KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2015/06/30更新

Vol.093

カナダの公文生の発明品  

カナダから
フィリピンの友だちに
明かりの贈り物

夏休みの自由研究は何をしよう。カナダで公文を学習する女子高校生アン・マコシンスキーさんが、電池のいらない懐中電灯を発明したのはフィリピンの友だちのためでした。 グーグル科学フェア優勝作品の誕生秘話がヒントになるかもしれません。

夜、勉強する明かりがない

アンさんが発明した「Hollow Flashlight」
夜、読書を楽しむアンさん

120を超える国から数千の若き科学者たちが応募した「2013年グーグル科学フェア」の15–16歳部門で第1位に輝いた「Hollow Flashlight」(空洞の懐中電灯)。カナダのビクトリア州の高校生アン・マコシンスキーさんが、手の平の熱だけで発光するこの懐中電灯を発明したのはフィリピンの友人の勉強を助けるためでした。

10年ほど前、アンさんは、お母さんの家族の暮らすフィリピンの小さな村を訪れました。貧しいながらも自分たちの生活に満足している村の人々。アンさんは村の子どもたちと通りで鬼ごっこやサッカーをしたりして打ち解け、その中の一人の女の子とは何年にも渡って連絡を取り合う仲となりました。

しかし数年前、アンさんはフィリピンのその友だちが進級できなかったという衝撃の事実を耳にします。彼女は、学校を終えて帰宅すると家事を手伝い、家族の世話をする日々。家事が一段落する夜間は、家に照明がないために勉強できなかったというのです。電気という基本的な生活必需品もないような国があることに気づかされたアンさんの奮闘はここから始まります。

試行錯誤の末

9歳で公文に入会したアンさん。たし算から始めた学習が因数分解まで進む頃には、実験の際に必要な膨大な量の計算も難なくこなせるようになっていました。やり始めたことは熟達するまで粘り強く取り組む力を身につけたアンさんは、2011年から今回の受賞まで以下のような実験を積み重ねました。

製作過程 課題
振動を電気に変える仕組みを使った懐中電灯を製作*1 光度は高いが、友人の住むような静かな村で使うには音が大きすぎる
太陽電池を使って実験 天気が悪いときには使えない
温度差を利用して発電するペルチェ素子をろうそくで熱する装置を製作*2 電気を得るためにろうそくを使い続けるのは現実的ではない
体温を活用してみようと思い立ち、アルミの筒にペルチェ素子を貼りつけ、手で握ってみる 低い電圧ではLED電球は発光しないが、アドバイスをくれる専門家が近くにいない
インターネットを駆使して自前の電圧変換回路と変圧器を作り、手の平の熱だけで懐中電灯を光らせることに成功!*3  
 

*1

*2

*3
 

こうして2013年グーグルフェアの受賞作品、「Hollow Flashlight」が完成しました。

「誰か」ではなく「自分」が

世界銀行の報告によると、電気のない生活を送る人は全世界で12億人にのぼります。公文の学習を通して率先して行動する姿勢が身についたというアンさんは同年代の子どもたちに語りかけます。

「今、私たちのまわりは地球規模の問題について知る機会があふれています。課題を目にしたとき、他の誰かを待つのではなく、あなたが解決してみませんか。みんなで力を合わせていくことが必要なのです」。

受賞後のアンさん

今日も新たな発明に取り組んでいます

彼女は現在「Hollow Flashlight」の光度を上げるような改良に取り組み、特許を出願中。自分の懐中電灯が、それを必要としている国の人々に安価に提供できるよう、量産を希望する会社と交渉を重ねています。また直近では飲み物から電気エネルギーを取り出す「The e-Drink」を新たに発明し、半導体メーカーのインテルが主催する高校生向けの「2015インテル国際学生科学フェア」で入賞。アンさんのこうした絶え間ない創意工夫が実を結び、いつの日か電気のない生活を送る多くのご家庭のもとにも明かりが届けられるようになることでしょう。

 

タグ
関連記事

学習者・OBOG  2015/11/13更新

Vol.113 ユニクロCMにカナダの元公文生が登場

KUMON now!でご紹介した カナダの元公文生アンさんが ユニクロのCMに登場

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2017/06/06更新

Vol.212 英語で視野を広げよう!

世界に触れ、仲間たちとともに 踏み出す一歩 -第9回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催-

KUMONグループの活動  2016/04/19更新

Vol.147 English Immersion Camp15周年イベント開催

仲間たちとともに、 未来に向かって羽ばたこう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!