スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/03/30更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生  後編

英語は新しい文化
教えてくれる「扉」
楽しみながら学んでいこう

町田 智久 (まちだ ともひさ)
東京都生まれ。信州大学教育学部を卒業し、羽村市立羽村第三中学校を皮切りに、12年間、東京都の中学校英語教師として複数の中学校に勤務。教鞭を執りながら東京学芸大学大学院にて修士号取得。その後、東京都教職員研修センターで1年間教員研修に携わった後、台東区立の中学校へ。1年4ヵ月の勤務後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院へ留学し、博士号取得。2011年4月に帰国して国際教養大学国際教養学部の講師に。2015年4月より同校グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院)英語教育実践領域の准教授。

2020年に小学校で英語が教科化されることを受け、英語教育への関心が高まってきていると同時に、教員の指導力にも期待と不安が寄せられています。そうしたなか、教育委員会をはじめ秋田県内の各自治体と協働し、TOEFL Primary®を活用した小中学校の英語教育や授業法の研究を進めているのが、国際教養大学の町田智久先生です。いま子どもたちにはどのような英語力が求められていて、今後日本人の英語はどう変わるのか ――中学校の英語教師としても実績を積まれた町田先生に、この研究に進まれた背景も含め、うかがいました。

教師になるつもりはなかったが
教育実習で子どもたちにかかわる楽しさを知る

私はもともと中学校の英語教師でしたが、小さい頃は教員になる気はまったくありませんでした。実家は米軍横田基地のそばで、米軍向けのホテルを経営し、また祖父がアメリカに留学経験があったため、アメリカには憧れを抱いていました。学校以外で英語を習っていたことはありませんが、中学時代は家に帰るとずっと米軍関係者向けのラジオFEN(現在のAFN)を聴いていました。そのうち突然、ラジオの英語が理解できるようになったりしました。高校は進学校とされる都立高校に進みましたが、部活のテニスとラジオの日々。勉強に熱心ではありませんでしたね(苦笑)。

ところがある時、アメリカから交換留学生が来て私がそのお世話係になりました。日本語がまったく話せない彼に日本文化を教えたりアメリカのことを聞いたりして一年間過ごすうち、あらためて英語はおもしろいと実感しました。

その後、信州大学教育学部へ進学しました。浪人したこともあり、学部はどこでもよかったんです。教師になる気もなかったのですが、学費を出す条件として、父に教育学部に入ったので教員採用試験を受けることを約束させられました。ただ、私は教員採用試験に受かっても就職は一般企業に、と最初は思っていました。

それが大学3年生の時、大学附属の小中学校で6週間の教育実習をしたら、とてもおもしろくて。指導教官も素晴らしい先生で、中学の英語教員になることに決めました。実習を通じて、未来のある子どもたちにかかわる楽しさとやりがいを感じたのです。

一方で、小さい頃からの夢だった留学もあきらめられず、教員になった直後もその思いは持ち続けていました。ところが中学校に勤め始めたらとても忙しくてそれどころではありません。授業をしていると、今まで自分が得た知識が脳みそから吸い取られていくような気がして、「自分も勉強しなくては」と、夜間に大学院に行くことにしました。

バレーボール部の顧問もしていたので、部活終了後にダッシュして通っていました。修士論文を書いた年は中学3年生の担任をしていました。「俺も勉強するから君たちも頑張れ」なんて励ましました。そして大学院を修了した時、勤務先の校長先生がフルブライト留学を勧めてくれたのです。

「外国語不安」をテーマにするきっかけとは?

関連記事

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

2017/11/02更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2020/04/14更新

Vol.350 Lexile®(レクサイル)指数とは?

自分に合った英語の本が探せる! ~相模大野図書館の多読推進の取り組み~

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!