KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本  

KUMONの読み聞かせに関する
科学的な研究成果
専門誌小児歯科臨床
紹介されました
外部研究者(脳科学者・心理学者)と
KUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

「絵本の読み聞かせはとても大切」。これは、どなたも同じ思いでしょう。でも、なぜ大切なのか…、どんな効果があるのだろう…、という具体的なことになると明確に答えられる方は多くないかもしれません。今回は「小児医療と絵本」にまつわる話題です。

日本外来小児学会シンポジウム“小児医療の向こうに「絵本の力」を見つけよう”

2013年8月30日~9月1日、福岡市で第23回日本外来小児科学会年次集会が開かれました。小児医療におもちゃや絵本を活用する取り組みは以前からあり、この学会でも「小児医療の向こうに“絵本の力”を見つけよう」と題したシンポジウムが催されました。そのなかで、会場からのショートプレゼンテーションという形で、KUMONの歌と読み聞かせの実践や外部との共同研究についてご紹介しました(発表者:公文教育研究会・佐々木丈夫)。この機会をいただいたのは、このシンポジウムを企画された小児歯科医の濱野先生(福岡市)が、KUMONの読み聞かせに関する共同研究を知り、ぜひ話をしてほしいという依頼をしてこられたからです。

※上記「共同研究」の概要は、下記の発表再録をご参照ください。

そして、今年5月、『小児歯科臨床』(2014年5月号)という専門誌で、同シンポジウムでのシンポジストおよびショートプレゼンテーションの発表内容すべてが全21ページの特別企画で紹介されました。各発表のタイトルだけですがページを追って列記してみると…。

第23回日本外来小児学会シンポジウム“小児医療の向こうに「絵本の力」を見つけよう”
◯子どもの歯科医療における絵本力を考える
◯子どもとサイン「新しい視覚言語としての空間アプローチ」
◯絵本の力・場の力~小児科外来での読みあいから~
◯絵本と小児科医
◯「歌と読み聞かせ」を科学する ⇒ KUMONの発表(下段に全文再録)
◯子どもの歯医者がつくった「絵本と図鑑の図書館」
◯「絵本の力」を再認識-『ノンタンがんばるもん』
◯大いなる期待 -絵本力と小児医療-

発表のタイトルを見ていくだけでも、小児医療の最前線で絵本の読み聞かせが大切にされている、医療の一部としてとらえられていることがわかります。ちなみに、発表者は小児科医や歯科医の先生方はもちろん、アートデザイナー、大学教授、読書アドバイザー、絵本編集者、そしてKUMONなど多分野のスペシャリストで構成され、学際的かつ実践的なシンポジウムでした。

≪発表再録≫


『読み聞かせは心の脳に届く』
(泰羅雅登著/くもん出版)

第23回日本外来小児学会シンポジウム“小児医療の向こうに「絵本の力」を見つけよう”
会場からのショートプレゼンテーションとして発表

「歌と読み聞かせ」を科学する

公文教育研究会 佐々木丈夫

「歌いかけ・読み聞かせ」共同研究

子どもたちに対する「歌いかけ」や「読み聞かせ」は古くから世界中で行われてきましたが、意外にもその科学的な研究はほとんど行われてきませんでした。一方、私たち公文教育研究会では、学習のための基礎づくりとして、家庭での歌いかけ・読み聞かせとそれに続く読書が大きな意味を持つことを経験的に見出し、30年以上にわたってその実践を強く推奨してまいりました。

「読み聞かせ・歌いかけ」~ 脳科学からのアプローチ ~

まずは読み聞かせをしてもらっているときの子どもの脳はどのように活動しているのか、東京医科歯科大学・泰羅雅登教授に調べていただくことにしました。

以前の共同研究により、大人では音読をしているときや音読を聞いているときに前頭前野が活発に活動していることが分かっていました。同じく、子どもでも読み聞かせをしてもらっているときに、前頭前野が活発に活動するのではと考え、最初に近赤外計測により読み聞かせを聞いているときの子どもの脳の状態を調べたのです。その結果、子どもの前頭前野はほとんど活動していないことが見出されました。

そこで次に機能的MRIを使い、母親が読み聞かせをしているときの子どもの脳活動を調べました。その結果、やはり前頭前野は活動していませんでしたが、側頭葉の言語に関わる領域の活動とともに、情動に関係する大脳辺縁系が活動することを発見したのです。

泰羅先生はこの部分(大脳辺縁系)を分かりやすく伝えるために「心の脳」という表現をされています。読み聞かせによって活動するこの「心の脳」は喜怒哀楽を感じるだけでなく、わが身をたくましく生かしていく役割があります。心の脳を育むことは健全な人間に育てることにつながりますが、それには子どものころの読み聞かせがとても役立つことがわかりました。後に行った研究により、歌いかけについても同じ効果が確認できました。

一方、わが子を読み聞かせをしているときと単に音読をしているときの母親の脳活動を比べると、読み聞かせをしているときは前頭前野のうち、人とのコミュニケーションにかかわる部分がより活動していることがわかりました。これらの結果から、母親が子どもの気持ちに強く訴えかけるように読み聞かせをするために、子どもの情動に関係した脳が活発に活動するのではないかと考えています。

☆ご紹介しています「共同研究」の詳しい内容につきましては、右記の書籍をご参照ください。
『読み聞かせは心の脳に届く』(泰羅雅登著/くもん出版)

関連記事

調査・研究・アンケート  2013/09/17更新

Vol.003 "歌と読み聞かせ”を科学する

医療現場でも注目される “絵本の力”とは? KUMONが“歌と読み聞かせ”を おすすめする理由(わけ) 子どもたちから学んだ「歌と読み聞かせの大切さ」

調査・研究・アンケート  2016/01/25更新

Vol.132 日本子育て学会でBaby Kumonの効果を発表

母子間のコミュニケーションツール としてのBaby Kumon

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

子育て・家庭学習  2014/12/02更新

Vol.065 ミーテ-「うた・読み聞かせ」ライフ応援サイトをリリース

KUMONの 子育て応援ウェブサイト mi:te[ミーテ] マタニティママや子育てママ・パパの「うた・読み聞かせ」ライフを応援します!

KUMONグループの活動  2015/02/17更新

Vol.075 KUMONの寄附研究活動-親子のかかわりあい方

親子で過ごす時間が、子どもの 言語理解と関連脳領域に影響 (東北大学加齢医学研究)

バックナンバー

学習者・OBOG  2019/05/21更新

Vol.307 英語を使ってコミュニケーションに挑戦

グローバルな視野を持って、 未来へ羽ばたこう ~「第1回 Global Network Initiatives」開催~

KUMONグループの活動  2019/05/14更新

Vol.306 KUMONの新入社員

学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~

KUMONグループの活動  2019/05/07更新

Vol.305 47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式

受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019

国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 後編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 後編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。