OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/09/16更新

Vol.036

シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん  後編

一人ひとり得意を伸ばして
補い合えば
組織は大きく飛躍する

大木 洵人 (おおき じゅんと)

群馬県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。東京大学大学院情報学環教育部修了。聴覚障害者と聴者が本当の意味で対等な社会を目指し、大学2年生だった2008年に「シュアール」を創業。手話ビジネスを展開している。シュアールグループ代表、手話通訳士。そのほかアショカ・フェロー、世界経済フォーラムグローバルシェイパーズコミュニティ福岡代表などを歴任。

これまでボランティアの枠組みで語られることの多かった手話に関する取り組みを、ITを活用した「遠隔手話通訳」や「オンライン手話辞典」といったビジネスとして展開、大きな期待を集めている起業家の大木洵人さん。20代後半ながら、世界経済フォーラムやアショカなど、世界的な社会活動団体にも認められ、多忙な日々を送る彼は、聴覚障害に対する世間の誤解と格闘しつつ、大きな夢に向かって邁進しています。もともとはおとなしい少年だった彼を変えたものとは?そしてその人生観に影響を与えたものについてお話をききました。

大学入学後に手話サークルを立ち上げて紅白出演

大木洵人さん

高校時代は、ジャーナリストになるためのひとつの目標として「写真甲子園」の出場を目指していました。でも毎年、関東大会の決勝で敗れてしまいました。留学に行って“もっと広い世界があるのかも”と感じていたのもあり、写真甲子園関東大会決勝敗退の結果を受けて、「もしかしたら写真とは少し距離を置いたほうがいいのかもしれない」と考え始めました。そして、それまでは写真学科のある大学への進学しか考えていなかったのですが、総合大学に志望を変えて、広々としたキャンパスが気に入った慶應義塾大学環境情報学部に入学しました。そこは入学時には専攻を決める必要がなかったので、1学期は自分の幅を広げようと思い、外交から朝鮮語、バイオ、ビジネス、プログラミングまで、いろいろな科目を選択。その中で一番面白かったビジネスを2学期から集中的に学び始めました。

そのころ同時に始めたのが手話でした。身近に手話を使う人がいたわけではありません。実は中学2年の頃、テレビでたまたま手話講座を見かけたのですが、「なんてきれいな言語だろう」と感じたことがありました。その体験が心のどこかに残っていたのか、大学に入ったら手話サークルに入りたいと思っていました。でも入学してみたら手話サークルがありませんでした。そうしたら1年生の夏休みに同級生がたまたま“手話を一緒にやらないか”と声をかけてくれて、2 学期に入ってサークルを立ち上げたんです。その3か月後に、大学の先輩である一青窈(ひととよう)さんから、紅白歌合戦に手話で共演しませんかというお話をいただきました。でもまさか、僕らが立ち上げて3か月のサークルだとは思わなかったそうです(笑)。

紅白に出たことでたくさんの取材を受けるうち、手話の娯楽が少ないからこんなに話題になるんだと気がついて、学生ボランティア団体を立ち上げて聴覚障害者向けの娯楽番組を作り始めました。でも当時はまだ動画の共有は一般的でなく、一生懸命作りこんで配信してもなかなか広がっていきません。でも、聞こえない人たちと一緒に番組を作るうち、彼らが110番や119番をすることすらできずに困っているという話を聞いて、バラエティ番組以上にこれは切実な問題だ、それに対処するにはボランティア団体ではなく、法人として継続可能な形で取り組まなくては、と思い至り、大学2年の時に起業しました。

「手話を一般的なもの、レギュラーなものにする」という最終目的に向かって、まずは110番のような最低限、社会にとって必要なインフラを整えてゆく。国を動かすためにはまず民間に働きかけよう、ということで、公共性の高い機関や大企業に対して、遠隔手話通訳サービスを提供することから始めたのです。

大木さんから子育て中の親御さんへのメッセージとは?

関連記事

2016/09/09更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2013/10/04更新

Vol.002 女優 貴田みどりさん

経験はすべてつながっていて、それが夢を支える力になる

2013/10/11更新

Vol.002 女優 貴田みどりさん

経験はすべてつながっていて、それが夢を支える力になる

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!