OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/24更新

Vol.015

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  後編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)

1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

努力は必ず自信となって返ってくる

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

公文式で何学年も先の教材に進むことは、自分の経験からすれば、そんなにすごいことではないのかなと思います。だけど、ひとつのことをそこまで努力できるというのは本当に正しいし、まっすぐです。その努力は大人になっても変わらず、自信となって支えてくれると思います。もともと専門外だったCGの専門スクールで学ぼうと思ったのも、「努力すれば何とかなるだろう」という根拠のない自信でした。だけど、突き抜けるには大きな壁もある。その壁を越えるべきか、または別な道に行くべきかを客観的に判断できるのもまた、公文の学習で自分が築いてきた「自信」なのだろうと思っています。

ぼくはまだ30歳にもなっていませんが、それでも年を経るにつれていろいろな制約条件が増えてきます。見えざる圧力が増していくというか、自分のなかに焦りが生まれるというか……。同級生たちはどんどん出世していき、たとえば少し前まで飲み会は本郷の居酒屋だったのに、気づいたら六本木の高級ダイニングになっていたりしますからね(笑)。だから、できるだけそうした周囲の圧力が少ないうちに、失敗を恐れずにチャレンジしたほうがいいと思います。やろうかやるまいかで迷っているなら、早いうちにやったほうがいい。明日失敗するより今日失敗したほうが、ダメージは少ないし、回復も早いと思いますから。

ぼくは今、小さな会社の代表をしていますが、誰かひとりでも、「これいいね!」と思ってくれたら、それは初めて職業として成り立つのではないかと思っています。そういう人がいてくれる限りは、今のこの仕事をがんばっていこうと思います。ただ、医療の場合少しむずかしいのは、たとえ患者さんのために必要な技術やCG作品であっても、患者さんが個人としてその経費を負担するには重すぎるところがあります。エンターテインメント作品のように、気に入ったら気軽にDVDを買うというようなものではないですから。

しかし、自分のなかに大きなモチベーションとしてあるのは、誰もが自分の身体の仕組みを「正しく、楽しく」理解できるようになる世界の実現です。今年、公文の生徒さんたちの集まりで講演したときのことです。ぼくの話が終わり休憩時間になったとき、10歳くらいの女の子が走り寄ってきて、こんなことを話してくれました。「わたしは心臓に穴があいているってママから言われてるんだけど、よくわからなかったの。でも、きょうお話を聞いて、どういうことなのかわかりました。ありがとうございました」。急なことでもあり、その子が背負ったものの大きさに驚き、うまく返事ができませんでした。でも、彼女の役に立てたんだな、よかったなとしみじみ思いました。


 

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん   

前編のインタビューから

– 「なんでおまえ、足は速いのにボールはダメなの?」と友だちに不思議がられた小学生時代
– 「“掃除”“整理整頓”は子どものころから両親によく言われていましたが、今でも苦手です(笑)」
– サイエンスCGクリエイターになるきっかけは、あるテレビ番組だった

 
関連記事

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

2015/06/12更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん

誰もやっていないことに チャレンジしてみよう 未経験はむしろ自分の可能性を ひろげるチャンス

バックナンバー

2021/04/16更新

Vol.076 産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん

突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.397
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.066 後編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.066 前編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!