トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授 山田 仁一郎先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/09/28更新

Vol.050

大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生  前編

「学問」は先人から受け取った
人類の「知恵の蓄積」
未来につなぐため、学び続けよう

山田 仁一郎 (やまだ じんいちろう)

東京都生まれ。中央大学商学部を卒業後、北海道大学大学院経済学研究科博士課程修了。経営学博士。香川大学経済学部専任講師、助教授や英国・クランフィールド大学マネジメントスクール客員研究員、フランス・ボルドー経営大学院客員教授、九州大学客員准教授などを経て、2016年より大阪市立大学大学院経営学研究科教授。著書『大学発ベンチャーの組織化と出口戦略』(2015年・中央経済社)は、平成 28 年度日本経営学会賞を受賞。共著に『アントレプレナーシップ入門 ベンチャーの創造を学ぶ 』((2013年・有斐閣)など。

「アントレプレナーシップ」をテーマに研究活動を行う山田先生。学生時代は作詩や雑誌づくりなど創作活動に励む一方、他大学の講義を聴きに行くなど、貪欲に「学問」を吸収し、研究者としてご活躍されています。ご経歴からは順調に学びを究めてこられたように感じますが、家庭の事情で少年期や思春期は波乱に満ちたものだったそう。しかし、ネガティブな問題(ライフイベント)も「ギフト」と捉え、いまの自分があるのも「学問のお陰」と、その大切さを強調します。先生にとって、「学問」とはどのようなものなのでしょうか。公文教育研究会との共同研究の検証結果もあわせてうかがいました。

新しい事業は「常識を疑う」ことから生まれる

大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授 山田 仁一郎先生

私はアントレプレナーシップの専門家として、大学院で学生に「アントレプレナーと経営戦略」をテーマに講義をするほか、企業の外部取締役なども務めています。
「アントレプレナーシップ」はもともとフランス語です。日本語でニュアンスを伝えるのは難しいのですが、「アントレプレナー」というのは、「企業家」「事業家」「経営者」といわれる人たちの中でも、とくに「リスクをとって新しい事業を創造する人」を指します。皆が気づいていないのに、「この見方を変えたら価値があるのでは」というように、既存のルールに挑む「常識を疑い、代替案を出す人」ともいえます。

そもそも事業というのは、何か「困ったこと」があったとき、それを解決するために生まれるものですが、そこに至るまでにはいろいろな制約があります。その制約があるにもかかわらず可能性を追求し、困難に向き合いながらも新しい事業を創造するという、ある意味矛盾した営みをすることが「アントレプレナーシップ」です。ただ矛盾しているので、じつは徒労に終わることも多い営みでもあります。

しかし、その過程で別の掘り出し物を見つけることもあり、それはそれでおもしろいと思えたり、何も得られなくても「いい旅だった」と思えたりする。そんな精神力や世界観も、アントレプレナーシップの考え方といえるでしょう。

私が経営学に関わるようになったのは、1990年代からですが、当時から「科学技術の事業化」に関心がありました。のちに書いた「大学発ベンチャーの組織化と出口戦略」(中央経済社)という著作では、科学技術をビジネスにする過程で、何が問題になるのか、どうしたらそこに関わった人たちにとって納得できる帰結になるのかといったことをまとめ、平成28年度日本経営学会賞(第90回大会)をいただきました。

学習療法に興味をもった3つの視点とは?

 

関連記事

2018/10/05更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

KUMONグループの活動  2015/07/07更新

Vol.094 学習療法-SIBを導入した調査事業

介護施設を支える 仕組みを構築したい 「学習療法」がソーシャル・インパクト・ボンド(SIB) 調査事業として採択

KUMONグループの活動  2020/10/09更新

Vol.374 感染対策の中での学習療法

こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!