OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/05/08更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん  後編

「女性が輝く世界」とは
女性男性

一人ひとり輝く世界

松川るい (まつかわ るい)
外務省女性参画推進室の初代室長。東京大学法学部在学中に外務公務員Ⅰ種合格、1993年外務省入省。1997年ジョージタウン大学にて国際関係大学院修士号を取得。国際宇宙ステーション関連業務のほか、みなみまぐろ国際裁判や国家責任法、管轄権を担当。アジア太洋州局地域政策課でASEAN協力や日中韓協力、日タイ、日フィリピン他ASEAN諸国とのEPA 交渉に携わり、ジュネーブの軍縮代表部にて核軍縮に取り組む。前職は、日中韓政府が2011年にソウルに設立した日中韓三国協力事務局の初代次長。

2014年、外務省に新設された女性参画推進室。その初代室長に任命された松川るいさんは6歳と1歳の二児の母でもあります。日中韓三国協力事務局初代次長、国際宇宙ステーション関連業務やみなみまぐろ国際裁判の担当をはじめ、ASEAN諸国との経済連携協定、核軍縮交渉など、輝かしいキャリアをもつ松川さんが、「女性が輝く社会」の実現に向けて奔走する姿とその素顔に迫りました。

「女性が輝く社会」は、女性も男性も一人ひとりが輝く社会でもあるのです

変わりつつあることを期待しますが、「専業主婦vsワーキングマザー」という論調は、「なぜ、こんな構図でしか考えられないのだろう」といつも考えてしまいます。女性の平均寿命が86.6歳なのに、「自分の生き方はこれしかない」と決めつける必要はぜんぜんないと思うのです。

バリバリ働く時期があってもいい、子育てに集中するときがあってもいい、NPOなどで社会貢献活動に携わったり、子どもが成人してからご自身が学校に通うのもいい。長い人生ではいろいろなことができると思います。一生のなかには、いくつものライフステージがあって、いろんな自分がいる。その可能性を議論すれば、もっと楽しく、たくさんのことに取り組めるのではと思います。

そして、それは別に女性に限ったことではなく、男性も、仕事だけではなく、いろんな生きがいをもてばよいと思います。男性が午後5時以降の生涯を大切にするようになってはじめて、日本の「働き方」がより良い方向に変わると思うのです。

望めば、仕事をして、昇進もできて、子どもも2人3人と産んで安心して育てることができる。そしてそれを、ふつうの女性が、ふつうにがんばったら実現できるような社会。それは男性にとっても絶対に喜ばしいことです。

なぜなら、それが実現できたときには、長時間労働は解消され、生産性の高い効率の良い働き方ができ、各人が私生活も十分楽しむ時間的余裕がある社会になっているからです。女性が活躍しやすい社会は、女性だけでなく男性、子ども、高齢者にとっても良い社会です。いろいろな事情を抱える多様な人たちが輝ける社会です。男性と女性とが協力して「女性が輝く社会」を実現し、一人ひとりが輝いて生きていけるような社会をつくるため少しでも役にたつことができればと強く思います。

子どもたちへ伝えたいメッセージとは?

関連記事

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

2016/06/10更新

Vol.033 気象庁 有田 真さん

自分の好きなものの中に、 未来の自分がある 与えられた環境でベストを尽くそう

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!