KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/07/07更新

Vol.094 学習療法-SIBを導入した調査事業  

介護施設を支える
仕組み構築したい
「学習療法」がソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)
調査事業として採択

KUMONは、経済産業省が行うソーシャル・インパクト・ボンド(以下SIB)の導入を前提とした実証調査事業に採択されました。介護予防分野としてSIB調査事業を行うことは、日本初。今回は、学習療法がSIB調査事業に認められた意義をお伝えします。

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)とは

SIBは、2010年にイギリスで開発された社会的投資モデルです。世の中の役に立つ良い事業なのに、利益を生む構造ができていないため、資金が得られず継続が見込めない事業に対し、投資家を募ります。そしてその事業によって国や自治体のコストを削減できた場合、事業を手がけた企業や投資家に成功報酬を還元するという仕組みです。

※詳しくは記事末尾の関連リンクから、プレスリリースをご覧ください。

 

「学習療法」の3つの効果

学習療法は、認知症の維持・改善および予防に効果のある非薬物療法です。脳機能の改善はもちろんですが、導入されている施設の中でその他のさまざまな効果が表れることがわかっています。

※「学習療法」について詳しくは記事末尾のリンクを参照ください。

1.学習者にとっての効果(認知症周辺症状の改善)
認知症は「薬で進行を遅らせることはできても、改善するのは難しい」と考えられていますが、学習療法を続けることで周辺症状が改善したという事例が数多く見られています。例えば、「ずっとおむつをされていた方が尿意を訴え、自らトイレに行けるようになった」、「夜中の徘徊がひどかった方が、徘徊がおさまり夜ぐっすり寝られるようになった」、「娘や孫の名前を忘れてしまった方が、ある日訪問してきた娘と孫の名前を当たり前のように呼んでいた」など、症状が劇的に改善されたケースが、数多く報告されています。

2.家族にとっての効果
認知症の方がその人らしく生きていくことは、ご家族にとっては何よりもうれしいことです。学習療法を通じて認知症高齢者が元気になっていく姿にご家族が喜び、介護スタッフが感謝されるようになると、施設からも家族へ日々の様子が細かく報告されるようになる…という良いサイクルが生まれます。学習療法は、施設と利用者のご家族との信頼関係を深めることにも役立っているのです。

3.介護スタッフ・施設への効果
介護スタッフは、三大介護と呼ばれる食事、排泄、入浴のサービスに多くの時間が取られ、精神的な負担はかなりのものであると言われています。しかし、学習療法により利用者とのコミュニケーションが増えてくると、日々のケアを工夫するようになり、仕事に対するやりがいを見出すことができるようになります。結果、離職率が高いと言われている介護スタッフの施設への定着が促され、施設自体の運営にも良い影響が出てきます。

現在、学習療法は国内約1600の介護施設で導入されていますが、これらの施設での実践により、学習療法は高齢者ご本人、家族、施設にとってさまざまな効果があることがわかっています。

 

SIB調査事業の意義 ~介護施設のジレンマから~

このように利点の多い学習療法ですが、施設が抱えるジレンマがあります。それは、「現在の介護保険制度では、学習療法を実施した結果、入所者の要介護度が下がると施設の収入が減ってしまう」という現実です。

このほど、認知症の方への医療や介護で社会全体が負担している費用が14.5兆円という推計が厚労省研究班から出ました。2015年度に行うSIB調査事業では、学習療法をSIBの仕組みを使って導入した場合、介護度の良化がどの程度の公的コスト削減につながるかを明らかにしていきます。そして2017年度には実際にSIBのスキームを稼働させることを目標にしています。

各自治体で「要介護度の改善によって削減されたコストの一部を、介護施設に還元する」という仕組みが採用されれば、介護施設のジレンマは解消され、経営改善にも寄与することができるようになるのです。KUMONは、SIBの実証調査を通して、地域の介護をよりよくする活動に貢献していきたいと考えています。

 

関連リンクSIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)調査事業が経産省委託事業として採択 | プレスリリース
学習療法センター
学習療法の記録がドキュメンタリー映画になりました

タグ

関連記事

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

認知症高齢者を支える周りの方々にも 「希望の光」を

KUMONグループの活動  2013/09/03更新

Vol.001 学習療法-石巻市の被災地支援に「脳の健康教室」

「心の復興」を遂げた 他団体との協働 東日本大震災での支援活動 宮城県/石巻市・牡鹿半島侍浜「脳とからだの健康教室」より

KUMONグループの活動  2014/06/10更新

Vol.040 学習療法シンポジウム

学習療法・脳の健康教室を 最大限に活かす 学習療法シンポジウムin福岡(第10回全国学習療法研究大会)

KUMONグループの活動  2016/09/06更新

Vol.172 学習療法-「脳の健康教室」はどんな「教室」?

高齢者もサポーターも笑顔がいっぱい 「脳の健康教室」

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONグループの活動  2020/07/28更新

Vol.365 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点④            <家庭教育>

KUMONグループの活動  2020/07/22更新

Vol.364 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本

KUMONグループの活動  2020/07/08更新

Vol.363 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)

親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.071 前編
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!