スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2022/01/28更新

Vol.071

メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん  後編

多角的な見方を磨き、
自分だけの価値を見つけよう

尾関 謙一郎 (おぜき けんいちろう)

1950年生まれ。1975年学習院大学法学部政治学科卒業後、読売新聞社に入社し福島支局配属。その後、社会部警視庁記者クラブを経て経済部へ。経団連キャップ、日銀クラブキャップなどを務め、経済部デスクとなる。1996年にJリーグ・ヴェルディ川崎(現 東京ヴェルディ)へ出向し広報部長、本社販売企画調査部次長、社長室宣伝部長、プランタン銀座取締役広報担当などを経て本社教育支援部長を務め、2010年11月に定年退職。明治学院大学、学習院大学などでマスコミ論などの授業を担当。現在、「メディアと広報研究所」を主宰。一般社団法人「企業広報研究ネットワーク」理事長、日本広報学会理事など役職多数。著書に『メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術』(宣伝会議)がある。

新聞記者として20年間健筆をふるったのち、複数の企業で広報部長などを務めた尾関謙一郎さん。取材する側・される側、双方の立場を経験したことで、両者に横たわる「溝」を感じ、それを埋めようと「メディアと広報研究所」を主宰されています。子どものときから新聞記者を志し、思い通りにいかない経験をしても諦めず、夢をつかみ取った尾関さん。その秘訣とともに、新聞記者という仕事の醍醐味、ネットメディアが隆盛する中における新聞ならではの役割などについて、うかがいました。

新聞は社会にインパクトを与え、ひとりの人生を変える

尾関 謙一郎さん

念願の新聞記者となり、さまざまな取材をする中で印象に残っていることは、1982年の日航機羽田沖墜落事故の取材です。この事故では、機長の異常な行動により、羽田空港着陸寸前に海に墜落し、多数が亡くなりました。

その前日、東京・千代田区のホテルニュージャパンで火災事故が発生し、社会部で若輩者だった私は、先輩から本社に泊まるよういわれました。デスクが帰り際、「ちゃんと起きていろよ、明日飛行機が墜落したら大変だから」と言い残して…。すると、翌日本当に墜落事故が発生。私は他社に先駆け一番乗りで現地に着き、機長らが真っ先に救命ボートで避難してきたのを、「大変だったのだな」と思いながら見ていました…。

しかしよく考えれば、乗客より先に機長が逃げてくるのはおかしい。「なぜ最初に乗客じゃなくて機長が?」と考えることができれば、「これは機長が何かおかしいのでは」と気づけたはずです。それなのに、そこまで考えが至らなかった。もしそこで、その異常に気づけば特ダネになっていたかもしれません。

「現場で見た」ということは誰でもできます。しかし新聞記者は、目の前の現象に「どういう意味があるのか」に気づかねばなりません。その時の教訓として、「見たもの」「聞いたこと」の「意味」に気づくことが何より大事だと思い知りました。

20年の記者生活の中で、特ダネを書いたこともあります。1988年元旦の一面トップで、「日・米・中で乗用車生産」という記事です。当時、元旦の紙面は特ダネを書けという社内の意識がありました。しかも、その1年を見通すような世の中の動きをキャッチした記事が求められます。当時私は自動車業界を担当していて、3ヵ国それぞれの自動車会社が合弁で中国に工場をつくるという特ダネをつかみました。1ヵ月くらいかけて取材を続けた結果です。元旦一面トップを書いたのは、これが最初で最後でした。

新聞記事というのは、このように産業界、社会全体にインパクトを与えるものですが、その一方で、個人の人生に影響を与えることもあります。記事を書いて約20年経ってから、記者冥利に尽きるうれしい出来事がありました。

私が書いたのは、「森の中の私塾“高校”」という見出しで、福島県の山の中にできた私塾についての記事です。従来の学校教育とは一線を画した、個性を伸ばす手作り教育で、今でいう不登校の子のための学校でもありました。1978年、福島県・須賀川通信部時代に書いたもので、署名入りで全国版の夕刊に掲載されました。

20年後、その学校の式典に呼ばれて参加したところ、「あなたが尾関さんですね」と男性に声をかけられました。その方は記事を読み、東京から出てきてその私塾で学んだのち、医者になり同窓会長となった人でした。記事を書いてから20年間、自分の記事に影響を受けた方がいたということは全く知りませんでしたので、声をかけていただき、非常に感激しました。

このように社会や個人に影響を与えることが、新聞記者という仕事の大きな魅力です。加えて私は、「日々の仕事の結果が歴史になる」ということが、新聞記者の醍醐味だと思っています。記者時代、上司から「日々、歴史を書くつもりで原稿を書け」と言われ、部下にも言ってきました。給与や出世よりも「今、どういうことが必要か」「どういう問題が埋まっているか」と、社会のためになることを考え続けられる人が、新聞記者に向いていると思います。

新聞の見出しの大きさに着目してみよう!

関連記事

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

2021/05/07更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.088 前編
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
Vol.086
ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん
子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける
Vol.085
株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん
可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!