OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/15更新

Vol.034

米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん  後編

目標に向かって
惜しまず努力をすれば
自分の可能性は広げられる

倉井 友寛 (くらい ともひろ)

三重県生まれ。1998年、スイス公文学園高等部卒業後、カナダ・クイーンズ大学へ進学。アメリカ・コーネル大学大学院修士課程、東京大学大学院博士課程修了後、東大の研究職を経て、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)へ。現職は、米国農務省に勤務する農務スペシャリスト。

多感な10代を海外で過ごしたことをきっかけに、国際的な課題解決のために貢献したいと視野を広げた倉井友寛さんは、グローバル化する食糧問題や農業政策のフロントランナーとして奔走しています。「スイス公文学園高等部」での学びが、その後の人生を大きく変えたという倉井さんの、「世界から飢餓を無くし、おなかいっぱいになる感覚を世界中の人々に味わってほしい」という壮大な目標の源流を探ります。

「違い」を理解、尊重しながら共に目的に向かう
これがグローバルに仕事をするということ

倉井友寛さん

10代、20代の多感な時期を海外で過ごし、さまざまな経験をしてきましたが、文化背景が違う人たちと細かいレベルで相互に理解することは本当に難しいと感じています。だからこそ、理解できなかった点や誤解を生んだ点について丁寧に解決し、今後の相互理解につなげるということは絶対に怠りません。とても難しいことですが、根本は人と人ですからわかり合えるものと信じています。グローバルに仕事をするというのは、国境を越えたビジネスパートナーとお互いの「違い」を理解・尊重しながら、目的に向かってアプローチすることだと思います。

さてここまで大風呂敷を広げましたが、目標の実現に向けたこれからの具体的なキャリアパスについては……わからないというのが正直なところです(笑)。ただ、食糧安全保障の問題の解決もしくは改善に貢献したいという目標と思いは変わりません。世界中の人に「おなかいっぱいになる感覚」とその幸せを享受してほしいのです。その解決に向けたアプローチは多様だと思いますが、この問題の背景には高度に政治的・経済的な課題が複合的に絡んでいます。その解決の一端に微力ながら尽力できたら、こんなに幸せなことはありませんね。そのためには、努力を惜しまないつもりです。

私は小さい頃から「努力をすること」を怠らないよう教えられてきました。特に、今何をすべきか不明瞭な時ほど今目の前にあることに全力で打ち込む。そうすれば自ずと道が見えてくる、というのは海外で一人暮らしを始める際に両親から教えられた言葉であり、現在でも自身の指針の一つとしています。実際、努力して結果が出れば何か次に繋がりますしね。上杉鷹山の言葉に「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」で始まる一節がありますが、私はここに続くフレーズがとくに好きなんです。「成らぬは人の為さぬなりけり」。 ―結果が伴わないのは、努力が足らないからである―

倉井さんから子どもたちへのメッセージとは?

関連記事

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2021/05/21更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.457
つくってみよう!遊べる浮世絵
くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!