スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/05/28更新

Vol.068

特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
  前編

これから求められるのは
自ら課題を発見して解決できる人材

佐藤 昌宏 (さとう まさひろ)

デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐。一般社団法人教育イノベーション協議会代表理事。内閣官房「教育再生実行会議 技術革新ワーキング・グループ」委員、文部科学省 教育再生実行アドバイザー、経産省「『未来の教室』とEdTech研究会」座長代理など、国の教育改革に関する委員を数多く務める。著書に『EdTechが変える教育の未来』(インプレス)。

時代の変化がよりスピードを増しているように感じられるなか、「どんな時代、どんな状況になっても、子どもたちが伸びていくために大切なことは何か?」――これからの子どもたちに求められる力、そして育みたい力について、各界の識者とともに探っていきます。
今回は、EdTech(=Education[教育] × Technology[テクノロジー])の第一人者として、国が推進する教育改革への提言に関わる委員などを数多く務められている、デジタルハリウッド大学 教授・学長補佐の佐藤昌宏先生をお迎えして、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。今回お届けする前編では、これから求められる人材像や未来の教育の在り方、ICT(=Information and Communication Technology[情報通信技術])を軸とした時代の変化について、後編ではKUMONらしいICTの活用について意見を交わしました。

これからの時代に求められる力

特別対談:佐藤昌宏,池上秀徳

佐藤昌宏先生(以下、佐藤):日本では学習指導要領が改訂されて、主体的な学びができる子どもたちを育てていくという流れにあります。これからますます不確実で不確定なことが起こっていくであろう世界で、日本も多くの課題を抱え、誰もが経験したことのない問題に直面していきます。答えのない問いにどう答えていくか、試行錯誤しながら主体的に学んでいく子どもたちを育てていくことが、世界的な傾向でもあります。
新型コロナウイルスの流行はその象徴的な問いのひとつですね。予測できない問題をどのようによりよく解決していくのか、主体的な学びは子どもたちだけでなく、今この世の中を生きているすべて人たちに求められます。

公文教育研究会 池上(以下、池上):コロナ禍で教育現場でも、一斉休校にともなうオンラインでの授業など、これまでにない大きな変化が起こりました。私たちKUMONの社員もリモートワークをより推進したり、公文式教室で学ぶ子どもたちにはご自宅でも学習していただけるように、オンラインを活用した学習のサポートを公文式教室の先生方と協力しながら進めているところです。

佐藤:社会が大きく変化していることを実感しますね。変化があたりまえだからこそ、言われたことをやり続けるというよりは、自ら課題を発見して解決できる人材が求められているんだろうなと思います。当然、教育の方法も、求められる能力もそれに基づいて変化していくでしょう。

池上:先を見通せないからこそ、主体的に学び、課題を考えて、それを解決するために人と協力しながらやっていける人材が求められると思います。公文の理念として掲げている「健全にして有能な人材」を育成することは私たちの使命です。有能さというのは時代を超えて様々な意味があると思いますが、モチベーションと集中力とやり抜く力は土台として必要です。
また健全であるために、創始者である公文公会長は読書を重要視しました。読書によって何ができるかというと「健全な見方」、つまり自分のものの見方だけじゃなくて、他の人には違う見え方があり、物事のいろいろな見方の存在がわかる。近年でいうダイバーシティ(=多様性を活かす)の礎ですね。

佐藤:読書というのは、身に付けた知識を知恵にかえていくフェーズに必要なんでしょうね。現代では、読書だけではなくインターネットで動画を見ることで、経験したことのない情報を得ることや、さまざまな考え方に触れられたり、学びの機会がより多様化しています。
学習の方法はひとつじゃないと思うんですね。そして、学校教育も変わろうとしている。学校が民間とも連携して、それぞれの役割は何なのか、それこそKUMONのやるべきことと学校のやるべきこととが連携できるといいですよね。

池上:たしかにそうですね。これからの未来を創る子どもたちを育てたいという思いは同じですから、今後ますます連携できるとよいと思います。

最先端教育である公文式の役割・使命

関連記事

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
Vol.412
子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!
世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.080 後編
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.080 前編
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!