OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/11/13更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん  後編

自分のできることを
一つひとつ積み重ねることで
大きな答えが見えてくる

畠 佐代子 (はた さよこ)
京都府出身。全国カヤネズミ・ネットワーク代表/博士(環境科学)。河川や里山の野生生物の保全に、研究と市民活動の両面から取り組む。滋賀県立大学環境科学部で環境動物学の非常勤講師のほか、東京大学空間情報科学研究センターの客員研究員を務める。著書に『すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法』(くもん出版)など。

身近な野生動物を守りたい―― そんな一途な思いで「全国カヤネズミ・ネットワーク」を立ち上げた畠佐代子さん。体長はわずか6センチほど、体重は10グラムにも満たない程度、オレンジ色の小さな小さなカヤネズミは、自然環境の変化や開発の波に押されてその姿を消しつつあるといいます。小さな命の尊さ、そして研究に保護活動に、畠さんを突き動かす原動力についてうかがいました。

生態研究から見えてくる保護活動の形


カヤネズミ

自分が文系だったことは、ある種のコンプレックスでした。でも大学院に入って、勉強するうちにこの分野においてそれはあまり関係ないと気づきました。数式を作ったりする学問ではないわけですし。ただ、大学院の授業以外に学部の授業も取るなど、2年間はどっぷり勉強と研究の日々でした。そこで痛感したのは、この研究には明確な答えがないということ。答えのないものを自分で探しに行き、見つけなければならない。

カヤネズミについてはとくに前例がないので、いざ見つけても次に何をするべきなのか、すべて手探りなんですよね。でも答えのないものを探すのは楽しい。最初は辛かったけど、探究を続けるうちに誰も分からなかったことが分かってくる喜びを感じました。

そして、修士論文を書き上げた頃には自然と博士課程に進みたいなと思うようになりました。本当は修士で辞めるつもりだったんですけど……。ようやく研究に自分なりの工夫を加えられるようになって、フィールドでの活動も充実してきた頃でした。先生に博士課程行きを相談すると、「そう言うと思ってたよ」とニヤリとされましたね。

「どうしてカヤネズミを守ろうと思ったんですか?」という質問をよくされます。私自身、カヤネズミを守ろうと思って大学院に入ったわけではありません。野生動物を守りたいという気持ちが芯にはありましたが、大学でするのは保護ではなく生態の研究。保護活動は完全にサイドワークです。しかし生態研究という立場から保護活動を考えると、また違った見え方をするんです。生態がわかればわかるほど、研究をやっているからこそ守るべきポイントが見えてきて、「守らなければいけない」という考えに行きあたりました。やるべきことを突き進めていった結果、全国カヤネズミ・ネットワークができ上がったのです。

茅原などで、草の葉を上手に編んで巣を作り、自身をカモフラージュし、オヒシバやエノコログサ、バッタやイナゴを食べながら、自然の中でひっそりと生きてきたカヤネズミ。カヤネズミのような身近な野生動物にとって生きづらい環境が、同じ動物である私たち人間にとっていいとは決して思えません。カヤネズミを始めとした人間生活に近い環境にある生物の保護と生息地の保全から、今自分たちを取り巻く環境について考えて欲しい……そんなことを思いながら全国カヤネズミ・ネットワークの活動を進めています。

一つひとつできることを積み重ねていく大切さ

関連記事

2015/11/06更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん

自分のできることを 一つひとつ積み重ねることで 大きな答えが見えてくる

バックナンバー

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.343
「学習療法」を施設に活かす
可能性をあきらめない
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!