トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > もり内科クリニック院長/布施医師会(東大阪市)理事 田仲みすず先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/11/27更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生  後編

「できること」「得意なこと」に目を向けよう
できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる
「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

田仲 みすず (たなか みすず)
三重県生まれ。近畿大学医学部卒業後、大阪大学第二内科入局。その後市立吹田市民病院、大学病院を経て学位取得。人間ドック中心のクリニックに勤めた後、石垣島の診療所にて約3年間勤務。その間、高速船で離島への診療も行う。大阪に戻ってからは、急性期医療・慢性期医療の両方に対応したミックス型病院にて働く。その後勤務した介護老人保健施設に「学習療法」を導入。クリニック開業後も「認知症サポート医」として「学習療法」の実践と普及活動を継続。2019年には所属する布施医師会に「脳の健康教室」開講を働きかけ、東大阪市の「一般介護予防事業」として実現。地域のコミュニティづくりにも貢献している。

「身近で何でも気軽に相談できるかかりつけ医」をめざし、内科・小児科のクリニックを運営する田仲みすず先生。さまざまな診療現場を経験する中で、「生きる」上での質の重要性を実感し、訪問診療や往診にも注力する一方、認知症維持・改善のための「学習療法」、認知症予防としての「脳の健康教室」の活用・普及にも精力的に取り組まれています。エネルギーとユーモアにあふれた田仲先生ですが、幼い頃から「人生は修行」と思い続けていたとか。これまでの道のりを振り返っていただきながら、学習療法の導入や脳の健康教室開講に至る経緯や効果、認知症ケアの現場で感じることなどについてうかがいました。

子どものころから「人生は修行だ」と思い続けていた

もり内科クリニック院長・東大阪市布施医師会理事 田仲みすず先生

私はマジメでコツコツ勉強してはきましたが、子どものころからお医者さんになりたいと思っていた訳ではありません。進路に悩んでいた高校時代、父に「ライセンスがある仕事がいいのでは?」と言われて、そこから医学部を目指すことにしました。あまり言われたことはありませんでしたが、父は私を医師にさせたかったのでしょう。

父はいくつになっても最先端の技術を学ぶなど勉強熱心で、母も50代から英語を独学し、単身で海外へ行くような活力ある人。でもそんな両親から私は一度もほめてもらったと感じることがなく、毎日楽しいと思うことも出来ず、「人生は修行だ」と思っていました。ですから大人になり、友人が「小学校のころは楽しかったよね」などと話しているのを聞いて、心底びっくりしました。ほかの人は「人生は楽しい」と思っていたのか!……と。

私は医学部時代に「将来は実家を継ぐ」と決めたので、それまではやりたいことをやろうと、卒業後はいろいろな医療現場へ行きました。沖縄・石垣島の診療所でも働き、離島や無医村地区にも通いました。沖縄はのんびりしていると思ったら、観光地の竹富島などは島民が観光客に合わせた生活をしているので、船がつく合間に診察や投薬をせねばならず、ものすごく忙しい。実際に現場に行かないとわからないものですね。

大阪へ戻った後は、元いたクリニックの系列病院のホスピタルドクターになりました。クリニックと病院とでは、やるべきことや知識が違うので戸惑いました。褥瘡(じょくそう)を学ぶなど得られた経験もありましたが、「介護保険制度についてなど、もっと別の事を学びたい」と感じ、1年半で介護老人保健施設(老健施設)に移りました。

在宅復帰を目標とした老健では、数ヵ月間入所して医師や看護師は個人の状態や目標にあわせたプログラムを提供します。身体の状態を「点」で見ている通院に対し、老健では「線」で見られます。介護保険制度も学べますし、老健での経験は今後自分のクリニックで在宅医療をするときに役立つと考えました。

老健に移る直前に学習療法に出合ったわけですが、じつはそれまでは認知症にそれほど関心があったわけではありません。ですが、そこでたくさんの認知症の方と触れ合い、開院したら「そうした方の役に立つ診療所にしたい」との思いが募りました。ここでの経験が、私のライフワーク「認知症の方の生活の質を上げること」「そのためのひとつの方法として学習療法を実施、普及すること」を作ってくれたのです。

認知症の方の気持ちに寄り添ったサポートを地域でも

関連記事

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

KUMONグループの活動  2016/09/06更新

Vol.172 学習療法-「脳の健康教室」はどんな「教室」?

高齢者もサポーターも笑顔がいっぱい 「脳の健康教室」

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2018/11/27更新

Vol.283 学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま

「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!