スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/11/22更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生  前編

体験の質量が
新たな「知」を生み出す
リスクを恐れず実践しよう

野中 郁次郎 (のなか いくじろう)
1935年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
カリフォルニア大学バークレー校経営大学院にて修士号(MBA)、および博士号(PhD)を取得。
2002年に紫綬褒章、2010年に瑞宝中綬章受章。現在、一橋大学名誉教授。

日本を代表する経営学者の野中郁次郎氏は、「知の創造」という視点で経営の研究を続け、提唱する経営理論「知識創造経営理論」は世界中に広まっています。野中氏はどのようにして経営学を究められてきたのでしょうか。また、むずかしそうだけれど、わかると面白い経営学の本質についてもうかがいました。

経営学とは、生き方を問う学問

私たちは誰でも、自分の経験から得た知識や価値観をもっています。それは言葉では表現しにくいものですが、このように言葉で語り切れない主観的、身体的な経験知のことを「暗黙知」といいます。一方、論理やデータ、マニュアルなど文字化、客観化できる知を「形式知」といっています。

自分の考えや悩みを周囲の人に話したら、共感されたり助言されたりして、考えが変わったという経験はありませんか。これは自分の中の「暗黙知」を、言葉という「形式知」にしていくことで、相手と「暗黙知」が共有され、新しい「知」が創られた結果といえます。企業であれば、個人の中にある経験知や価値観、思いなどを、言葉にして形式知化し合うことで、思いもよらないアイデアが出て、それがヒット商品になることもあります。

このように「知」は、「暗黙知」と「形式知」が絶えずスパイラルに相互作用していく中で創られます。私はこの「知識創造のプロセス」こそが、経営の本質だと捉えています。分析データのような「形式知」だけでなく、思いや信念という極めて人間的な「暗黙知」を合わせまとめながら、新たな知を創りあげていくということです。

こう考えると、経営というのは、単に「企業利益を最大化するための方法」ではなく、「なにをしたいか」「どう生きたいか」ということを究極の目標にしていると考えられます。経営学とは、まさに「生き方」を問う学問なのです。

この「暗黙知と形式知が絶え間なく相互に作用して、新たな知を創造する」という考えを、私は「知識創造理論」として1990年代から提唱しています。長年、この理論を提唱してきたおかげで、今では国内外で知られるようになり、多くの企業で取り入れられています。

ここで重要なのは、一人ひとりの知を、いかに組織的で持続的なものにしていくかということで、人の潜在能力を解き放つことともいえます。これは企業においてだけでなく、家庭や地域コミュニティ、国家、そして世界全体にも必要なことです。

九死に一生を得た少年時代とは?

関連記事

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2016/08/12更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

2016/08/19更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

2014/10/02更新

Vol.013 年間ハイライト

人との関わり、師との出会い、紆余曲折、探求への目覚め、そして学びを究める

2014/01/31更新

Vol.005 丸の内ブランドフォーラム代表 片平秀貴さん

気乗りせずとも飛び込んでいくと道は拓け、それぞれの「らしさ」を大切にすれば人生はもっと豊かになる

バックナンバー

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.070 前編
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
Vol.069
米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん
「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える
Vol.068
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!