OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/05/06更新

Vol.032

整形外科医 山口 奈美さん  前編

好きなことをあきらめない気持ちが
自分のを切り拓く

山口 奈美 (やまぐち なみ)

東京都生まれ福岡県育ち。スイス公文学園高等部卒業(第2期生)、帰国後は宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)に入学。同大学にてキャリアを積み、現在は整形外科医としてアスリートの医療サポートをはじめとする臨床現場で働く傍ら、幼い頃から親しんでいたサッカーのチームドクター(U-20サッカー日本女子代表)としても活躍中。2児の母。

U-20サッカー日本女子代表チームのチームドクターとして活躍されている山口奈美さん。山口さんは学校法人公文学園がスイスに開校した「スイス公文学園高等部」の卒業生でもあります。山口さんがこの高校で学んだこと、その3年間が切り拓いた医学への道。夢をつかんだのは“好きなことをあきらめない気持ち”でした。

体を動かすことにひたすら打ち込んだ幼少期

山口 奈美さん

私の専門はスポーツ整形外科で、とくにスポーツによる膝や足首のケガや故障の治療とリハビリを支援するのがおもな仕事です。サッカーの代表活動に携わり始めたのは2004年のこと。現在はU-20サッカー日本女子代表の「世話人ドクター」として、3人いるチームドクターを束ねる役割を担っています。

幼い頃は、男の子たちと外でひたすら遊んでいるような子どもでした。習い事も、サッカーに水泳、そして剣道。勉強といったら学校の宿題と幼稚園からやっていた公文くらい。とにかく体を動かしてばかりでしたね。じっと座っているのが苦手だったんです。中学に入ったらサッカーと剣道に部活のソフトボールが加わって、もうへとへと。帰ってきたらごはんを食べてお風呂に入るのが精一杯でした。

でも、好きなことをやっているからか、不思議とキツイと感じたことはありませんでした。家に帰ると疲れてすぐ寝てしまうことになるので、宿題は昼休みのうちに終わらせたり、朝、学校が始まる前にやったりしていました。ただ、部活をやっていると自然にメリハリがついて、テスト前の部活が休みになる期間は集中して勉強していました。

小学校のうちに公文の数学ではJ教材(高校1年生レベル)まで進んでいたので、中学に入学してから数学はほとんど勉強しなくてよかったことも、正直助かりました。その分、他の教科の勉強に時間を回すようにしていましたね。「なんで大した勉強もしてないのにテストはできるんだ?」って、数学の先生からは不思議に思われていました。

当時から文系よりは理系の科目が好き。将来の夢も、漠然と「お医者さんになりたいなぁ」という感じで、親が医者をしていたとか、自分が大きなケガをしたとか病気をしたとか、偉いお医者さんの自伝を読んだとか、そういうことはなかったんです。

山口さんが選んだスイスにある高校とは?

関連記事

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!