OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/01/16更新

Vol.017

リバネスCEO 丸幸弘さん  後編

興味があることはまずやってみる
早くやってみる、突きつめてやってみる
そのプロセスで夢は必ず現れてくる

丸 幸弘 (まる ゆきひろ)

1978年神奈川県生まれ。東京薬科大学生命科学部卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。2002年に大学院生15人でリバネスを設立、日本で初めて民間企業による先端科学の出前実験教室をスタート。理科教育に力を入れるとともに、地球規模の課題を解決することを目標に、現在までに30社以上のベンチャー企業立ち上げに携わるイノベーターとしても活躍。東京大学発のベンチャーとしては初めて東証一部に上場した株式会社ユーグレナの技術顧問も務める。

中学高校時代は「ヤンキーで、バスケとバイクにはまり、勉強はまったくしませんでした」と笑う丸さん。いまは、小中高生向けの理科教育から最先端科学技術研究まで、幅広い事業分野をもつ株式会社リバネスの代表です。これまでの道のりや夢との向き合い方についてうかがいました。

学問へと導かれたのは、人の「本当の姿」にふれた感動から

リバネスCEO 丸幸弘さん

中学高校と勉強はまったくした記憶がありません。高校になると、成績は学年でビリから3番目、模試での偏差値は30台でした。数学はとくに苦手で、定期試験はいつも0点。授業中は自然といつも寝ていたのですが、あるとき数学の先生に呼び出されたんです。「おれの授業がきらいなのも、数学がきらいなのもいい。でも、おれは別にお前がきらいじゃない。ただ、お前に見せたいものがあるから、こんどの週末、ここに来い」。そう言って、1枚のチケットを手渡してくれました。

何だろうと首を傾げつつ行ってみると、その先生の絵の個展だったんです。先生は「おれは昔、画家になりたかった。もちろん教師も好きでやっているが、いまでも画家になる夢はなくしてなくて、こうして絵を描くことはやめられない。夢をもつのは面白い。やるべきことも、やりたいことも両方やればいいんだ」。ポツポツとそう話してくれました。先生がいつもの先生とは違う「本当の姿」を見せてくれた瞬間から、ぼくはその先生を尊敬しました。それまでやろうと思わなかった受験勉強も数学も、ちゃんとやろうと思うきっかけになる出来事でしたね。

ただ、そう思うようになっても学力はどん底で、大学に対する憧れや「これを学びたい!」という目標もなかった。それで、就職が有利らしいという理由だけで理系の大学を受けることにしたんです。10校くらい受験して、結果は全滅。どこかには受かると思っていたので、世の中そんなに甘くない、とショックを受けました。もちろん、いまふり返れば、あたり前の結果ですが。

そのあとは浪人生活ですが、ここでも大きな転機がありました。予備校の発生生物学の授業のときのことです。精子が…卵子が…受精して…細胞分裂して…やがて人間の身体ができあがる…というプロセスの説明をした最後に、先生がチョークを置いて。「これ、わかっていることみたいに教科書に書いてあって、わたしもそう話しているけれど、本当はなぜこうなるのかは、ほとんどわかっていないんだ」と言ったんです。エッ!と驚きました。

そのとき初めてぼくは、「世の中、本当はわかっていないことが多い」という事実を知った。これはとても大きな転機でした。それ以来、生命科学や自然科学の世界にとても惹かれるようになりました。そして、日本で初めて生命科学部を創設した東京薬科大学に憧れ、受験して無事合格。そこで出会った先生方にも「学問」に対する興味をますます刺激され、大学院は東京大学に進むことになりました。

リバネスがスタートした場所とは?

関連記事

2015/01/14更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2019/06/07更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!