OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/04/04更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん  前編

戦火のなかの子どもたちの声を
世界に届けて
彼らの笑顔を取り戻したい

渡部陽一 (わたなべ よういち)
1972年静岡県生まれ。大学在学中のアフリカ旅行をきっかけにフォトジャーナリストを志し、世界に飛び出す。これまで130ヵ国以上を訪れ、戦火のなかで人々に寄り添いながら取材を行う。写真展、著書、雑誌掲載等を通して作品を発表するかたわら、テレビやラジオへの出演、講演も数多い。静岡県富士市の観光親善大使も務める。

ゆったりとしながらも真摯な語り口が印象的な、フォトジャーナリスト、渡部陽一さん。死と隣り合わせの戦場に、何度も渡部さんを駆り立てるものとは、いったいなんなのでしょうか。 渡部さんが世界各地で体験し、挑戦することで学んできたことについてうかがいました。

コツコツ、地道な準備とリサーチが戦場での取材を可能にする

フォトジャーナリストはとりあえず現地に行ってから対応する、と思われるかもしれませんが、僕の場合、実際は取材のうち80%は地道な準備とリサーチで、残りの20%が現地での撮影です。情報交換、人脈固めなど、徹底的な準備が取材においてはとても有効です。例えば、突発的に事件が起きて避難するとき、誰とつながっているか、どちら側の国境を越えていくのか、バスを使うのか、車をチャーターするのか、軍の車両に乗せてもらうのか。「今まではこうだったから」と決めつけずに、いくつもの選択肢を作っておきます。現地の人々とのつながりを生かし、自分の立ち位置を明確にし、柔軟に動くようにしています。

戦場で取材をしていると、「おまえはどちら側か?」と必ず聞かれます。もちろん、どちら側でもないわけですが、私は、最初は攻撃を受けている側に入ります。なぜ被害をこうむり、どういう状況なのかを確認したら、次に攻撃している側に入ります。どんな状況で戦争が起こり、また終わらせようとしているのか。例えばイラク戦争では、まずイラク側で被害状況の声を拾い、その後に米軍側にも従軍記者として密着しました。双方の言い分のどちらが正しいか。外部の目と国連の監視が最後の“線引き”をする、その基準を見極めていく大切さを双方の取材から感じとります。もし国際的な裁判になった場合、理論を構築した側が無条件に勝つということにならないよう、監視の目を世界に広める。その情報を提供していくのも、フォトジャーナリストの仕事だと思っています。

どちら側にも入って行けるようになるには、時間がかかります。1回目で取材拒否なら3か月後にもう一度トライ。ダメなら1年後と、何年もかけて追いかけてコンタクトを積み重ねていきます。コツコツ緻密な作業を続けていくことで初めて、取材を進めていくことができます。これまで130ヵ国ほどまわっていますが、数十ヵ国の方々とは今もつながっていて、用が無くても現地の方々に電話を掛けたりメールをして家族の話をしたり、とにかく“呼吸”している時間を続けていく。それが特に、情勢が弾けたときに、瞬発的に動くエンジンを提供してくれます。仕事を離れても、移動中の空いた時間を使って遊びに行ったり、彼らが日本に来たときは一緒に遊んだりと、友人、家族のようになっています。

戦場の子どもたちが笑顔を見せる3つの瞬間とは?

関連記事

2014/04/11更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

2015/09/04更新

Vol.024 元サッカー日本代表 宮本恒靖さん

好奇心は人生を切り拓く なりたい自分を思い描き 逆算していまを全力で取り組む

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/05/08更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

バックナンバー

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!