OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/12/13更新

Vol.066

ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん  前編

楽しいこともつらいことも
すべてのことには意味があり
「学び」「チャンス」につながる
経験となる

Lily/福嶋 真由子 (リリー/ふくしま まゆこ)

福岡県生まれ。高校時代はスイス公文学園で学び、ヨーロッパの歴史ある様々な芸術・文化に触れる。相手を想いながら作るハンドメイドならではの温かさに魅了され、独学でジュエリーを作り始め、その後本格的にジュエリーアーティストの道へ。2010年には自ら「ROSE&CIGAR」を立ち上げる。2016年にK18・天然素材を用いた「irodori by You&Lily」もスタート。オンラインストア、百貨店などでの展示販売のほか、ハワイのセレクトショップでも販売している。

中学3年生のとき、オーストラリアでホームステイを体験したことで、海外留学に関心をもった福嶋さん。父親を説得してスイス公文学園(KLAS)へ進学し、様々な体験を重ねました。俳優をめざしていた時期もありましたが、病気で断念。それから間もなく、ハンドメイドジュエリーの温かさに感銘を受けます。人生でのつらい時期に何度も仕事につながる転機が訪れ、現在はジュエリーのデザインだけでなく、制作や販売、自身のブランドのPRなどを行い、幅広く活躍中です。その行動力やチャレンジ精神、現在のお仕事につながる感性は、KLASで培われたそうです。スイスではどのような生活を送られ、どのようにして現在のお仕事をするようになったのでしょうか。

“Lily”という名前に込めた想いとともに
ハンドメイドにこだわり2ブランドを展開

私はジュエリーアーティストとして、ピアスやリングなどのジュエリーをデザインし、制作しております。オンラインやハワイのセレクトショップで販売しているほか、全国の百貨店の催事に出展したり、年に一度、東京・代官山で展示受注会も行っております。

現在、2つのブランドを展開しております。ひとつは、スワロフスキークリスタルを用いた「ROSE&CIGAR」というブランドです。おめかしするとき、自信を持ちたいときに背中を押してくれ、新しい自分の魅力に出逢うジュエリーになればという想いで制作しております。

もうひとつは、「irodori by You&Lily」(以下「irodori」)。肩の力を抜いたナチュラルな“自分らしさ”を楽しみましょうというメッセージを込めております。私がこの道に本格的に進むきっかけとなった、ハワイの美しい太陽の光や雨粒、そよ風や波音など、自然からインスピレーションを得てお届けしているブランドで、カジュアルラインとラグジュアリーラインの2種類で展開しております。

福嶋真由子さん
“Misty Rain” (ご本人提供)

ジュエリーにはどれもタイトルとストーリーがあります。たとえば「irodori」の「Misty Rain」は、お天気雨の中、太陽の光でキラキラ輝きながら宙を舞う雨粒をクリスタルガラスと淡水パールで表現しました。雲間から太陽の光が差している様子を長さ違いで輝くチェーンとフラットなチェーンで表現した「Sunlights from the Cloud」や、「タテの虹を見ると幸せになれる」というハワイの言い伝えからヒントを得て、7色のクオーツで虹を、クリスタルクオーツと淡水パールで雨粒を表現した「Rainbow&Tear」などもあります。また、貝殻やサンゴ、羽根などの自然素材も頻繁に使用しております。自然の一部を身にまとっているかのように心地よく、日々に彩りを添え、身につける方にとってお守りのような存在になれば、と願いを込めて一つひとつハンドメイドしております。

海外では「まゆこ」という名はなかなか覚えてもらえず、ニックネームの必要性を感じたことがきっかけで、今はプライベートでも仕事でもLilyという名を使用しております。

なぜLily、「ユリ」かというと、友人から「白いユリっぽいね」と言われていたこと、両親共にカサブランカが大好きで、実家の玄関に常にカサブランカが飾られていること、そしてもう1つは、59歳で他界した父の病室にもいつもカサブランカを飾っていたこと。ある日私が病室で父のそばにいたとき、静寂の中つぼみが音とともにふわっと開いたのです。めったに遭遇できない瞬間に居合わせ、父と「あ、今音がしたね」と笑顔になったことが、とても大切な思い出となっています。家族との繋がりを感じられるというのが、私がLilyという名を大切にしている大きな理由です。

福嶋さんに影響を与えた両親・祖父母のお人柄は?

関連記事

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!