OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/24更新

Vol.015

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  後編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)

1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

サイエンスCGクリエイターは”オーケストラの指揮者”

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

ぼくは今、希望していたとおりの仕事をしていますが、実は今すごく迷っているんです。ぼくにはすべてのことが一流ではなく二流であるという認識があります。医師としては2年間の初期研修しかやっていない、CGデザイナーとしてのスキルも最低限のことは分かりますけど、超一流のデザインを自分で生み出せるかといえばそうではない。

CGアニメーションも同じです。たとえばディズニーみたいなキャラクターアニメーションは作れない。広く浅くはできるけど、突き抜ける何かが足りない。そこをどうしたらいいのだろう……。これが最近いちばん悩んでいるところです。たぶん、オーケストラの指揮者みたいなポジションがあれば、とてもいいのだと思うんですよね。指揮者は楽器の演奏が上手なわけではないけれど、すべての楽器の音色や特性を知っていて、まとめあげ楽曲を奏でることができる。映画監督とかもそうですね。

それは「通訳」ととらえてもよいのかもしれません。心臓のCGアニメーションを作ったときに、まずは専門のお医者さんや研究者から、研究内容をワ~っと一気に聞くわけですね。すごく専門的なことは分かりませんが、ある程度感覚としては分かる。最低限何が理解できていないかくらいは分かる。しかし、その研究者から提供された膨大なデータをそのままCGデザイナーに渡しても、デザイナーは困ってしまいます。ですから、研究者の話をまずはぼくが受けて、いったんかみくだいて、頭のなかで技術的なものをシミュレーションしながらCGのプロットを立てていく。

一方で、デザイナーの思考も何となくは分かっているつもりで、論理的というより直観的な思考タイプが多い彼らが、その美的センスを存分に発揮するための土台だけは用意しておきたいのです。研究者とデザイナーという、職業上の使用言語や文化が違う人たちの間で、「通訳」しながらよい作品を仕上げていくことこそ、自分のやるべき使命なのかなとも思いはじめています。

講演後、聴いていた少女から伝えられた衝撃的な、けれどしみじみよかったと感じた一言とは?

関連記事

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/05/01更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

2015/06/12更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん

誰もやっていないことに チャレンジしてみよう 未経験はむしろ自分の可能性を ひろげるチャンス

バックナンバー

2021/03/12更新

Vol.075 株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん

ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
Vol.397
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑫            <悪いのは子どもではない>
Vol.396
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(5)
学習の量ではなく 質に関心を持ち 対話を大切にすることが 子どもの自立への大きな一歩 お話:上智大学教授 奈須正裕先生
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.066 後編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.066 前編
浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん
学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう
Vol.065
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!