トップ > KUMON now! > トピックス > 国語も算数もKUMON―株式会社ドコモ・プラスハーティ

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/06/26更新

Vol.262 国語も算数もKUMON―株式会社ドコモ・プラスハーティ  

メンタルヘルスケアにも
社会性の向上にもつながる
公文式による学習意欲 の広がり

ドコモグループ各社の障がいのある方たちの採用支援に取り組むドコモ・プラスハーティ。重度の知的障がいのある方たちを採用し、障がいの有無に関係なく、理解し合い、助け合いながら、安心して働くことのできる環境づくり・人材育成を行っています。同社、池袋センターでは、2013年10月から知的障がいのあるスタッフへの公文式学習を導入。週5日、国語と算数の集合学習が、それぞれ30分ずつ行われています。公文式を導入したきっかけや学習効果について、お話をうかがいました。

存在を肯定する「ほめる」「認める」が
気持ちの安定化と翌日のモチベーションに

まず初めに、公文式導入の経緯について、株式会社ドコモ・プラスハーティ業務運営部担当部長の岡本孝伸さんにうかがいました。


岡本孝伸さん

―― 知的障がいのあるスタッフの皆さんが、どのような仕事をされているのか教えてください。

岡本さん: 障がいのあるスタッフと指導員(ジョブコーチ)が共に行う「チャレンジドハウスキーピングシステム®」を導入し、現在は全国6カ所の拠点で79名の知的障がいのあるスタッフたちが清掃業務にあたっています。そのうち、東京の拠点の一つである池袋センターでは、事務室、休憩室等の衛生管理(消毒清掃)を実施。清掃スタッフ18名に対し、指導者であるジョブコーチが4名います。「清掃業務」と言っても、私たちが目指しているのは「プロフェッショナル」。ジョブコーチは国際医療福祉教育財団認定の「環境衛生士」の研修を受講し資格を取得。最高基準の病院清掃のやり方をベースとし、使用している用具や洗剤もプロ仕様のものを揃えています。

―― 公文式を導入しようと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

岡本さん: 開設当初、障がい者雇用で採用したスタッフが6名いたのですが、そのなかにダウン症のスタッフが1人いたんです。それで、「ダウン症の退行」について調べていたのですが、訪れたオープンセミナーで、偶然隣席に座っていたのがKUMONさんの社員の方だったんです。その方から「障がい者施設では公文式を導入しているところもある」というお話を聞いて興味を持ったのが最初のきっかけでした。セミナーの主催者に紹介していただいた講師の先生に、その時こう言われたんです。「障がい者にも学習支援は大事。社員の方に研修をやるのと一緒ですよ」と。その言葉に背中を押されて、「なるほど。うちの会社でも導入してみようかな」と思ったのが最初でした。翌年、2期生の8人が入って、14名から始めました。

―― なぜ、公文式を導入しようと思われたのでしょうか?

岡本さん: 知的障がいのある方の定着にあたって、課題の一つとして「老化・退行への効果的な対策」はどうしたらよいのかというものがありました。清掃業務の手順がわかってくると、作業としては単純になってしまい、刺激が少なくなってくるだろうという懸念があったんです。そこで、何かスタッフに刺激を与えられるものがないかと思っていたところ、KUMONさんが高齢者施設で行っている「学習療法」に近いことが公文式学習でできるのではないかと思ったんです。

―― 実際に導入してみて、いかがでしたでしょうか?

岡本さん: 公文式は、脳への刺激だけでなくメンタルヘルスケアの部分でも効果があると感じています。公文式では、「ほめる」「認める」を大切にしています。「ほめる」「認める」というのは、つまりは存在を肯定すること。スタッフたちは、これまでおそらく、社会に適合してもらおうと、周りから注意を受けてきたことの方が多かったと思うんです。そういうスタッフたちにとって、肯定されるということは非常に大切なことなのではないかなと。

今では刺激を与えるという以上に、メンタルヘルスケアの意味で、公文式の重要性を感じています。たとえ業務で失敗をしても、その後のプリント学習で、100点をもらってほめられて笑顔で帰ることができれば、翌日の仕事への活力にもつながるし、メンタルの面での安定感が期待できる。そうすると、社会性の向上にもつながっていきます。私は、重度の知的障がいのある方たちにとって最も必要なのは、メンタルヘルスケアの部分だと考えています。そして、その部分を公文式学習が担ってくれていると感じています。

公文式導入後のスタッフの変化とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2016/05/17更新

Vol.151 公文式英語教材のヒミツ

「子どもから学ぶ」教材づくり ~英語教材編~

KUMONグループの活動  2018/03/13更新

Vol.249 社会人だからこそ必要な国語力とは?―株式会社荏原製作所

社会人だからこそ必要な国語力とは? 公文式国語で身につく 「考える力」「まとめる力」「伝える力」

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2014/08/29更新

Vol.012 教育心理学者 吉田甫先生

新しい知識を得るのは人にとって本能的に楽しいこと

KUMONグループの活動  2014/02/25更新

Vol.025 企業のなかのKUMON-ドコモ・プラスハーティ

“最終目標 障がいのある社員 自らが考えて行動する”を めざして” 社員教育の一環として公文式を導入、日々の仕事の一部として毎日学習

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!