スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/08/12更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生  前編

いまのあたりまえが
未来のあたりまえとは限らない
「地球儀を眺める」ような視点をもとう

藤川 佳則 (ふじかわ よしのり)
京都府生まれ。1982年一橋大学経済学部卒業、同大学院商学研究科修士。2000年ハーバード・ビジネススクールMBA(経営学修士)、2003年2003年ペンシルバニア州立大学Ph.D.(経営学博士)。ハーバード・ビジネススクール研究助手、ペンシルバニア州立大学講師などを経て、現在は一橋大学大学院国際企業戦略研究科准教授。専門はサービス・マネジメント、マーケティング、消費者行動論。『マーケティング革新の時代ハーバード・ビジネス・レビュー』(ダイヤモンド社有斐閣)、『一橋ビジネスレビュー』(東洋経済新報社)、『マーケティング・ジャーナル』(日本マーケティング協会)などに執筆。訳書に『心脳マーケティング』(ダイヤモンド社)ほか。

「サービス・マネジメント」という新しい学問領域の第一人者、藤川佳則先生。サービス産業を体系的に研究し、この分野のイノベーションやグローバリゼーションの知見の構築を通じて、企業や国家の成長戦略に寄与することを目指されています。また、所属する一橋大学大学院国際企業戦略研究科では、地球規模で社会に貢献することができるプロフェッショナルの育成にも注力されています。藤川先生の行動の軸にあるのは、「地球儀を眺める」ような視点と「上には上がある」という視座。その行動原則に至るようになったきっかけは何だったのでしょうか。日本や世界の変化が激しい今の時代において、どう考え、どう行動すべきかのヒントもうかがいました。

点と点がつながるように歩んだ大学時代

点と点をつないでいくと、1つの絵になる「点つなぎ」を、小さい頃にやった覚えがある方も多いと思います。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行った有名なスピーチにも、“connect the dots (=点をつなぐ)”の話があります。一見バラバラなようでも、あとで振り返ってみると点と点はつながっている、という内容ですが、私のこれまでの人生もまさにその通りだと感じています。 

たとえば大学受験。高校2年のときに入試改革があり、それまでは国立大学は1校しか受験できなかったのが、2校受けられるようになりました。おじの影響で、商社で働くことが世界に開かれた唯一の扉だと考えていた私は、経済学と経営学を学ぶために、「旧三商大」といわれたうちの2校、一橋大学と神戸大学を受験しました。幸い合格し、迷わず一橋大学に進みました。家族や地元の人たちからは、まったく理解されませんでしたが(笑)。 

そして入学した年に、ちょうど一橋大学の同窓会組織の寄付による交換留学制度が発足したのは幸運でした。そのことを知らずに入学したのですが、その制度を知った途端、「これは世界に飛び出す千載一遇のチャンス。受けるしかない。」と思いました。

さらに当時の一橋大学は、海外の経営大学院で博士号を取得した日本人の第一世代ともいえる、野中郁次郎先生や竹内弘高先生らが日本に戻ってきていた時期。当時はまだ珍しかった、ケース・メソッド(学生間のディスカッションを中心に進行する学習形式)の授業を受けることができました。

そして大学3年のとき、競争戦略論や国際マーケティング論を専攻する竹内弘高先生のゼミに入り、前述した交換留学制度に応募し、米国ペンシルバニア大学で1年間学びました。ここでの暮らしが、その後の私の人生に大きな影響を与えることになりました。

留学先のペンシルバニア大学では、キャンパス内の留学生寮で暮らしました。4人1部屋で、ルームメイトはインド人、フランス人、そしてスペインとドイツのハーフの学生。彼らはとても個性的でした。そして同じ世代なのに、自分とは比べものにならないほど、溢れんばかりの知識や教養をもっている。そんな彼らが寝る間も惜しんで勉強をしていたのです。

1年の留学を終えて帰国してからも、彼らが机に向かう姿が頭から離れませんでした。自分よりもすごい人たちが、今この瞬間も地球のどこかで学び続けている。それが気になって仕方がない。留学を経て、「常に上には上がある」ことが、自分の考え方の基礎になりました。

関連リンク
一橋大学大学院 国際企業戦略研究科


 

 

後編のインタビューから

-ハーバード・ビジネススクールでの生活
-藤川先生にとって「学び」とは?
-子どもたちへのメッセージ

 

関連記事

2016/08/19更新

Vol.034 経営学者 藤川 佳則先生

いまのあたりまえが 未来のあたりまえとは限らない 「地球儀を眺める」ような視点をもとう

2013/11/29更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

2013/11/22更新

Vol.003 経営学者 野中郁次郎先生

体験の質量が新たな「知」を生み出すリスクを恐れず実践しよう

バックナンバー

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.307
英語を使ってコミュニケーションに挑戦
グローバルな視野を持って、 未来へ羽ばたこう ~「第1回 Global Network Initiatives」開催~
Vol.306
KUMONの新入社員
学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~
Vol.305
47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式
受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」
Vol.304
公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019
国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 後編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。