スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2022/01/21更新

Vol.071

メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん  前編

多角的な見方を磨き、
自分だけの価値を見つけよう

尾関 謙一郎 (おぜき けんいちろう)

1950年生まれ。1975年学習院大学法学部政治学科卒業後、読売新聞社に入社し福島支局配属。その後、社会部警視庁記者クラブを経て経済部へ。経団連キャップ、日銀クラブキャップなどを務め、経済部デスクとなる。1996年にJリーグ・ヴェルディ川崎(現 東京ヴェルディ)へ出向し広報部長、本社販売企画調査部次長、社長室宣伝部長、プランタン銀座取締役広報担当などを経て本社教育支援部長を務め、2010年11月に定年退職。明治学院大学、学習院大学などでマスコミ論などの授業を担当。現在、「メディアと広報研究所」を主宰。一般社団法人「企業広報研究ネットワーク」理事長、日本広報学会理事など役職多数。著書に『メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術』(宣伝会議)がある。

新聞記者として20年間健筆をふるったのち、複数の企業で広報部長などを務めた尾関謙一郎さん。取材する側・される側、双方の立場を経験したことで、両者に横たわる「溝」を感じ、それを埋めようと「メディアと広報研究所」を主宰されています。子どものときから新聞記者を志し、思い通りにいかない経験をしても諦めず、夢をつかみ取った尾関さん。その秘訣とともに、新聞記者という仕事の醍醐味、ネットメディアが隆盛する中における新聞ならではの役割などについて、うかがいました。

メディアと広報の「越すに越されぬ溝」を埋めるために

尾関 謙一郎さん

私が新聞社を定年退職したのは2010年。その1年前に、定年後に向けて3つの目標を作りました。1つめは「地元への貢献」です。これは地元の教育委員や少年野球チームの代表という形で実現しています。2つめは「マスコミの後輩を育てる」。実際、複数の大学でマスコミ論や広報メディア論を教え、10数人の教え子を記者として送り出すことができました。そして3つめが、「メディアと企業広報をつなぐ」ことです。そのために「メディアと広報研究所」を立ち上げて活動しています。

私は新聞記者として約20年、さまざまな企業や人物を取材し、その後約15年は広報部長や宣伝部長など務め、取材を受ける側になりました。立場が逆転し、取材する側・される側の両方を経験したことで、メディアと広報にはお互いに「誤解」があることに気づいたことが、この研究所を立ち上げるきっかけになりました。

「誤解」とは、例えばメディア側は、「企業の広報は自分の会社をガードするだけ。自社内のことはよく知らないのに、マスメディアに対しては偉そうにしている」。その一方、広報を仕事にしている側は、「メディアはわかったふりをして聞いているが、本当にわかっていないのではないか」といったことです。それぞれが勝手に思い込み、「越すに越されぬ溝」がある。その溝を埋めたくて定年退職を機に活動を始めました。

具体的には、企業広報の幹部、中堅、若手担当者を対象に、メディア関係者を講師に招き、マスコミ業界の実情や取材対応のコツなどを解説する研修を開催したり、企業広報についてのコンサルティングを行ったりしています。

こうした研修は、他でも開催されていますが、多くは参加者が40~50人規模です。対して私の研修会では、「少人数広報研修会」と銘打ち、最大でも10数人、かつ1業種1社としています。そうすることで、よりホンネで語り合いやすく、濃い情報交換が期待できるのです。

近年はデジタル化、リモート化が進み、直接会わなくて済むことも増えてきました。コロナ禍でそうした傾向は加速してきています。しかし私は、コミュニケーションというのは直接会ってこそ深まるものだと考えています。そこをどうカバーできるかが、これからの課題です。

私の研修会もコロナ禍でオンラインでの実施となって、ちょっともどかしく感じているところです。一方でSNSなどにより、いろいろな情報が簡単に得られるようになってきました。企業も、よりメディアを意識することが増えてきているのではないかと思います。

尾関さんが公文式学習法に期待することとは?

関連記事

2022/01/28更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/05/07更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!