トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授 山田 仁一郎先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/10/05更新

Vol.050

大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生  後編

「学問」は先人から受け取った
人類の「知恵の蓄積」
未来につなぐため、学び続けよう

山田 仁一郎 (やまだ じんいちろう)

東京都生まれ。中央大学商学部を卒業後、北海道大学大学院経済学研究科博士課程修了。経営学博士。香川大学経済学部専任講師、助教授や英国・クランフィールド大学マネジメントスクール客員研究員、フランス・ボルドー経営大学院客員教授、九州大学客員准教授などを経て、2016年より大阪市立大学大学院経営学研究科教授。著書『大学発ベンチャーの組織化と出口戦略』(2015年・中央経済社)は、平成 28 年度日本経営学会賞を受賞。共著に『アントレプレナーシップ入門 ベンチャーの創造を学ぶ 』((2013年・有斐閣)など。

「アントレプレナーシップ」をテーマに研究活動を行う山田先生。学生時代は作詩や雑誌づくりなど創作活動に励む一方、他大学の講義を聴きに行くなど、貪欲に「学問」を吸収し、研究者としてご活躍されています。ご経歴からは順調に学びを究めてこられたように感じますが、家庭の事情で少年期や思春期は波乱に満ちたものだったそう。しかし、ネガティブな問題(ライフイベント)も「ギフト」と捉え、いまの自分があるのも「学問のお陰」と、その大切さを強調します。先生にとって、「学問」とはどのようなものなのでしょうか。公文教育研究会との共同研究の検証結果もあわせてうかがいました。

自分の興味を探索するため、他大学のさまざまな講義を聴講

大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授 山田 仁一郎先生

私は生まれは新宿ですが、体が弱かったこともあり、3歳の時に環境のよい北海道に引っ越しました。父は管理会計の研究者でありながら、いくつか事業も営んでいました。ぼくはチェロや絵を習ったりスキーをしたりと、子ども時代はいろんなことをしていました。ちょっと変わっていたのは、家庭内のDVもあったためか「あの世」に興味があり、お墓の絵ばかり描いていたことです。心の縁(よすが)を求める不安定な人間だったのだと思い返します。

中学生になると、文章で表現することが好きになり、詩を書くようになりました。当時は精神科医になりたいと考え、大学は医学部を受験しましたが、失敗。浪人のときに文転し、中央大学商学部に進みました。公認会計士サークルに所属しながら絵本作家の個展の絵に展示会ごとに詩をつけて絵本を出版したり、他大学の友人と雑誌をつくったりと、20代前半はクリエイティブワークに励んでいました。

商学部では最初は環境監査などを学びましたが、社会問題に関心があり、会計学よりも「変わったことをする人」と、「それをどう組織化するか」という経営組織論に興味が移りました。じつは大学時代は、他学部の授業のほか、哲学や仏教、言語学など、他大学で行われているさまざまな授業を聴きに行っていたのです。どの学問であれば社会の問題解決ができるか、何が一番おもしろいか、「人間のための学問とはなにか」を探していたのですね。

卒業後は、恩師に大学院に行くことを勧められ、北海道大学大学院に進学しました。北大に決めたのは、現在青森大学学長の金井一賴(かずより)先生の授業を受けたかったからです。さまざまな論文や書籍を読むなかで、「この先生の授業は面白そうだ」と感じたのが決め手でした。金井先生のほかにもさまざまな先生に導かれて、いまがあると思っています。その意味では先生と縁をもつのはとても大事。教師の仕事は「知的な誘惑」だといえるのではないでしょうか。

大学院を卒業後はコンサルティングファームに就職するつもりでしたが、幸いにも日本学術振興会(JSPS)の特別研究員に採用され、研究者の道を歩むことになりました。

「学問」の意味とは?

関連記事

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2013/11/22更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!