OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/05/08更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん  後編

「女性が輝く世界」とは
女性男性

一人ひとり輝く世界

松川るい (まつかわ るい)
外務省女性参画推進室の初代室長。東京大学法学部在学中に外務公務員Ⅰ種合格、1993年外務省入省。1997年ジョージタウン大学にて国際関係大学院修士号を取得。国際宇宙ステーション関連業務のほか、みなみまぐろ国際裁判や国家責任法、管轄権を担当。アジア太洋州局地域政策課でASEAN協力や日中韓協力、日タイ、日フィリピン他ASEAN諸国とのEPA 交渉に携わり、ジュネーブの軍縮代表部にて核軍縮に取り組む。前職は、日中韓政府が2011年にソウルに設立した日中韓三国協力事務局の初代次長。

2014年、外務省に新設された女性参画推進室。その初代室長に任命された松川るいさんは6歳と1歳の二児の母でもあります。日中韓三国協力事務局初代次長、国際宇宙ステーション関連業務やみなみまぐろ国際裁判の担当をはじめ、ASEAN諸国との経済連携協定、核軍縮交渉など、輝かしいキャリアをもつ松川さんが、「女性が輝く社会」の実現に向けて奔走する姿とその素顔に迫りました。

*松川るいさんのご所属・肩書等は、インタビュー当時(2015年3月)のものです。

「自分は愛されている」という自己肯定感が私を前に進ませてくれている

いまはさまざまな会議でお話しするなど、人前に出る機会が多くなりました。人前で作文を読むことすら苦手で避けていた、幼いころのわたし(前編参照)からはだいぶ変わりました。もちろん、そのきっかけをつくってくれたのは、大親友の“めぐちゃん”なのですが、ふり返ってみると、もうひとつ大切なことがあると思っています。それは、「自分は愛されている」という気持ち。自己肯定感です。そして、その気持ちを育んでくれた両親の存在です。

自分が大切に思う人、自分が愛する家族とのあいだにしっかりした絆があれば、わたしは他人から何を言われても大丈夫だと思っています。そう思えるのは、たぶん、わたしが愛されて育ててもらったという実感があるからです。自分のことを絶対的に愛してくれる存在である両親がいることを知っているから、辛いことや悩むことはあっても、これまで前へ前へと進むことができたのだと思います。

だから、ふたりの子どもたちにも、「両親から愛されている」と心から感じてほしいのです。わたしの場合は仕事柄、子どもといっしょにいる時間が長いわけではないので、なるべく濃いコミュニケーションをしようと心がけています。子どもたちには、わたしがあなたたちのことを大切に思っている気持ちを明確な言葉にしていつも話しています。「ママの大切な〇〇ちゃん」「〇〇ちゃん、だ~いすき」と、もう臆面もなくベタベタの言葉をたくさん言っています。「ママはね、こう思う」と、自分が考えていることは、できるだけきちんと理由をふくめ説明もします。

わたしは、父や母が自分たち姉妹にかけてくれた言葉をいまでもとてもよく憶えていますし、それが支えになっていることが多々あります。だから、心のなかで思っているだけでなく、口に出して、言葉で伝えることはとても大切だと思うのです。

「どんなに仕事が立派でも、子どもがちゃんとしていなければ何にもならない」。これは、わたしの母がよく口にしていた言葉です。それを聞いて育ったからでしょうか。親は子どもをちゃんとした人間に育てないといけない。そういう信念がわたしのなかにあります。そうはいっても、仕事も家事も完璧にこなせるはずもなく、そうしようともぜんぜん思っていません。わたしはスーパーワーキングマザーではないので、家事も育児も、お任せできるところは専門の方にお任せするようにしています。

「仕事がこんなに忙しいのに、お子さんふたりも育ててすごいですね」と感心されることもありますが、それは、わたしだけががんばってもできることではありません。保育園や家族の協力があってこそだと思います。「男女の家庭内での固定的な役割意識と長時間労働。この2点が、日本の女性の社会進出を阻む最も根本的な障壁です」という話をよくさせていただきますが、そのとき必ず、よくない例として「うちの夫が典型例で……」と付け加えます。

というのも恥ずかしながら、うちの夫は「お皿を洗ってね」と言ったら、ほんとうに(わざと?)「お皿だけ」しか洗わないような、男子厨房に入らずの人なのです。調理器具やグラスはそのまま。このエピソードをお話ししたキャロライン・ケネディ駐日大使には、お会いするたびに「あなたの“お皿洗いハズバンド”はどうしてるの?」なんて聞かれたりするほどです(笑)。蛇足ながら、夫の名誉のために申しますと、わたしが職務復帰して1年近くたった現在は、お皿「以外も」洗うようになっています。日々、進歩しています。家政婦さんやシッターさんを毎日雇えるなら別ですが、夫が家事・育児を然るべく「分担」するようになってこそ、女性が継続して働き昇進するというのも日常的なことになると思います。

女性が活躍しやすい社会とは?

関連記事

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

バックナンバー

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!