OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/02/05更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん  前編

「きっとできる」と思うこと
トライ&エラーを繰り返すことで
量は質に変わり、道が拓ける

橋本 務太 (はしもと むたい)
WWFジャパン森林グループ長。2000年英国ノッティンガム大学環境管理専攻修士課程修了。2004年WWFジャパン入局。海外プロジェクトのマネジメントを行うほか、企業による木材・紙の調達における森林生態系への配慮を目指し、企業コンサルティングも多数実施。

世界100ヵ国以上で活動している、パンダのロゴマークで馴染み深い環境保全団体、WWF(=世界自然保護基金)。日本でも40年あまり前にWWFジャパンが発足されました。同団体で働く橋本務太さんは、おもに森林資源の保全問題に取り組む森林グループ長。一筋縄ではいかない利害関係も絡み合うという、現在の自然環境保護をとりまく課題に、橋本さんは日々どのように向き合っているのか、うかがいました。

海外に目を向け始めた学生時代

私が進学した国際基督教大学(以下、ICU)は、文系・理系の区別なく学ぶリベラルアーツの教育をとり入れた大学だったので、理系だった私も、国際関係の授業をとっていました。そこで初めて「国際問題」に触れる機会がありました。世界の人口爆発の問題、難民の問題……その授業を担当した先生のお話にすごくリアリティがあって、感銘を受けたのを覚えています。

元々ICUを志望したのも、ICUが世界に目を向けていた大学だったから。当時、ゆくゆくは物理の道で海外の大学院に行きたいと思っていたんですよ。じつはまだその頃、飛行機にすら乗ったことはなかったのですけどね。結果、環境専攻の大学院で学ぶため、1年半イギリスへ留学。卒業後は環境コンサルタントとして働くようになりました。それからバイオマスエネルギーを普及するNGOに入り、WWFにたどり着いたのは30歳のときでした。

だから私は最初からこの道一本でやってきたわけではないのです。ただ、ひとつひとつ積み重ねたものは決して無駄にはならなかったな、と今あらためて感じています。サイエンスはWWFの活動の基礎。大学3年のときに文系へ転向しましたが、理系的なものの考え方を学んできたことは自分にとってプラスだったと思います。

身を置いた環境は変わっても、国際問題に関心を持ってからは、「社会に良いことをしたい」「その良いことをなるべく自分が良いと思うやり方で実行したい」という思いはずっと変わることはありませんでした。それはつねに両親から、「何をすべきかは自分で決めなさい」と言われて育ってきたのも大きいでしょう。探求心が強いといえば聞こえがいいですが、実際はこだわりが強くあきらめが悪い人間なのかもしれませんね。

WWFジャパンは今年で創設45年。活動領域も広がり、組織として目指すところも明確になってきたと思います。しかし、いわゆる新興国が経済発展を果たすにつれて、新たな資源問題も起こりつつあります。グローバル化による問題の複雑化に、WWFとしてどう対処するのか。“バランスよく持続可能な”消費活動を我々は促していかねばなりません。

 

関連リンク
WWFジャパン


 

 

後編のインタビューから

-橋本さんが仕事で大切にしていることとは?
-橋本さんが「この自然を残したい」と心から感動した場所とは?
-子育て中の親御さんへのメッセージ

後編を読む

関連記事

2016/02/12更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん

「きっとできる」と思うこと トライ&エラーを繰り返すことで 量は質に変わり、道が拓ける

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.356
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点②            <自学自習>
Vol.355
フコクしんらい生命との協働
認知症の方とご家族が安心して暮らせる 社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~
Vol.354
浮世絵から見える江戸時代の人々
“百物がたりのまなび”とは? ~人々の暮らしと「お化け」の関係~
Vol.353
家庭学習調査2019(3)
保護者の子どもへの関わり方
家族の誰と過ごす時間が 長くなっているのか?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!