OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/03/14更新

Vol.007

ボーカリスト 河野マリナさん  後編

歌うことは大切な
コミュニケーションツール

自分をあきらめない強さ自信
へと導く

河野マリナ (かわの まりな)

ANIMAX主催・第4回全日本アニソングランプリ(2010年)においてグランプリを獲得。
TVアニメ『Aチャンネル』オープニングテーマ「Morning Arch」で2011年5月デビュー。
1990年、福岡県生まれ。

抜群の歌唱力と類稀なる表現力で、応募総数一万件超の日本アニソングランプリで頂点に立った河野マリナさん。内気な彼女を歌へと駆り立てたもの、そして歌を通して伝えていきたい“思い”をうかがいました。

「僕は僕を、最後まであきらめない」

ボーカリスト 河野マリナさん

宣伝文句じゃないですけど、「やっててよかった公文式」って私は心から思っています。今、公文をがんばっている子たちは、ぜひ信じてやり続けて欲しいです。「なんで勉強するの? 算数なんて将来役に立たないし!」っていう壁に絶対ぶつかるときがくると思います。だけど人生って、つまずいて、どこがダメだったか探して、直して、また立ち上がって。そのくり返しだと思うんです。公文でやってきたことはすべてに通じる大切なプロセス。ふだんのライブ会場でだんだんとお客さんが増えていって、やがて、その先の夢に武道館や東京ドームがあるように。

これは自分自身に言い聞かせるという意味も込めてなんですが、目標は高ければ高いほど、掲げるのも怖いし、現在の自分と目標との差があまりに大き過ぎて苦しくて逃げたくなるのも事実です。でも、公文をちゃんとやってきたっていう自信は絶対心のなかにあると思います。だから途方に暮れるくらい高い目標でも、一歩ずつ少しずつ辛抱強く一緒にがんばっていきましょう。

昨年出したファーストアルバム『First Touch』のなかに、『その声を覚えてる』という歌があります。全編私を象徴しているような歌詞なのですが、「僕は僕を、最後まであきらめないよ」っていう部分が特に今の自分に近いです。全国にいてくれるファンの皆さんはもちろん、私みたいに家でひとりウジウジしがちな人も含めて、いろいろな人たちと歌でコミュニケーションをとりたい。

ライブ中、明るい曲のときは明るく、しっとりした曲のときはしみじみ、歌詞や曲想によってみんなの表情が移り変わっていくのを見ると、「私たち、今伝わり合えてる!」って感じるんです。言葉ではできないコミュニケーションを通して。

その輪が広がり、ゆくゆくは大きな会場で多くの人たちに私の歌を届けたい、という大きな大きな夢が私にはあります。大き過ぎて途方に暮れてしまいますが、最後まであきらめたくない、抗いたい。猪突猛進に生きていきたいですね。

関連リンク
河野マリナ Kawano Marina official site

関連記事

2014/03/07更新

Vol.007 ボーカリスト 河野マリナさん

歌うことは大切なコミュニケーションツール自分をあきらめない強さと自信が夢へと導く

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2013/10/04更新

Vol.002 女優 貴田みどりさん

経験はすべてつながっていて、それが夢を支える力になる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!