OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん  前編

好きなことをあきらめない気持ちが
自分のを切り拓く

山口 奈美 (やまぐち なみ)
東京都生まれ福岡県育ち。スイス公文学園高等部卒業(第2期生)、帰国後は宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)に入学。同大学にてキャリアを積み、現在は整形外科医としてアスリートの医療サポートをはじめとする臨床現場で働く傍ら、幼い頃から親しんでいたサッカーのチームドクター(U-20サッカー日本女子代表)としても活躍中。2児の母。

U-20サッカー日本女子代表チームのチームドクターとして活躍されている山口奈美さん。山口さんは学校法人公文学園がスイスに開校した「スイス公文学園高等部」の卒業生でもあります。山口さんがこの高校で学んだこと、その3年間が切り拓いた医学への道。夢をつかんだのは“好きなことをあきらめない気持ち”でした。

体を動かすことにひたすら打ち込んだ幼少期

私の専門はスポーツ整形外科で、とくにスポーツによる膝や足首のケガや故障の治療とリハビリを支援するのがおもな仕事です。サッカーの代表活動に携わり始めたのは2004年のこと。現在はU-20サッカー日本女子代表の「世話人ドクター」として、3人いるチームドクターを束ねる役割を担っています。

幼い頃は、男の子たちと外でひたすら遊んでいるような子どもでした。習い事も、サッカーに水泳、そして剣道。勉強といったら学校の宿題と幼稚園からやっていた公文くらい。とにかく体を動かしてばかりでしたね。じっと座っているのが苦手だったんです。中学に入ったらサッカーと剣道に部活のソフトボールが加わって、もうへとへと。帰ってきたらごはんを食べてお風呂に入るのが精一杯でした。

でも、好きなことをやっているからか、不思議とキツイと感じたことはありませんでした。家に帰ると疲れてすぐ寝てしまうことになるので、宿題は昼休みのうちに終わらせたり、朝、学校が始まる前にやったりしていました。ただ、部活をやっていると自然にメリハリがついて、テスト前の部活が休みになる期間は集中して勉強していました。

小学校のうちに公文の数学ではJ教材(高校1年生レベル)まで進んでいたので、中学に入学してから数学はほとんど勉強しなくてよかったことも、正直助かりました。その分、他の教科の勉強に時間を回すようにしていましたね。「なんで大した勉強もしてないのにテストはできるんだ?」って、数学の先生からは不思議に思われていました。

当時から文系よりは理系の科目が好き。将来の夢も、漠然と「お医者さんになりたいなぁ」という感じで、親が医者をしていたとか、自分が大きなケガをしたとか病気をしたとか、偉いお医者さんの自伝を読んだとか、そういうことはなかったんです。

山口さんが選んだスイスにある高校とは?

関連記事

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!