあるのですが、基本的にはありがたく完食するか友人とシェアするなどして、1か月に食べるスイーツは200種類ほどになります。こういった仕事柄、体調管理は重要です。私の場合は食べる分、消費することにしているので、週に1~2回はジムに通い、汗を流すようにしています。糖質はスイーツですでにかなり摂取していますので、自宅ではお菓子以外の炭水化物はあまり食べず、野菜とキノコと海藻を山のように(笑)いただいていますね。“美味しさ”は五感で感じるものですので、きちんとスイーツの美味しさを感じられるよう、体調には万全を期しています。

平岩さんの子ども時代とは

関連記事

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

バックナンバー

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.347
家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方
ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか
Vol.346
くもんの「漢字カード」誕生の背景
文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ
Vol.345
寺子屋で学んだ子どもたち
江戸時代に求められた寺子屋での学び
Vol.344
江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々
女の子の健やかな成長と幸せを祈って
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!