OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/10/10更新

Vol.014

バレエダンサー 浅野真由香さん  前編

あきらめない心で努力を積み重ね、
舞台で踊る喜びとともに
バレエの魅力を伝えたい

浅野 真由香 (あさのまゆか)

4歳でバレエを始め、2001年から2006年までシュツットガルト・ジョン・クランコ・バレエスクールに留学。2006年9月にKバレエカンパニー入団。2014年1月にはソリストに昇格。『白鳥の湖』『ロミオとジュリエット』『カルメン』などの作品に出演。2014年12月のKバレエカンパニー公演、『くるみ割り人形』ではマリー姫役で初主演予定。

神戸で生まれ育ち、中学2年からの5年間、ドイツ・シュツットガルトにバレエ留学をした浅野真由香さん。帰国後、熊川哲也さん率いるKバレエカンパニーに入団し、この年末の公演では初の主演予定。つらいこともあった修業の日々、心の支えとなったものとは? 今後の夢とともにうかがいました。

中2で留学を決意、けれど不安に押しつぶされそうになり泣いてしまったことも…

バレエダンサー 浅野真由香さん

本格的な留学を決意したのは中学2年のときでした。ふつうに考えると、中2では早いと感じられるかもしれませんが、バレエの世界では、筋肉が育ちきってしまう前に、動きに癖がつてしまう前に、きちんとしたメソッドで学んだほうが良いという考えがあり、若いうちに留学する人が多いのです。

志望校を選ぶにあたっては、最初は「英語圏の学校がいいだろうか?」とも思いましたが、私の憧れのバレエダンサー、中村祥子さんが、ドイツのシュツットガルトにあるジョン・クランコ・バレエスクールのご出身で、「素晴らしい先生方に出会えた。この学校で学べてよかった」とある雑誌の記事でコメントされていたのを読んで、「私もこの学校で学びたい!」と思い、オーディションを受けました。正直なところ、多くの人が選ぶ英語圏の学校にも興味はありましたが、人と同じ道を行くより、自分の選んだ道を行ったほうがいいのかな…と思い、決断しました。

幸い合格できたものの、日本を出発するまでのあいだ、「ほんとうに行くの?私」「だいじょうぶかな…」と気持ちがゆらぎ、不安に押しつぶされそうになり泣いてしまったこともありました。けれど、あの学校でバレエを学びたいという強い気持ちが勝って、ようやく出発できました。

ところが、いざ学校に入ってみると、挫折の連続でした……。それまでいた日本のバレエスクールではいつもトップを争っていたのが、ここではレッスンについていくのが精いっぱい。上には上がいることを身にしみて感じ、世界のレベルを垣間見た気がしました。

入学したバレエスクールは、入学時12人・卒業時2人という厳しさ

バレエダンサー 浅野真由香さん
2014年12月、Kバレエカンパニー『くるみ割り人形』にマリー姫役で初主演予定。
公演期間:2014年12月20-26日(浅野さん主演は20日ソワレと23日マチネ)、会場:赤坂ACTシアター

先生にもよく叱られましたね。ポーズをとったときに形ができていなかったり、昨日言われたことができていないようなときは容赦なく指導されましたし、教室の外に出されることもありました。最初はただ叱られていると思っていましたが、そのうち、「教える側の先生方も必死なんだ。私たちをなんとか伸ばしたいと思ってくださるから叱るんだ」と感じるようになりました。そうすると、「叱られているうちが華で、何も言われなくなったらおしまいだ」と思えるようになり、必死にくらいついていきました。

苦手だったのが、即興の授業です。バレエには『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』など、おなじみの演目に代表されるいわゆる「古典」の作品のほかにも、アート性の高い「コンテンポラリー」と呼ばれるジャンルがあります。コンテンポラリーの授業は週2回あったのですが、ときどき「音楽を聴いて感じたことを即興で踊りなさい」というレッスンがあるんです。どちらかといえば控えめなメンタリティーの日本人は与えられたものを一生懸命こなすのは得意だけれど、「自由に」となると途端に固まってしまう傾向があると言われることが多く、私もそうでした。そして、その殻を打ち破るのにとても苦労しました。

とはいえ、日本人ならではのきまじめさ、持ち前のあきらめない心で何とか5年後に学校を卒業することができました。入学したとき12人いた同期は、卒業のときには私を含めたったのふたりになっていました。それだけ厳しい世界だったんです。

関連リンク
Kバレエカンパニー


 

バレエダンサー 浅野真由香さん   

後編のインタビューから

– 帰国し19歳で入団したKバレエカンパニーでは、順風満帆とはほど遠い日々が続いた
– 海外留学で役だった公文で培った力とは?
– 子どもたちを指導することが、自分自身の新たな学びや成長になっていると気づく

 

 
関連記事

2014/10/17更新

Vol.014 バレエダンサー 浅野真由香さん

あきらめない心で努力を積み重ね、 舞台で踊る喜びとともに バレエの魅力を伝えたい

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/03/13更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!