スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生  前編

英語は新しい文化
教えてくれる「扉」
楽しみながら学んでいこう

町田 智久 (まちだ ともひさ)
東京都生まれ。信州大学教育学部を卒業し、羽村市立羽村第三中学校を皮切りに、12年間、東京都の中学校英語教師として複数の中学校に勤務。教鞭を執りながら東京学芸大学大学院にて修士号取得。その後、東京都教職員研修センターで1年間教員研修に携わった後、台東区立の中学校へ。1年4ヵ月の勤務後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院へ留学し、博士号取得。2011年4月に帰国して国際教養大学国際教養学部の講師に。2015年4月より同校グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院)英語教育実践領域の准教授。

2020年に小学校で英語が教科化されることを受け、英語教育への関心が高まってきていると同時に、教員の指導力にも期待と不安が寄せられています。そうしたなか、教育委員会をはじめ秋田県内の各自治体と協働し、TOEFL Primary®を活用した小中学校の英語教育や授業法の研究を進めているのが、国際教養大学の町田智久先生です。いま子どもたちにはどのような英語力が求められていて、今後日本人の英語はどう変わるのか ――中学校の英語教師としても実績を積まれた町田先生に、この研究に進まれた背景も含め、うかがいました。

英語教師の「不安」や「自信のなさ」の軽減が
子どもにとってのよい授業につながる

私の研究テーマは大きく2つあります。ひとつは小学校英語教育です。小学校の先生方がどういう教え方をしたらより子どもたちにとって効果的か、教え方の研究をしています。具体的には現在、秋田県教育委員会や県内各市の教育委員会と協力しながら教員向け研修プログラムを作っています。今年で6年目になりますが、毎年夏休みに、40人の先生にここ国際教養大学に集まってもらい、一週間缶詰になって英語教育を学んでもらっています。

このプログラムの狙いのひとつに、先生方の「英語を教える不安」を軽減することがあります。それが私のもうひとつの研究テーマ「外国語不安」です。日本人の多くは「英語は苦手」といい、私が実施した調査では小学校の先生の85%が「英語が不安」と回答しているほどです。2020年から英語が教科化されるのに、その状況ではいい授業はできません。そこで、先生方の英語への不安を和らげるプログラムを実施しています。

日本の小学校の先生には、ネイティブスピーカーのALTにはない小学校の先生ならではの「強み」があります。まず、当然のことですが日本語で子どものわからない部分を聞き取れること。そして他の教科も教えているのでその関連性を考えながら授業ができることなどです。

プログラムでは、そうした強みがあることをまず、理解してもらいます。そのうえで、本学には留学生が大勢いますから、参加した先生方が彼らと話す場を用意します。今まで外国人と話したことがない先生もいますが、「英語が通じた」ことが成功体験になり、それを積み重ねながら、授業で使えるフレーズを学んでいきます。

こうしたプログラムを受けることで、県内に「自信がついてきた」という先生が増えてきました。夏休みの研修プログラムでは毎年40人しか受講できないので、本学で受講した先生がリーダーとなって地域に広めてもらっています。この4月からは、これまでのプログラムを凝縮した校内研修用のDVDを秋田県内の小学校に配布する予定です。

子どもに求められる英語力とは?

関連記事

2018/03/30更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

2017/11/02更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!