スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/03/23更新

Vol.047

英語教育学者 町田 智久先生  前編

英語は新しい文化
教えてくれる「扉」
楽しみながら学んでいこう

町田 智久 (まちだ ともひさ)

東京都生まれ。信州大学教育学部を卒業し、羽村市立羽村第三中学校を皮切りに、12年間、東京都の中学校英語教師として複数の中学校に勤務。教鞭を執りながら東京学芸大学大学院にて修士号取得。その後、東京都教職員研修センターで1年間教員研修に携わった後、台東区立の中学校へ。1年4ヵ月の勤務後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院へ留学し、博士号取得。2011年4月に帰国して国際教養大学国際教養学部の講師に。2015年4月より同校グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院)英語教育実践領域の准教授。

2020年に小学校で英語が教科化されることを受け、英語教育への関心が高まってきていると同時に、教員の指導力にも期待と不安が寄せられています。そうしたなか、教育委員会をはじめ秋田県内の各自治体と協働し、TOEFL Primary®を活用した小中学校の英語教育や授業法の研究を進めているのが、国際教養大学の町田智久先生です。いま子どもたちにはどのような英語力が求められていて、今後日本人の英語はどう変わるのか ――中学校の英語教師としても実績を積まれた町田先生に、この研究に進まれた背景も含め、うかがいました。

自分の考えや思いを相手に伝えられる
「英語力」を身につけよう

英語教育学者 町田 智久先生

子どもに求められる英語力とは、「自分の考えや思いを、身振り手振りを含めて相手に伝えられる」ことだと思います。たとえば相手が言ったことがわからない時「もう一回言ってください」と言ったり質問したりできるコミュニケーション能力です。

小学生なら、「私はこれが好き。きみは?」「きみは毎朝何時に起きているの?」という身近な会話ができれば十分です。中学生になればより正確に話したり自分の住む地域について伝えたりでき、高校生では日本や海外についてディスカッションできるというように、コミュニケーションのレベルが向上できればいいですね。

もちろん母語ではないので日本語と同じレベルで話すのは無理でしょうが、自分の発達段階に応じて言えることも広げる必要があると思います。先生方は、そうしたことを視野に入れて子どもたちを指導しなくてはいけないわけです。その指導や評価に役立つものとして私が活用しているのがTOEFL Primary®です。

TOEFL Primary®の良さは、第一に小中学生のための英語のコミュニケーション能力を測るテストだということです。これからの教育はコミュニケーション能力が問われるので、時代に合ったテストだと思います。また「放課後、サッカーの練習があるんだよ」というような、学校や家庭などでの身近なシーンがテスト問題になっていて「こういう場面ではこうしゃべればいいのだな」と、テストでありながら目標とする英語表現が示されるところが良いと思います。

第二に、アメリカのテスト機関ETSが作成している世界基準のテストだということです。世界での自分のレベルがわかることに加え、アメリカの大学・大学院への留学に必要なTOEFLと同じ形式なので、早いうちからそれに慣れることができます。

第三に、リスニングとリーディングというインプットが中心のテストであることです。水を撒くにはたくさんの水をじょうろにためないといけないように、初級学習者はたくさんインプットを受けることが大事です。それがアウトプット(ライティングとスピーキング)につながります。

第四に、テストの結果が合否ではなくスコアで出ることです。合格してしまえば点数は気にしませんが、スコアが出れば、「次はここ」と次の学習につながりますし、どの辺ができなかったか確認もできます。文科省も使っているCEFRのレベルを参考にして世界の中での自分の位置がわかることや、リーディングに活かす上でLexileスコアがわかることも非常に便利です。

TOEFL Primary®の効果とは?

関連記事

2018/03/30更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

2017/11/02更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2022/04/19更新

Vol.442 慶應義塾普通部の英語教育

TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!