OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/29更新

Vol.035

経済学者 澤田康幸先生  前編

学び本質とは
新しい発見」に行きつくこと
努力を怠らずにやり抜こう

澤田 康幸 (さわだ やすゆき)

兵庫県生まれ。1990年慶應義塾大学経済学部卒業。大阪大学大学院などを経て渡米し、1999年にスタンフォード大学大学院経済学部博士課程を修了(Ph.D. 取得)。同年東京大学大学院総合文化研究科助教授に就任。現在は東京大学大学院経済学研究科教授。専門は開発経済学、応用ミクロ計量経済学、フィールド実験。著書に『自殺のない社会へ』(有斐閣、20013年、共著)、『巨大災害・リスクと経済』(日本経済新聞出版社、2014年、編著)など。

開発経済学を専門とし、とくに開発途上国における教育開発や貧困問題の研究で知られる澤田康幸先生。フィールド実験という手法により、バングラデシュの農村で子どもたちの学力向上のための効果測定や、東日本大震災のなどの被災地やフィリピンなど発展途上国の貧困地域で調査を行い、現地に住む人々のより良い暮らしにつながる研究を続けています。経済学は「人間活動に関する総合的な学問」という澤田先生に、経済学の重要性とともに、開発経済に関心をもったきっかけや研究のおもしろさなどについてうかがいました。

「経済学のプロになる」ことをたたき込まれた修士時代

澤田康幸先生

さて、私は東京の私立中高一貫校に進学するため、中1で親元を離れ、にぎやかな家族から一転、1人下宿生活を始めました。東京の学校がどんなところかよくわからないままの進学でしたが、とくに抵抗感はありませんでした。陸士出身の父からすれば、昔の子どもはそのくらいの年で親元を離れていたのだから大丈夫、との思いがあったようです。中学・高校は質実剛健で自由、大家さんご一家には大変良くしていただきましたが、親元はなれての下宿生活だったため、自主性は育ったかもしれません。

経済に関心をもったのは高校時代からです。数理的な教科が好きで、なおかつ人間行動にも関心がありました。人の活動の根本にあるのは「お金=経済」であり、それによって人が動くことに興味が湧き、経済学部へ進みました。転機は大学2年の終わりころ。3年からゼミが始まるので何を勉強しようかと、書店で本をパラパラめくっていたら、渡辺利夫先生の『開発経済学――経済学と現代アジア』(日本評論社)という本に出会いました。

当時NICs(新興工業国)と言われていた韓国や台湾などは成長しつつある一方、バングラデシュなど南アジアは成長しておらず、それはなぜかを、データと簡単な数理モデルを織り交ぜて実に手際よく示していて、「おもしろい!」と思ったのです。

慶応大学で大変な人気ゼミだった高梨和紘先生の開発経済学ゼミに幸運にも入れていただき、途上国とくにアジアに興味をもつようになりました。同じころ友人とタイへ行き、日本では見ないような光景の数々に強い印象を受け、貧困問題への関心が高まりました。

大学卒業後は、実家から通える大阪大学の修士課程へ進みました。当時の日本の経済学はまだマルクス経済学も根強かったのですが、阪大の経済学部は100%近代経済学で完全にアメリカ型の大学院プログラムを導入していました。最初の1年間は徹底した詰め込み教育。修士課程にもかかわらず全て講義形式の授業で、宿題や期末試験もありました。ガリガリ徹夜で勉強せねばならず、正直面喰いました。ところが、ここで徹底的に学んだことが非常によかった。どんな学生でもステップ・バイ・ステップで研究者の入り口までたどり着くことができる仕組みで、経済学のプロになるということをたたき込まれたのです。ここでの学びが、自分の研究者としての礎になったと言っても過言ではありません。

関連リンク
東京大学大学院経済学研究科・経済学部


 

澤田康幸先生  

後編のインタビューから

-アメリカで得たのは人との「出会い」と「つながり」
-「良い研究」をするために大切なこととは?
-澤田先生が目指していることとは?

後編を読む

関連記事

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

KUMONグループの活動  2017/11/21更新

Vol.236 貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して

世界最大級の NGO団体 BRACとの協働により、 バングラデシュに初の公文式教室開設!

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

バックナンバー

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.397
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>
Vol.396
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(5)
学習の量ではなく 質に関心を持ち 対話を大切にすることが 子どもの自立への大きな一歩 お話:上智大学教授 奈須正裕先生
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.066 後編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.066 前編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!