OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/15更新

Vol.034

米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん  後編

目標に向かって
惜しまず努力をすれば
自分の可能性は広げられる

倉井 友寛 (くらい ともひろ)

三重県生まれ。1998年、スイス公文学園高等部卒業後、カナダ・クイーンズ大学へ進学。アメリカ・コーネル大学大学院修士課程、東京大学大学院博士課程修了後、東大の研究職を経て、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)へ。現職は、米国農務省に勤務する農務スペシャリスト。

多感な10代を海外で過ごしたことをきっかけに、国際的な課題解決のために貢献したいと視野を広げた倉井友寛さんは、グローバル化する食糧問題や農業政策のフロントランナーとして奔走しています。「スイス公文学園高等部」での学びが、その後の人生を大きく変えたという倉井さんの、「世界から飢餓を無くし、おなかいっぱいになる感覚を世界中の人々に味わってほしい」という壮大な目標の源流を探ります。

すべての基礎学習は、個人の可能性を広げるためにある

倉井友寛さん

何においても常に全力で取り組むことを意識しておりますが、仕事で高いパフォーマンスを維持していく上ではワークライフバランスも重要視しています。博士課程を修了したあと最初に就いた研究職では毎日仕事で午前様が当たり前。1分1秒でも先に論文を出したものが勝ちという世界でしたし、とても充実した時間でしたので特段苦に思ったことはありませんでしたが。幸いなことに現在の職は、ワークライフバランスをとりやすい仕事で、オンとオフの切り替えをしっかりし家族との時間も大切にしています。

親となったことで教育をこれまでとは違った形で熟慮する立場になりましたが、やはりわが子も公文で学ばせています。自身の経験から、妻には「そばにいて見守ってやること」と「子どもには1枚でも1問でもいいから毎日教材に取り組ませてほしい」と伝えています。これは、私自身が母親に見守られて公文の学習をしていたのと、公文の先生から「1日1分でも1問でもいいから数学と向き合って、数学脳を使うことが大切」とよく言われていたからです。

私は、「やりたいことがあるのに、その土台がないためにできない」というのが一番つらいことだと思います。子どもたちにとっての学ぶことの意味は、「本当にやりたいことができたときに選択肢の幅を持たせることができる」という点に尽きるのではないでしょうか。例えば、算数が将来何の役に立つのか?という思いを持っている子も多いと思います。でも、算数・数学ができないことで就けない職業や達成が難しくなる目標は多いですよ。そして算数や数学の力は一朝一夕で身につくものではありません。ですから、子どもたちが秘めている無限の可能性を引き出すためにも、基礎学習を大切にしてほしいと思います。“算数ができないから私は文系”という開き直りは、公文をがんばる子たちにはできればしてもらいたくないですね。私は、すべての基礎学習は個人の可能性を広げるためにあると思っています。そして培った基礎学力は自信になり、いつか大きな可能性へと続いていきます。

前編を読む

関連リンク
米国農務省(United States Department of Agriculture)
米国農務省日本代表事務所 (USDA Foreign Agricultural Services Japan)
国際半乾燥作物研究所 (International Crops Research Institute for the Semi-Arid Tropics; ICRISAT)
スイス公文学園高等部


 

倉井友寛さん  

前編のインタビューから

-倉井さんの現在のお仕事
-倉井さんの人生の転機となったインドネシアでの生活
-スイス公文学園高等部で身につけたこととは?

前編を読む

関連記事

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2021/05/21更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.457
つくってみよう!遊べる浮世絵
くもん子ども浮世絵コレクションの 「おもちゃ絵」を 実際につくって、遊んで、楽しみましょう!
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!