スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/08/19更新

Vol.034

経営学者 藤川 佳則先生  後編

いまのあたりまえが
未来のあたりまえとは限らない
「地球儀を眺める」ような視点をもとう

藤川 佳則 (ふじかわ よしのり)

京都府生まれ。1982年一橋大学経済学部卒業、同大学院商学研究科修士。2000年ハーバード・ビジネススクールMBA(経営学修士)、2003年2003年ペンシルバニア州立大学Ph.D.(経営学博士)。ハーバード・ビジネススクール研究助手、ペンシルバニア州立大学講師などを経て、現在は一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授。専門はサービス・マネジメント、マーケティング、消費者行動論。『マーケティング革新の時代ハーバード・ビジネス・レビュー』(ダイヤモンド社有斐閣)、『一橋ビジネスレビュー』(東洋経済新報社)、『マーケティング・ジャーナル』(日本マーケティング協会)などに執筆。訳書に『心脳マーケティング』(ダイヤモンド社)ほか。

「サービス・マネジメント」という新しい学問領域の第一人者、藤川佳則先生。サービス産業を体系的に研究し、この分野のイノベーションやグローバリゼーションの知見の構築を通じて、企業や国家の成長戦略に寄与することを目指されています。また、所属する一橋大学大学院国際企業戦略研究科では、地球規模で社会に貢献することができるプロフェッショナルの育成にも注力されています。藤川先生の行動の軸にあるのは、「地球儀を眺める」ような視点と「上には上がある」という視座。その行動原則に至るようになったきっかけは何だったのでしょうか。日本や世界の変化が激しい今の時代において、どう考え、どう行動すべきかのヒントもうかがいました。

イノベーションを学んできた自分が
学びのイノベーションを牽引する

経営学者 藤川 佳則先生

私にとって「学び」は人生そのものです。「勉強している」という感覚はなく、毎日の生活として、一生続けるもののように思っています。そんな「学び」を、今目の前の学生たちにどのように提供するか。現在私が注力していることの一つに、海外のビジネススクールとの連携があります。一橋ICSでは、2012年から世界のトップ28のビジネススクールと連携し、MBA教育のイノベーションの推進に取り組んでいます。その一環として実施しているのが、約1週間の短期集中プログラムの世界同時開講。直近の2016年3月に実施したプログラムでは、世界18都市において現地のビジネススクールが短期集中プログラムを同時開講しました。

学生は連携するどの大学の授業にも参加することができます。たとえば、ブラジルのサンパウロにいくと、「Marketing at the Bottom of the Pyramid (最貧困層向けマーケティング)」という授業科目を受講することができ、イスラエルのテルアビブに行くと、「Startup Nation (スタートアップ大国としてのイスラエルのエコシステム)」と題した授業科目を履修することができます。このように、その場に身を置くからこそ学び取れることに焦点をあて、「場」がもたらすイノベーションの論理を解き明かすことを追求しています。

私たちは常に学生に「イノベーション生み出そう」と言っていますが、この取り組みは、教えている自分たち自身がまずはそれを実践しようということでスタートした試みです。このプロジェクトのスピード感も興味深いですよ。年2回、提携校の担当者が集まってアイディアを出して、やってみる。そしてどうだったかを振り返る。これまでにないスピードで仮説・実践・検証をくり返し、プログラムをブラッシュアップさせていこうとしています。私も、日本で学生を受け入れる立場として、「日本に来るからこそ学べる何か」を質高く提供し続けていきたいと思っています。その先頭に私自身が立ち続けていきたいですね。

藤川先生から子どもたちへのメッセージ

関連記事

2016/08/12更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2013/11/22更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2016/06/17更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

2016/06/24更新

Vol.033 立教大学グローバル教育センター長
松本茂先生

違う意見に耳を傾け、 体験を積み重ねることで 「学び」が獲得される

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!