OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/08更新

Vol.034

米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん  前編

目標に向かって
惜しまず努力をすれば
自分の可能性は広げられる

倉井 友寛 (くらい ともひろ)

三重県生まれ。1998年、スイス公文学園高等部卒業後、カナダ・クイーンズ大学へ進学。アメリカ・コーネル大学大学院修士課程、東京大学大学院博士課程修了後、東大の研究職を経て、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)へ。現職は、米国農務省に勤務する農務スペシャリスト。

多感な10代を海外で過ごしたことをきっかけに、国際的な課題解決のために貢献したいと視野を広げた倉井友寛さんは、グローバル化する食糧問題や農業政策のフロントランナーとして奔走しています。「スイス公文学園高等部」での学びが、その後の人生を大きく変えたという倉井さんの、「世界から飢餓を無くし、おなかいっぱいになる感覚を世界中の人々に味わってほしい」という壮大な目標の源流を探ります。

「生きる」ことを強烈に感じたインドネシア

倉井友寛さん

幼少期の勉強は学校と公文のみで、もっぱら運動や遊びがメインの毎日でした。習い事としては、公文の他に水泳と野球に通い、人並みに甲子園を目指して真剣に取り組んでいました。むしろ公文の先取り学習で時間に余裕があった分、学校の宿題等を特に気にすることなく運動に打ち込めたというのはあったと思います。

そんな私の人生が大きく動いたのは、中学3年生のとき。父親の仕事の転勤で、インドネシアに引っ越したのです。それまで海外旅行すらしたことのなかった中学生が、初の海外でそれも発展途上国、突然路上で子どもが物を売っている様子を目の当たりにしたその衝撃たるや。

私はそういった途上国の現実に、「生きる」ということに対する強烈な印象を受けました。惰性的な生活ではなく、その日に売り上げがなければ食べるものすら困るという“リアル”。ひょっとしたら「困っている人のために何かしたい」という原点はここからきているのかもしれません。実際、今でも発展途上国に行き現地の人々と触れ合うと、日本では享受しづらい「生きる」ことへのエネルギーを感じると同時に、初心に戻ってしっかり頑張ろう!という良い意味での刺激を受けます。

そんな私が初めての海外生活にすんなり馴染めたのは公文のおかげだと思います。英語の基礎ができていましたし、数字に国境は無いですからね。公文の教室には6歳から通い、日本にいたときと同じようにジャカルタでも現地の公文の教室に通いました。公文が私の学習の根幹にあったので、海外に引っ越しても公文をやめるという発想はなかったんですね。とはいえ、別に勉強が大好きだったというわけではなく、好きか嫌いかというより「負けるのが嫌い」というのが原動力だったように思います。公文の教材で100点を取れないことですら嫌でしたし(笑)。結果的に数学、英語、国語の3教科とも最終教材まで修了することができました。

でも公文を長く継続し、最終教材まで修了できたのは間違いなくお世話になった先生方のお陰です。今でも変わりませんが、私は自分で納得しないと決して前に進まない人間でしたので、先生方も手を焼いたことと思います。先生方はそんな頭でっかちな私を常に諭してくださり、根気良く頭を突き合わせて、一緒に問題を解いてくださったことも一度や二度ではありませんでしたから。それにスイス公文学園高等部の存在をいち早く入手して、薦めてくださったのも公文の先生でした。

倉井さんがスイス公文学園で身につけた力とは?

関連記事

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!