スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/10/29更新

Vol.070

特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
  前編

学び合いが創り出す
KUMONならではのホスピタリティ

原 良憲 (はら よしのり)

兵庫県姫路市出身。1981年東京大学工学部電子工学科卒業。1983年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2005年京都大学博士(情報学)。1983年日本電気株式会社入社以来、日本と米国・シリコンバレーの研究拠点で、メディア情報管理などの研究・事業開発に従事。2006年より京都大学経営管理大学院教授(現職)。同大学院院長(2018~2020年)、サービス学会会長、日本学術会議連携会員、京都市ベンチャー企業目利き委員会審査委員など。

各界の識者とともに、教育の未来やKUMONのこれからを探っていく対談シリーズ。今回は、サービス・イノベーション、インテグレイティド・ホスピタリティなどを専門に、京都大学経営管理大学院にて教鞭をとる原 良憲教授にお越しいただき、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。前編ではサービス業としてのKUMONの特色、KUMONならではのホスピタリティについて意見を交わしました。

京都の老舗に気付かされた対人サービスの重要性

公文教育研究会 池上(以下、池上):本日はよろしくお願いいたします。原先生はどのような経緯で現在のご専門を選ばれたのですか?

特別対談:原良憲教授,池上秀徳

原 良憲教授(以下、原):元々専攻は電子工学で、京都大学に着任する前はITメーカーでソフトウェア研究開発に携わり、新しい研究所を作るため米国シリコンバレーに赴任しました。10年ほど駐在している中で、GAFAの登場やアメリカ同時多発テロなど、いろいろな変化や事件がありました。研究開発から新しい会社を作るなど、新事業開発を行った経緯から、2006年に新設された京都大学経営管理大学院において、イノベーション・マネジメントやサービス・イノベーションに関する教育研究に従事しています。
シリコンバレーにいた当時は、ITのコモディティ化、たとえば、液晶テレビが発売当初は高価でも技術革新や市場拡大とともに価値が下がってしまう現象に、もどかしさも感じていました。しかし、京都に戻ってくると創業何百年という老舗、伝統芸能や、寺社仏閣などの価値が長続きしていることに目を奪われました。そこで対人サービスに関心を持ち、おもてなしやホスピタリティ(相手への気づき・理解)の教育研究を行っております。そのような中、サービス産業の次世代経営・創造人材育成プログラムを産官学で共同開発し、2015年度から京大で社会人向けコースとして開講いたしました。その時にご一緒させていただいたのが、KUMONでした。

池上:工学系の研究者として学ばれてからサービスや経営へ、というのは大きな転身ですね。テクノロジーも大事だけど、おもてなしやホスピタリティに関心が移られたと。

原:デジタルトランスフォーメーションの時代において、ロボットやAIを導入することで人間の仕事がなくなるということではなく、どう役割分担すると人の能力が発揮されるか、といった視点が重要ですね。
私たちの分野ではサービス・ケイパビリティ(※)と言っていますが、これから人材不足が深刻になっていくであろうサービス産業の中で、人とテクノロジーをどういう塩梅で組み合わせていけば良いサービスを生み出せるのかということは、重要なテーマであります。
※利害関係者や人的資源などの制約を考慮し、収益性・事業持続性・顧客関係性などの指標に対して、サービスにまつわる価値を活用する能力。

池上:様々なサービス産業においてテクノロジーによる生産性の向上は必要ですが、そこを担う優秀な人材をいかに見つけていくか、早く育てていくかは企業としてのケイパビリティですね。社員や指導者がお客様(生徒・保護者)に良いサービスを提供できるようにしていくことはこれまでと変わらないですが、それに加えてテクノロジーをどのように活用してそれを実現していくかは、KUMONにとって大切なテーマのひとつでもあります。

教育サービスにおけるホスピタリティ

関連記事

2021/11/05更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.456
ドバイにFC第1号公文式教室開設
子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい
Vol.455
TOEFL®を活用したEdTechツールの共同実証が学校現場でスタート!
英語力チェックアプリと自習アプリで アセスメント+学習の個別最適化を実現
Vol.454
輝く!大人からのKUMON―フランス語・公文書写・脳の健康教室
何歳からでも何歳まででも 生き生きと学び続ける
Vol.453
3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!
プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 後編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!