KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/05/24更新

Vol.152

「認知症に関する意識や実態調査」結果  

家族には迷惑をかけたくない
認知症と介護への不安と
治療・予防法への期待~

 

高齢化社会が進む中、テレビや新聞などで認知症に関する話題を耳にしない日はありません。このたびKUMONでは、20代から60代の方々を対象に、老後や認知症に対する人々の意識や実態を把握するためにアンケート調査を行いました。そこから見えてきたのは、認知症への不安、そして「学習療法」など、症状を改善する取り組みへの期待でした。

老後への「理想」と「不安」

【調査概要】
調査手法:インターネット調査
調査エリア:全国
回答者:20歳~69歳の男女1000名
調査期間:2016年3月16日~18日

この調査ではまず、「どんな老後を送りたいですか?」を聞きました。希望する老後のトップ3は、「お金に余裕を持って過ごしたい」、「プライベートな時間を大切にしたい」、「いつまでも健康でありたい」でした。また「家族に迷惑をかけたくない」、「家族や子どもに頼らなくても済むようにしたい」も9割を超え、老後に周囲の負担になりたくないという意識も強く持っているようです。

一方、「老後に対する不安」について聞いたところ、68.4%の方々が「自分自身の老後への不安」を感じているという結果となりました。具体的な不安の内容としては、「経済的な不安」がトップで、以下「病気への不安」、「体力への不安」、「病気による介護への不安」、「認知症への不安」と続きました。2位以下は、病気・体力・認知症と、老化にともなう身体に及ぼす影響に対する不安が大きいことがわかります。

 

家族には迷惑をかけたくない

次に「認知症」についてうかがってみました。「認知症」については、98.5%が「知っている」「名称は聞いたことがある」と回答。関心度も79.0%と高く、国民病として高い関心がもたれているといえます。また、「認知症について知っていること」を聞くと、「徘徊の症状がある」「記憶障害をおこす」という2点は8割以上の方が、治療や療法に関しては、「病気の進行とともに徐々に症状も進行、現状は進行を遅くする方法しかない」「認知症を治癒する方法はまだ見つかっていない」ことをそれぞれ7割以上の方が、「知っている」と回答しました。男女とも、年代が高くなるほど認知症について知っている内容が多くなる傾向があり、全体的には男性より女性のほうが知っている割合も高めであるという結果が出ました。

つづいて、認知症に関する不安について聞いたところ、自分自身の認知症への不安度は全体では59.8%の方が「不安を感じる」と回答。年代別に見ると、20代が47.7%であるのに対し、50代では67.7%、60代では62.2%と、年齢があがるほど不安度も上がる傾向にありました。

認知症を発症した時に感じる不安の内容は、「家族に身体的・精神的な負担をかけてしまう」がトップで、以下「人の世話がないと生活ができなくなる」、「日常生活が送れなくなる(衣食住)」、「身内のことを忘れてしまう」と続きます。

また「認知症を発症した時に、誰にサポートを受けたいか?」についてうかがうと、「高齢者介護施設」「高齢者サービスのある住宅」と、家族介護よりプロの介護を望むと答えた方が多いという結果でした。希望する老後についての「家族に迷惑をかけたくない」という回答も合わせてみてみると、“介護などで家族の手を煩わせたくない”という気持ちが垣間見えるようです。

利用を希望する認知症の治療や進行を抑える療法は?

関連記事

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

KUMONグループの活動  2013/09/03更新

Vol.001 学習療法-石巻市の被災地支援に「脳の健康教室」

「心の復興」を遂げた 他団体との協働 東日本大震災での支援活動 宮城県/石巻市・牡鹿半島侍浜「脳とからだの健康教室」より

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!