スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/03/23更新

Vol.047

英語教育学者 町田 智久先生  前編

英語は新しい文化
教えてくれる「扉」
楽しみながら学んでいこう

町田 智久 (まちだ ともひさ)

東京都生まれ。信州大学教育学部を卒業し、羽村市立羽村第三中学校を皮切りに、12年間、東京都の中学校英語教師として複数の中学校に勤務。教鞭を執りながら東京学芸大学大学院にて修士号取得。その後、東京都教職員研修センターで1年間教員研修に携わった後、台東区立の中学校へ。1年4ヵ月の勤務後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校大学院へ留学し、博士号取得。2011年4月に帰国して国際教養大学国際教養学部の講師に。2015年4月より同校グローバル・コミュニケーション実践研究科(大学院)英語教育実践領域の准教授。

2020年に小学校で英語が教科化されることを受け、英語教育への関心が高まってきていると同時に、教員の指導力にも期待と不安が寄せられています。そうしたなか、教育委員会をはじめ秋田県内の各自治体と協働し、TOEFL Primary®を活用した小中学校の英語教育や授業法の研究を進めているのが、国際教養大学の町田智久先生です。いま子どもたちにはどのような英語力が求められていて、今後日本人の英語はどう変わるのか ――中学校の英語教師としても実績を積まれた町田先生に、この研究に進まれた背景も含め、うかがいました。

TOEFL Primary®で子どもの潜在能力に気づき
教員の意識が大きく変化

英語教育学者 町田 智久先生
 東大曲小学校での指導の様子

現在、県内2つの小学校でTOEFL Primary®を実践しています。1校は、文部科学省「英語教育強化地域拠点事業」の地域拠点校となっている由利本荘市立由利小学校で、1年生から6年生まで全学年、英語の授業はすべて英語です。最初、先生方は躊躇されましたが、研修を受けてもらい、今では先生も子どもたちも「英語の授業は英語で」が普通になっています。

由利小では6年生は週に2時間英語を学習し、その6年生を対象にTOEFL Primary®を実施したところ、リスニングで4分の1が国際標準規格「CEFR」のA2レベル(中学卒業レベル)と、非常に高いスコアがでました。それも成果ですが、何より先生方の意識が大きく変わりました。「子どもたちはやればできるのだ。自分もがんばろう」と。その波及効果が大きいと思います。

もう1校は大仙市の東大曲小学校で、週1回、私が通って6年生を対象に、担任の先生と一緒にオールイングリッシュの英語の授業をしています。3年目になりますが、毎年違う先生と一緒に行ってきました。どの先生も最初は乗り気ではありませんでしたが、3ヵ月もすると英語で授業をするようになります。やはり上から言われるのではなく、子どもたちが実際に変わっていくのを目の当たりにすると先生方も一生懸命になります。教員のあるべき姿です。教材用のCDを登下校中に聴くなどして自学された先生もいます。この学校の6年生は21人しかいませんが、TOEFL Primary®のリスニングで CEFR のA2レベルに到達した子どもが5人いました。

もともと日本の小学校の先生の指導技術は非常に高いです。英語もふだん算数や国語での指導方法を活用して教えれば問題ないと思います。しかも英語の授業は、その場で子どもが単語を完全に覚えなくても、何度も同じ単語がくり返し出てくるので、次に進んでも大丈夫なのです。逆に言えば知らない単語を出してもよく、「なんとなくこんな意味かな」と子どもに推測させることが大事です。構えず気楽に、楽しければ子どもたちも英語を使うようになります。

最近オリンピックなどでもスポーツ選手が英語を使っているのを見て「あんな風に話せばいいんだ」という雰囲気が出てきていると思います。「I eat rice.」を「I eat lice.」と発音してご飯でなくシラミを食べるのか、などと言う人もいますが、前後の状況から考えればそんなものは食べないことくらい理解できます。発音を気にしすぎずに、まずは話をしてみることが大切です。

関連リンク
国際教養大学
GC&Tウェブサイト TOEFL Primary®有識者の声
公立小学校初!大仙市立東大曲小学校TOEFL Primary®実施レポート


 

英語教育学者 町田 智久先生

後編のインタビューから

-「外国語不安」をテーマにしたきっかけとは?
-町田先生が考える日本の英語教育のあるべき姿
-町田先生から子どもたちへのメッセージ

 
関連記事

2018/03/30更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

2017/11/02更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

KUMONグループの活動  2022/04/19更新

Vol.442 慶應義塾普通部の英語教育

TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!