OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/04/04更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん  前編

戦火のなかの子どもたちの声を
世界に届けて
彼らの笑顔を取り戻したい

渡部陽一 (わたなべ よういち)
1972年静岡県生まれ。大学在学中のアフリカ旅行をきっかけにフォトジャーナリストを志し、世界に飛び出す。これまで130ヵ国以上を訪れ、戦火のなかで人々に寄り添いながら取材を行う。写真展、著書、雑誌掲載等を通して作品を発表するかたわら、テレビやラジオへの出演、講演も数多い。静岡県富士市の観光親善大使も務める。

ゆったりとしながらも真摯な語り口が印象的な、フォトジャーナリスト、渡部陽一さん。死と隣り合わせの戦場に、何度も渡部さんを駆り立てるものとは、いったいなんなのでしょうか。 渡部さんが世界各地で体験し、挑戦することで学んできたことについてうかがいました。

戦争は武器で止めるものではなく、教育で止めることができる

戦場では、どんなに過酷な状況でも、子どもたちが笑顔を見せてくれる瞬間があることに驚きました。ご飯を食べるとき。破壊しつくされた学校が地域の方々によって一部修復され、再び行けるようになったとき。電気の無いなかで、村の長老が自家発電機を動かし、日本のアニメを上映したとき……。戦場という極限状況と子どもたちの笑顔のコントラストに、胸が揺さぶられました。食事、教育、娯楽こそ、人間に力を与える最初の一歩なんですね。特に教育の力は大きく、戦争は武器で止めるものでなく、教育で止めていくことができると感じています。

危険な体験という意味では、2006年の7月に訪れたレバノン取材は忘れられません。イスラエルとの衝突が起きたレバノン紛争のさなか、首都ベイルートに飛び込むと、空が花火のようにピカピカっと点滅しているんですね。地上からカメラを構えてなんだろうと見上げていると、数秒後に目の前の高層ビルごとあたり一帯が吹き飛ばされて、爆風のなか、カメラを持ってシャッターを切っていました。逃げまどい、避難民の方々と生活をともにしながらの取材でした。

そういった極限の恐怖のなかで、少しでも平常心に戻るために、僕は戦場で絶対に一人ぼっちで駆け回りません。その地域で生まれたガイドさん、運転手さん、爆撃が起きたときのセキュリティの方と、最低4人で最前線を動きます。ガイドさんが「この壁からワンブロック先へは行ってはいけない」と言ったら、すぐに言いつけを守り、一歩引きます。僕が感じ取れない危険が迫ってきていることを、その地域で生まれ育った方々は肌で感じ取るからです。現地の方の声に従う。この原則をカラダに入れることで、恐怖心を抑えることができます。

もうひとつ、日記に思いを書きとめるようにもしています。出会った人の話、勇気をくれた言葉、今日食べたもの、映画から学んだキーワードなどなど。気持ちがぶれたとき、それらを読み返すと、スッと初心に返り、平常心に戻ることができる。日記を書くことが、自分の乱れた恐怖心を整えてくれる。勇気の源ですね。

国境を超える高揚感、取材の醍醐味

海外の人々と接していると、彼らはとても家族を大切にしています。日本人が見ると気恥ずかしいほどに溺愛している(笑)。でもだからこそ、何かが起こったときにも、家族皆が一緒にいて、限られたものを分け合って生き延びることができる。家族といることが、彼らの生きる力になっているんです。両親への敬意の払い方を見ていると、大人になってもまるで小学生のときのような濃い関係で結ばれています。

そんな彼らのなかには、外国人の僕が突然訪れても、見ず知らずのゲストにもかかわらず、迎え入れるという習慣が本能的に根付いています。戸口に立つと、扉をあけて「君は誰ですか? どうしたんですか? 分かりました、入ってお茶をどうぞ」というコトバがよどみなく出てくるんです。もちろん僕も彼らに対して敬意を払い、たどたどしくてもていねいに、思いをしっかり伝えるようにしています。彼らは島国の日本と違って、陸路で他の国々と国境が接しているので、多民族、多宗教、多文化。外とのつながりの風の速さが体にしみこみ、オープンマインドなんですね。そんな人々の懐の深さに、取材を抜きにして僕はとりこになりました。

20歳のときに初めてアフリカに行き、国境を越えたときの緊張感とドキドキ感。たくさんの方々と出会ったときの震え上がるほどの高揚感というのは、41歳になった今でも、変わらず湧きあがってきます。「この地域に行ってもしょうがない」「ここでは何も起こっていない」と見えるような場所にこそ、僕は行きたいです。「これは無意味だ」とは一概に言えない、そのなかでは深い意味が蠢いている。いろんな現場を経験するなかで、そう感じます。僕は動きや話すスピードこそゆっくりですが、この世界のダイナミックなスピード感に乗り、「見る前に飛べ」の精神で飛び出して行きたいです。

関連リンク
渡部陽一オフィシャルサイト

関連記事

2014/04/11更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

バックナンバー

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.343
「学習療法」を施設に活かす
可能性をあきらめない
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!