OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/11/24更新

Vol.015

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん  後編

難解なものを「正しく、楽しく」
理解できる仕組みを作りたい

瀬尾 拡史 (せお ひろふみ)

1985年生まれ。株式会社サイアメント(SCIEMENT)代表取締役。東京大学医学部医学科卒業。大学在学中に専門スクール、デジタルハリウッドにも入学してCG制作を習得。現在は医学の専門知識に裏付けされたCG技術を医療や科学に活かす、サイエンスCGクリエイターとして活躍中。

「サイエンスを、正しく、楽しく。」をモットーに、日本でただひとりの“サイエンスCGクリエイター”として活躍する瀬尾拡史さん。東京大学医学部卒という異色のクリエイターが、サイエンスCGへと突き動かされた力とはいったい何か。そのルーツと展望を探ります。 注)CG:コンピュータグラフィックス(computer graphics)

「もうひとつの学校」で出会った、異なる世界の人たち

サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

大学時代にはダブルスクールでCGの専門スクール、デジタルハリウッドにも通っていました。そこでは今まで自分が触れ合ってきた友だちや先生方とはまるで異なったタイプの人たちと出会うことができました。たとえば水道管工事の仕事をしながらCGクリエイターを目指している人がいたんです。人生で初めて水道管工事の仕事をしている人に出会い、その人がCGを学んでいる。とても新鮮な気持ちでした。自分のまったく知らない世界を知っている人たちといっしょにCGを学んで、世の中にはさまざまな考え方の人がいるのだということを思い知りました。

ダブルスクールだったと話すと「すごく忙しかったんじゃない?」とよく聞かれますが、そんなことないんですよ。東大の場合は最初の2年が教養課程。当時はその2年間で必要な単位を取ればよかったんです。入学して最初の半年、1限から5限までフルに授業を入れて全部合格すれば、それで単位は十分に取れる。そうすればあとの1年半は週に2~3コマの必修がある以外は自由になります。

面白いのは、たとえば社会人向けの講演会などでこのエピソードを話すと、「おお、それはすごい!」と言われるんですけど、現役の中高生に話すと「ふ~ん…」ていう反応。それもそのはずで、彼らは大学の1限よりもっと早い8時くらいから学校に行ってるわけですから。この反応の違いは、いかに大学に入ると学ばなくなるか、というひとつの証左ですね(笑)。サークルやバイトに時間をかけて、学ぶということとはかけ離れた大学生活にだけはしたくないと思っていました。だから専門スクールでのCGも、医学部の授業もちゃんとやろうと肝に銘じていました。

瀬尾さんが「すべてのことが一流ではなく二流という認識がある」と考える理由とは?

関連記事

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

2015/01/16更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/01/14更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!