OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん  後編

目標に向かって
惜しまず努力をすれば
自分の可能性は広げられる

倉井 友寛 (くらい ともひろ)
三重県生まれ。1998年、スイス公文学園高等部卒業後、カナダ・クイーンズ大学へ進学。アメリカ・コーネル大学大学院修士課程、東京大学大学院博士課程修了後、東大の研究職を経て、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)へ。現職は、米国農務省に勤務する農務スペシャリスト。

多感な10代を海外で過ごしたことをきっかけに、国際的な課題解決のために貢献したいと視野を広げた倉井友寛さんは、グローバル化する食糧問題や農業政策のフロントランナーとして奔走しています。「スイス公文学園高等部」での学びが、その後の人生を大きく変えたという倉井さんの、「世界から飢餓を無くし、おなかいっぱいになる感覚を世界中の人々に味わってほしい」という壮大な目標の源流を探ります。

すべての基礎学習は、個人の可能性を広げるためにある

何においても常に全力で取り組むことを意識しておりますが、仕事で高いパフォーマンスを維持していく上ではワークライフバランスも重要視しています。博士課程を修了したあと最初に就いた研究職では毎日仕事で午前様が当たり前。1分1秒でも先に論文を出したものが勝ちという世界でしたし、とても充実した時間でしたので特段苦に思ったことはありませんでしたが。幸いなことに現在の職は、ワークライフバランスをとりやすい仕事で、オンとオフの切り替えをしっかりし家族との時間も大切にしています。

親となったことで教育をこれまでとは違った形で熟慮する立場になりましたが、やはりわが子も公文で学ばせています。自身の経験から、妻には「そばにいて見守ってやること」と「子どもには1枚でも1問でもいいから毎日教材に取り組ませてほしい」と伝えています。これは、私自身が母親に見守られて公文の学習をしていたのと、公文の先生から「1日1分でも1問でもいいから数学と向き合って、数学脳を使うことが大切」とよく言われていたからです。

私は、「やりたいことがあるのに、その土台がないためにできない」というのが一番つらいことだと思います。子どもたちにとっての学ぶことの意味は、「本当にやりたいことができたときに選択肢の幅を持たせることができる」という点に尽きるのではないでしょうか。例えば、算数が将来何の役に立つのか?という思いを持っている子も多いと思います。でも、算数・数学ができないことで就けない職業や達成が難しくなる目標は多いですよ。そして算数や数学の力は一朝一夕で身につくものではありません。ですから、子どもたちが秘めている無限の可能性を引き出すためにも、基礎学習を大切にしてほしいと思います。“算数ができないから私は文系”という開き直りは、公文をがんばる子たちにはできればしてもらいたくないですね。私は、すべての基礎学習は個人の可能性を広げるためにあると思っています。そして培った基礎学力は自信になり、いつか大きな可能性へと続いていきます。

前編を読む

関連リンク
米国農務省(United States Department of Agriculture)
米国農務省日本代表事務所 (USDA Foreign Agricultural Services Japan)
国際半乾燥作物研究所 (International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics; ICRISAT)
スイス公文学園高等部


 

 

前編のインタビューから

-倉井さんの現在のお仕事
-倉井さんの人生の転機となったインドネシアでの生活
-スイス公文学園高等部で身につけたこととは?

前編を読む

関連記事

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

KUMONグループの活動  2015/09/08更新

Vol.102 スイス公文学園高等部

「地球人」を育てる、 創立25周年を迎えた スイス公文学園高等部(KLAS) スイスの山の上から世界へ飛び立つ!

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.381
おもちゃで楽しく英語が学べる
KUMON TOY Englishシリーズの2商品 英語で伝え合う力を養う
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!