トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 全国カヤネズミ・ネットワーク代表 畠佐代子さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/11/06更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん  前編

自分のできることを
一つひとつ積み重ねることで
大きな答えが見えてくる

畠 佐代子 (はた さよこ)
京都府出身。全国カヤネズミ・ネットワーク代表/博士(環境科学)。河川や里山の野生生物の保全に、研究と市民活動の両面から取り組む。滋賀県立大学環境科学部で環境動物学の非常勤講師のほか、東京大学空間情報科学研究センターの客員研究員を務める。著書に『すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法』(くもん出版)など。

身近な野生動物を守りたい―― そんな一途な思いで「全国カヤネズミ・ネットワーク」を立ち上げた畠佐代子さん。体長はわずか6センチほど、体重は10グラムにも満たない程度、オレンジ色の小さな小さなカヤネズミは、自然環境の変化や開発の波に押されてその姿を消しつつあるといいます。小さな命の尊さ、そして研究に保護活動に、畠さんを突き動かす原動力についてうかがいました。

一年の間に二つの生息エリアが潰されてしまった現実

カヤネズミ

現在カヤネズミの生息エリアとなっているこの場所(京都市桂川流域)にたどり着いたのは、いくつかの偶然が重なってのことでした。私がカヤネズミの研究を始めたのが1998年。当時は今ほどカヤネズミのことは知られていなくて、研究もされておらず、どこに生息しているのかもよく分からない状況でした。

最初はとにかくカヤネズミがいそうな場所を本や論文を頼りに足で探して、ようやく出会ったのが、京田辺市にある同志社大学田辺キャンパス近くの休耕田。オレンジ色の小さな生き物を見て、巣も見つけてすごく感動したのを憶えています。ところが次にもう一度そこを訪れてみると、草刈りがされていて、巣もカヤネズミもいなくなっていました。

その後、今度はお茶畑近く、オギやススキが生える小さな茅原(かやはら)で赤ちゃんを見つけて、そこでカヤネズミの親子の観察をずっとしていました。そこが私の最初の調査地ということになりましたが、翌年の春には、開発にともなう土砂捨て場になってしまって……。それからまた探して、この桂川と同じ淀川水系の木津川の堤防に巣をたくさん見つけましたが、調査を再開して1か月後に、またも草刈りによって全滅してしまいました。この桂川を調査地にしたのは、その後です。

たった一年の間に少なくとも二つの調査地が潰されてしまったという現実に、私は危機感を覚えました。日本中でおそらくこんなことがあちこちで起っている、そうなればカヤネズミのような小さな生き物はあっという間にいなくなってしまうのではないか、という危機感です。

カヤネズミのおもなすみかは、オギやススキ、ヨシなどの、背の高いイネ科の植物がたくさん生える草むら(茅原)です。ハツカネズミやクマネズミ、ドブネズミなどの外来種と異なり、人家にすみつくことはありません。昔はふつうに川原や田んぼで出会える生き物でしたが、現在は絶滅の危機にある生きものの情報をまとめた「レッドデータブック」に掲載されるほど、日本から姿をだんだん消しつつあります。その理由は、天敵の増加や食料の不足ではなく、カヤネズミが住める草地の減少です。

そこで、研究と並行しながら保護活動をスタートさせました。それが全国カヤネズミ・ネットワークにつながっています。今は大学で教鞭をとりながら、琵琶湖・淀川水系で、カヤネズミの生態を調べたり、生息環境のモニタリングなどのフィールドワークに取り組み、各地で講演活動も行っています。

動物関係の本を読みあさった子ども時代

関連記事

2015/11/13更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん

自分のできることを 一つひとつ積み重ねることで 大きな答えが見えてくる

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2019/02/22更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!